「福島県伊達市」まきばのジャージー

ジャンル:ジェラート・ソフトクリーム
住所  :福島県伊達市霊山町石田川面1-1
電話番号:024-589-2375
営業時間: 8:30~18:00 (土日祝:~18:30、冬季:~17:00)
定休日 :無休
駐車場 :20台以上
HP   :食べログ

寒い時期は牛乳に含まれる脂肪分が高くなるので、濃厚な味の牛乳が楽しめます(大手生乳会社は乳成分を均質化するため話は別)。
さらにジャージー牛乳となれば、さらに濃厚になるのではないか、とこちらに寄ってきました。
看板
とても小さい看板なので、福島市方面から来ると見落としそうです。

こちらがお店。
外観
相馬市方面からくる場合には看板よりもお店そのものの方が見つけやすいです。

夏になると相当混み合うのでしょう、お会計用列と購入用列が別れています。
入り口
そして、店内撮影禁止の張り紙が・・・

メニューとか撮影できないので、基本的な料金表だけ。
値段表
ジャージー牛乳であることを考えるとリーズナブルな価格設定です。

そしてこちらがソフトクリーム(大)。
ソフトクリーム
見た目がトロトロした感じですが、実際の食感もトロトロ。
冬場だからかな?
味は濃厚な牛乳フレーバーが広がる、期待通りの味わいです。

こちらはジェラート。
ジェラート
いちごとバニラです。
こちらもとろけるような食感。
いちごは思ったよりもいちご風味が弱く、濃厚な牛乳フレーバーにほんのりいちご味、といったところ。

季節によって牛乳の濃厚さが変わるのかは、温かいシーズンのものと比較しないと分かりませんが、とてもおいしいソフトクリーム&ジェラートのお店でした。

磐城新城山館+大坪館

ジャンル:中世山(丘)城(新城山館)、中世平城(大坪館)
所在地 :
 新城山館=福島県相馬市大坪中谷地 ・ 塚部新城下 にまたがる一部
 大坪館=福島県相馬市大坪御所宮 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年12月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
新城山館についてネットで拾った情報では、古代の城を相馬氏が利用したとも、館を築こうとしたが完成前に放棄されたとも言われていますが、築城時期・築城主とも不明。

大坪館については、築城時期・築城主とも不明ですが、おそらく相馬氏家臣大坪勘解由の居館であろうと想像できます。

【縄張】
新城山館については内部に入ることができず不明。
大坪館は基盤整備で完全消滅のため不明。

【写真】
まずは新城山館。
新城山館を西から
比高はせいぜい10~20mぐらいでしょうか。
ただ、付近に山はないので目立つといえば目立ちます。

ぐるっと一周しましたが、北側から東側は取り付けそうな場所には民家があるので無理。
南側は水田があり、南面は上の写真のとおりの藪。
唯一取り付けそうな場所が西端なのですが・・・
新城山館の西から取り付けそうな場所
藪が行く手を阻み、わずかに見える遺跡指定範囲内はただの自然の斜面で遺構は期待できそうにない・・・ということでここで断念しました。

すぐ近くの大坪館へ移動。
GoogleMapですでに期待はできないことは分かりきっていはいましたが、ここまできれいさっぱりなくなっているとやっぱりがっかりです。
大坪館のほぼ全景
堀の痕跡すら発見できずここで終了。

こんな状態ですが、こういったものも含めてのブログですのでご理解ください。

レストラン ビッキ石

ジャンル:定食・焼肉・丼・カレー
住所  :山形県米沢市万世町桑山1490-8
電話番号: 0238-28-2450
営業時間:11:00~15:00、17:30~20:00(土日祝:17:00~20:00)
定休日 :月曜日
駐車場 :10台以上
HP   :公式食べログ

盛りがいいので昔から有名なこちら、レストランビッキ石。
だいぶ前に新メニューが登場したことを聞いてはいたのですが、なかなか機会がない・・・
と思っていたら、福島訪問する際にやっとお昼時にお邪魔することができました。

店内を見ると、昭和な食堂な感じ。
メニュー

しかし、侮ってはいけません。
お肉屋さんが経営するレストランで、ここは米沢市。
メニュー
8,000円オーバーのステーキがあるんです!
・・・頼みませんでしたけどね。

他にはちょいとお高めから手の出しやすい600円台まで、さまざまなメニューがあります。
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

そして、これが私の狙ったメニュー。
傾奇者カレーメニュー
メニュー写真を撮り忘れたので、公式ページから拝借。

さすがに総重量1kgはどうあがいても無理なので、姫傾奇者カレーにしました。
姫傾奇者カレー(上から)

