岩代権官館×2

ジャンル:中世平城
所在地 :
 権官館(東)=福島県郡山市片平町舘堀 の一部
 権官館(西)=福島県郡山市片平町若宮裏 ・ 石切場 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2018年3月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
両館とも築城時期・築城主とも不明。
「城跡ほっつき歩記」さんの情報によると、権官太夫なる人物の居館ではないか、とのことです(こちらこちらを参照してください)。

【縄張】
両館とも遺構は消滅しているため不明。

【写真】
まずは東側の権官館から。
権官館(東)の全景
遺跡指定範囲は基盤整備によってきれいに水田になっています。
現状を見ると、写真右奥の少々高くなっている台地の部分の方が城館跡に見えてしまいます。
ちなみに、写真左手に写っている林のあたりが権官館(西)の南縁あたりになります。

何もないので、権官館(西)に向かうついでに上の写真の右端の林のあたりに行ってみました。
権官館(東)の北側にある神社
そこはわずかな台地になっており、神社が祀られていたのでとりあえず入ってみました。

で、ふと気づいたのが水路。
神社の境内から権官館(東)の北西辺方向をみたところ
この写真だけでは分かりにくいのでもう一枚。
神社裏手の水路
これは神社の裏手になります。
神社のある台地は小さく、わざわざ水路を開削する必要があるのか、と疑問がわきました。
神社の東側を迂回してもそんなに距離が延びるわけでもないのです。

で、個人的仮説ですが、「遺跡指定範囲がずれてる」ということはないだろうか、ということです。
仮説
赤く染まっているのが遺跡指定範囲で、赤線で囲まれているのが個人的仮設。
※あくまで個人的な、現況地形から妄想しただけの仮説です。

以上、特に見るものもないので権官館(西)に移動しました。
・・・が、こちらも特になにもありません。
権官館(西)の中心部あたり
林となっているあたりが権官館(西)の東西の中心あたり。
民家敷地のように見えるのでこれ以上近づくのはあきらめました。

遺跡指定範囲の南縁あたりにある土塁に見える地形。
権官館(西)の南縁あたり
こちらはあろうことか幼稚園という、このご時世不審人物扱いされやすい施設のすぐそば。
ということでこちらも近づくのはあきらめました。

まったく同じ名前の遺跡名の城館が並んでおり、どう解釈したらいいのか・・・
1 「どちらかが古館」説・・・こういう場合、伝承でも「こっちが古館で・・・」と残るはずなので、可能性は低め。
2 「両館は2つで1つ」説・・・距離的になくもない気がしますが、両館とも小規模なので離れ気味な気がします。
3 「本家の館と分家の館」説・・・あり得る気がしますが、近すぎる気もします。
・・・よく分かりませんw

テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

「福島県郡山市」麵屋 信成

ジャンル:ラーメン・つけ麺
住所  :福島県郡山市富田町坦ノ腰72-2
電話番号:024-951-2876
営業時間:11:30~15:00
定休日 :水曜日
駐車場 :10台
HP   :食べログふくラボ!

先日ご紹介した「信長」に続いて「信成」です。
看板
・・・と思ったら、「のぶなり」ではなく「しんせい」でした。
正直、郡山市民どんだけ織田家好きなんだよ、と思ってましたwww

お店に着いたのは開店直前。
外観
やっぱり人気店、開店前に人が集まってきていました。

とはいえ、店内のキャパシティーは20人ぐらいなので席は確保できました。
店内

メニューはこちら。
メニュー
信成の白と黒がおすすめみたいで、悩みました。

が、とりあえず数量限定でない黒にしました。
黒醤油ラーメン(上から)

黒醤油ラーメン(横から)
ボリューム的には標準的。
郡山市は黒いラーメンが以前からあったようで、郡山ブラックという呼び名が定着しているようですが、こちらの黒醤油もその系統でしょうか?

麺アップ。
黒醤油ラーメン(麺アップ)
麺は細~中細ストレート麺。

チャーシューアップ。
黒醤油ラーメン(チャーシューアップ)
厚さはないけれども、たたむことができるしなやかさが特徴的。

さて、お味ですが・・・
見た目から想像するしょっぱさはなく、角のないマイルドな醤油味。
動物系スープが前面に出ていますが、ガツンとくる感じではなく、あくまでマイルド、まろやか。
おいしいと思います。

麺はやや固めの茹で上げかな。
コシがあり、表面はつるつるとしていてすすりやすい。
また、低加水の麺でしょうか、スープをすって茶色っぽくなっています。
と、同時にぷつんと切れるような食感があります。

チャーシューのおりたためるしなやかさは口に入れるとしっかりとしていながら柔らかく豚の旨味がしっかりとあります。
イメージ的にはローストポーク? かな?

箸休めには水菜やスライスたまねぎ、ねぎが合いますね。
いくらマイルドとはいえ、口をさっぱりさせたい時がありますから。

正直言うとインパクトは弱いですが、ハイレベルなまとまりを見せているラーメンでした。


P.S.
帰ろうとしたときに見つけたポスター。
福島ラ~メン組っ!
いや、まあ献血のポスターなんですけどね、「福島ラーメン組」ってなに?

