羽前黒瀬館

ジャンル:中世平城
所在地 :山形県鶴岡市羽黒町黒瀬黒瀬 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年6月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城主・築城時期ともに不明。

【縄張】
宅地開発等により遺構が消滅したため不明。

【写真】
遺跡指定範囲のほぼ中心地に建つ黒瀬神社。
黒瀬神社
神社よりも公民館の方が大きいですけどね。

黒瀬神社の北には農業用水路が流れています。
黒瀬神社前の道路から、北に向いて左手(西)。
黒瀬神社の北を流れる水路
同、右手(東)。
黒瀬神社の北を流れる水路
ぐるっと回って西側から見たところ。
黒瀬神社の西を流れる水路
手前の水路(黒瀬川)に腰郭状のものがありますが、かつてそのように使われたかどうかは不明。

南側から見た全景。
全景
遺跡指定範囲は狭いですが、GoogleMapを見ると、北~東側に遺跡指定範囲の2倍以上の広さの城域を持っていたのではないか、と思われます。

最上氏と上杉氏の庄内領有争いにおける黒瀬川古戦場が西北西側にあります。
十五里ヶ原合戦で敗れた最上氏は黒瀬館を最前線として起死回生を図りますが、黒瀬川の合戦で敗北し、庄内進出の夢はついえました。

「青森県青森市」津軽海鮮 いなせ

ジャンル:居酒屋
住所  :青森県青森市古川1丁目16-18
営業時間:17:00~23:00
定休日 :日曜日
駐車場 :なし
HP   :商店街公式食べログ

青森魚菜センター(青森のっけ丼をやっているところ)にもお店を出しているらしい、こちらのお店に行ってきました。
外観
陸奥湾の夏の味覚の一つ、ほたては外したくないところ。

メニューはこちら。
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

お酒のメニューはこちら。
メニュー
なんてことない品揃えに見えますが、むつ市の日本酒、寒立馬は珍しいらしいです。
小さい酒蔵で、むつ市周辺でほとんど消費されてしまうとか。

お酒をお願いして、お通し到着。
お通し
茄子の煮びたし(でいいのかな?)です。
まあ、普通ですw

まずはほたて。
私は刺身よりも火を通したものが好きなのでこちら。
ほたて焼き
ちょっと醤油入れすぎだろ、と思いましたが、よく醤油を切って食べれば平気。
やっぱりヒモがうまい。
ちょっとクニクニっとした歯ごたえと貝柱よりも濃厚な味。
ここが一番おいしいと思います。

青森に来たらほたてといえばこれを食べないわけにはいかない。
貝焼き味噌
貝焼き味噌。
本物のほたての貝殻を使うお店と、貝殻形状を模した小鍋を使うお店がありますが、こちらは後者。
使い込まれた貝殻だと、香ばしい香りがプラスアルファされるので、そちらの方が好きですが、根本的には味は変わりません。
ほたて、おいしいです。

そして、津軽地方・陸の夏の味覚といえばとうもろこし。
とうもろこしの刺身
お刺身(生とうもろこし)です。
このように、醤油も塩もつけずにいただきます。
とうもろこしの刺身
さわやかな甘味で、青臭さはほとんどありません。
嶽きみか?
聞くのを忘れましたwww

特別すごい料理があるわけじゃありませんが、魚介系は安いし、味も信用してよさそうです(ほたて以外の魚介は食べてないですがwww)。

羽前松尾城

ジャンル:中世平城
所在地 :山形県鶴岡市羽黒町松尾成澤向 の大部分
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年6月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
説明板
要するに、武藤氏6代目長盛の弟・師氏がこの地を分け与えられて松尾城を築いたものの、長盛が後継ぎがないまま早逝したので師氏が7代目当主となった。城主不在となった松尾城はこのときに廃城となった、ということですね。

※当時の武藤(大宝寺)氏当主の城の大梵字城=大宝寺城で、鶴ヶ岡城(鶴岡城)の前身ともいえる城館です。

【縄張】
現在の遺跡指定範囲が全城域と仮定すると、東西に2ないし3の郭が並ぶ悌郭式と思われます。

【写真】
貴船神社の鳥居の近く(西側)道路沿いに城址碑が建てられています。
城址碑
遺跡指定範囲内の1/3ほどは貴船神社(東側)、残りの大部分は林。西端近くには「櫻井古帳太夫」なる人物の墓がありますが、何者か不明。
墓と土塁のような盛り上り
※碑の裏に説明がありましたが、写真の文字がつぶれてしまい判読できませんでした。