姫傾奇者カレー(横から)
それでも普通に大盛りカレーですw

また、なぜこれが傾奇者カレーなのか・・・
まず、このお店の近くには前田慶次の慰霊塔と晩年を過ごした無苦庵など、彼の足跡があることからそれにちなんだメニューを開発したそうです。
そして、なぜこれで傾奇者になるのかですが、伝前田慶次所用の兜を模したご飯の盛り付けだから、です。
伝前田慶次所用の兜
※宮坂考古館(所在地:米沢市東1丁目2-24)所蔵

さて、お味ですが・・・
カレーは野菜もお肉も溶け込んだタイプで、粘度は低めのさらさらカレー。
辛さは小辛程度で、たいていの人は大丈夫な辛さ。
おいしいビーフカレーです。

フライ系のトッピング。
姫傾奇者カレー(トッピングアップ)
固めの揚げ具合で、カレーに浸してもそう簡単にはフニャフニャ衣にはなりません。
とんかつのお肉がもうちょっと厚いとうれしかった・・・

肉系メニュー満載のお店なので、がっつりいきたい時にはおすすめします。

「福島県相馬市」りんごや

ジャンル:居酒屋
住所  :福島県相馬市中村曲田128
電話番号:0244-32-0606
営業時間:18:00〜26:30(金・土・祝前)、〜25:30(平日)
定休日 :日曜日
駐車場 :なし
HP   :食べログ

私、最近辛さへの耐性が激減しているのですが、麻婆豆腐が大好きです。
ということで、麻婆豆腐をウリにしているという居酒屋であるこちらのお店に行ってきました。
外観

入り口
お店の入り口脇のおすすめメニューのトップが「ゲキカラマーボー豆腐」です。

さて、店内に入りメニューを確認。
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー
フードメニューは居酒屋料理+中華少々といったところ。

まあ、悩むまでもないよね、と激辛麻婆豆腐にご飯、辛さに備えて生ビール。
麻婆豆腐
・・・なんだ、この赤さは・・・

アップ
しかも、唐辛子丸々1本のままが・・・5本だとぅ・・・

辛さが変わるわけではないのですが、気分的に唐辛子をすべて隅っこにおいやり、一口。
あ、うま・・・・・・痛い!!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
山椒のしびれと唐辛子の辛さが脳天直撃、頭のてっぺんから汗が噴き出ました。

ご飯とビールでとりあえず落ちつ・・・かない!
痛みが引くまでしばらく時間がかかり、もう一度メニューを確認。
・・・ハバネロ・・・
そりゃ痛いほど辛いはずだわ・・・

そして(私的に)残念なお知らせ。
メニューの「ゲキカラマーボー豆腐」の上には普通の「マーボー豆腐」が・・・
こっちでよかったんだよ、こっちで。

痛みが激しく、結局撃沈。
1/3ほどでリタイヤ(ご飯はすべて食べたw)。

味そのものはいいと思うんですが、ゲキカラキケンなお店でした。

磐城新地城(蓑首城)(3/3)

※磐城新地城(蓑首城)(1/3)はこちら
※磐城新地城(蓑首城)(2/3)はこちら

【続き】
北屋形から西館に入ってきたところ。
西館全景(東端から)
西館は城館主要部で最大の広さの郭となっていますが、こちらはほぼ完全にチューリップ畑です。

西館の南辺が通路となっていて、だいたい中央部あたりで全体を撮影したところ。
西館全景(南辺中心あたりから)

上の写真の撮影位置あたりで振り返って、南側にある腰郭を見下ろしたところ。
西館南側の腰郭
杉林になっていますが、往時の形状はそのまま残されているようです。

そのまま西館の西端に進み、西側にあるはずの郭を見下ろしたところ。
西館の西にある附属郭
このあたりから東館にかけてきれいに伐採されています。

西館の北西側。
西館下(北西側)

西館の北堀。
西館の北堀(西側から)
切株、玉切りした木材や刈り払った枝葉が残されていて見た目はよくありませんが、切株は無理にしても、きれいに片付けるともっと印象良く見えると思います。

西館の西側は一段高くなっていますが、その中央部あたりがもう一段高くなっています。
西館の北半分ぐらい(西端から)
後世の改変とも思えないので、西館の中心となるような建物があった場所ではないでしょうか。

さて、入ってきた道を戻りまして、西館から見た主郭の虎口。
主郭虎口(西側)
余湖さんの鳥瞰図によると、写真左手には竪堀が落ちているはずなのですが、藪のためによく分かりません。

そのまま進むと当然ながら主郭です。
主郭全景(西側から)

土塁に沿ってまっすぐ東に進むと東側虎口になります。
そこから振り返って見た主郭全景。
主郭全景(東側から)

南側土塁の中央あたりに説明板が建てられているのですが、その脇に何が書いてあるのか全く分からない木柱がありました。
城址碑か?
たぶん、城址碑だと思うんですが、確証はありません。

西館から東館にかけての堀と腰郭あたりの杉が伐採されていたのが本当に印象的。
どういう目的かは分かりませんが、このまま城址公園の拡張整備につながることいいなぁ、と思いました。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
46位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