墓の背後、遺跡指定範囲の北のライン沿いぐらいのところにわずかに盛り上がった地形があります。
土塁かもしれません。

主郭と思われる貴船神社方向に戻っていきますと、林の中にこれまた土塁のような盛り上がった地形がありました。
土塁のような盛り上り
中央近くは虎口のように低くなっています。

貴船神社の境内の西端にも土塁のように盛り上がった地形があります。
土塁のような盛り上り
ただ、これは境内地を区切るために作られたものかもしれません。

貴船神社の背後にも土塁状の地形があります。
土塁のような盛り上り
写真の撮影位置を失敗してしまいましたが、東側に向かって高くなっていき、すぐになくなります。
もしかすると、ここに櫓台があったのかもしれません。

説明板から読み取ると、南北朝期にわずかな期間(10年程度?)しか存在しなかった城館ではありますが、貴船神社建立のおかげでわずかなりと遺構が残った城館です。

孤哲(こてつ) 2回目

※1回目はこちら

ジャンル:ラーメン・居酒屋
住所  :山形県村山市 JR奥羽本線(山形新幹線)村山駅前
営業時間:通常17:30~24:00、土曜日のみ11:30~14:30営業あり。麺・スープ等なくなり次第終了
定休日 :不定休
駐車場 :店の前に10数台分、他店との共用と思われるスペースあり。駅の駐車場も・・・
HP   :FaceBook

夏になり、冷やしラーメンを始めたとの情報を得て行ってきました。
入口
「ひっそり営業中」は相変わらず継続中ですw

メニューを見ると、増えてますね、たしかに。
メニュー
冷やしと冷やしトマトですか。

まずは基本と思われる冷やしラーメンをお願いしました。
上から

横から
ごま油の香ばしい匂いが漂います。

麺アップ。
麺アップ
普通のラーメンの麺の半分ぐらいの太さでしょうか。

卵は温泉卵(ラジウム卵?)です。
温泉卵

お味ですが・・・
スープはいい塩加減。
色の薄さは白醤油なのか、塩だれと醤油のブレンドなのかは不明ですが、あまり醤油感がありません。
鮭節が感じられますが、温度のせいか普通のラーメンよりは弱い感じ。
ごま油の香ばしさがいいアクセントです。

チャーシューは柔らかく、厚さがあり、さらに冷えているという状態なのに柔らかく、簡単に噛み切れます。
味付けはほんのり、といった感じでした。
あっさりラーメンにぴったり。

海苔は・・・なくてもいいかな。
海苔の風味が出汁の邪魔をしている気がしないでもないですが、海苔のアクセントが好きな人もいるでしょうから、人それぞれですけど。

これまたレベルが高い冷やしラーメンです。

P.S.
唯一残念だったこと。
食べ進めていくとごま油が先になくなるwww
追い飯ならぬ追い油がほしかったw

羽前荒川館

ジャンル:中世平(崖端)城
所在地 :山形県鶴岡市羽黒町荒川花沢 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年6月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城時期、築城主ともに不明。
位置からして、大宝寺氏(武藤氏)による、出羽三山に向かう街道の一つを監視するためのものではないかと思われます(個人的推測)。

【縄張】
不明。
遺跡指定範囲が全城域であれば単郭か、高低差が少々ありそうなので東西の2郭構造の城館と思われます。

【写真】
県道47号線沿い(遺跡指定範囲の西側)から見るとこんな感じです。
遠景
左手に見切れているのが県道47号線で、少し東進していくと右手に未舗装の農道がありますので、そこから入っていけます。

農道に入ってすぐにある切岸。
北西の切岸

北東の切岸
自然地形をほぼそのまま使ったと思われますが、腰郭を構築したようにも見えます(2枚目の写真)。

そこからまた少し進むと、南側に折れることができるT字路があります。
郭内部に向かう農道
遺跡指定範囲と見比べると、このあたりに堀切があったのではないかと推測できます。

郭内部はこんな感じ。
北側はりんご畑。
郭内部のりんご畑

南側は羊の畜舎。
郭内部の畜舎

羊
関係者以外立ち入り禁止の注意書きがありましたので、内部を確認することはできませんでした。

なお、ここの羊、評価が高いうえに希少性がありすぎてめったに口にできないようです。
羊肉がお好きな方は以下にお問い合わせください。

・羊肉の特徴や販売店舗紹介ページはこちら
・地元で食べられるお店紹介はこちら
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
47位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