と思ったら、こういうのも貼られていました。
福島ラ~メン組っ!
・・・ラーメン屋まで萌えキャラにするのかっっ!
恐るべし、福島県・・・((((;゚Д゚)))))))

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

岩代鹿島館(片平)+中村館

ジャンル:中世平城
所在地 :
 鹿島館=福島県郡山市片平町鹿島 の一部
 中村館=福島県郡山市片平町菱池 の一部
お勧め度:★★☆☆☆(鹿島館)
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2018年3月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
両館とも築城時期・築城主とも不明。
距離・位置関係からして片平城の支城であることは間違いないだろうと思います。

【縄張】
鹿島館は奇跡といっていいぐらいきれいに外郭線が残っています。
もちろん、後の世の改変もあるでしょうが、外郭線は完存だと思っています。
ただ、内部の郭がどのように区切られていたかは現状地形から察するしかありません。
おおよそ3~4郭程度の構造と思われます。

中村館は完全に消滅しているので不明。

【写真】
鹿島館を一周してみました。
まずは南東側から。
南東側から見たところ
写真中央奥に、低くなっている腰郭状の郭が見えます。

北東側。
北東側から見たところ
写真中央あたりは破壊されたのか、手前側に向かって傾斜しています。
また、外郭線は横矢を入れるように折れ曲がった構造であることから、小さいながらも戦国時代に、日々激化する戦に備えた城館として存在していたと思われます。

西側。
西側から見たところ
土橋らしき農道とともに、西に突き出た郭の構造があります。
角馬出というわけではないでしょうから、虎口郭ではないでしょうか。

土橋から内部に入ってみました。
内部
内部も周囲と同様、完全に農地化されています。
しかし、かつての郭の名残を残すように段差が見受けられます。
それがそのまま郭の形状を示すものとは言えないでしょうけれど。

強風にやられつつ、中村館に移動しました。
跡形もない中村館
鹿島館とは対照的に基盤整備できれいさっぱり消え去っています。

鹿島館は平城で基盤整備の真っただ中にあり、また小規模城館ながら外郭線の形状をよく残す稀有な事例だと思います。
普通は中村館ののように消え去るものですから。

テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

「福島県郡山市」桑野の信長(戦国信長 桑野店)

ジャンル:居酒屋
住所  :福島県郡山市桑野3-14-4
電話番号:024-932-6587
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 :日曜日
駐車場 :8台
HP   :食べログふくラボ!

ネットで見つけたこちらのお店、一度は行かねば! と思っていました。
看板

入り口
ネット上では「戦国信長 桑野店」ですが、看板は「桑野の信長」。
場所が同じだし、間違いないだろうと入店。

まず気になるのが店内。
店内
やや狭めの居酒屋というところ。

「信長」を冠しているので有名な敦盛の一節が飾ってありました。
敦盛

あとは甲冑と面頬。
甲冑

面頬
甲冑の家紋が「丸に三つ柏」なのが気になりますが、細かいことなので気にする方が変なのでしょうw

メニューはおおよそ以下のような感じです。
飲み物。
飲み物メニュー
福島の地酒もあるし、いろんなジャンルがそろえてあります。

食べ物。
肴メニュー
標準的と言っていい居酒屋メニューが多く並びます。

お通しで出てきたのが新じゃがと肉みそを和えたもの。
お通し
こういう料理は鉄板でおいしいですよね。

次は串焼きを4つ。
串焼き各種
左から「とんばら」「鶏かわ」「信長巻き」「しろもつ」です。

創作メニューの信長巻きは、俵おむすびを焼いたもの。
具は入ってません。
・・・これで250円はいくらなんでも高くないか?・・・
まあ、要するに焼きおにぎりなので、味に不満はありませんでしたが。
他の串焼きも普通においしいかな。

最後にみそ焼き。
みそ焼き
なぜか青森の貝焼き味噌よろしくほたての貝殻で焼かれています。
メニューには「ピリ辛」とありますが、わずかな辛味があるだけ。
味噌は色からして豆味噌かな?
こういう素朴なメニューはちょいちょいなめつつ日本酒をいただくのが一番。

ちょっと名前の変わった普通の居酒屋さんでした。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

「福島県郡山市」おにぎり 一路

ジャンル:おにぎり
住所  :福島県郡山市鶴見坦1丁目13-20
電話番号:024-954-3383
営業時間:10:00~15:00
定休日 :日曜日・祝祭日
駐車場 :5台程度
HP   :食べログ

郡山市で昼食難民になってしまい、偶然見つけたのがこちらのお店。
ゆっくり食べる時間もないので、「おにぎり屋ならテイクアウトができるはず」と入店を決意。
急ぎ駐車場に止めて建物を見ると、最近建った建物に見えます。
駐車場側からの外観

表側から見てもやっぱり最近建った建物っぽい。
表の外観

入り口
入り口で閉店時間を確認すると、わずかに閉店時間を過ぎていることに気付く。
・・・コンビニのおにぎりかな・・・とあきらめかけたところに、お店の方が出てきて大丈夫だというのでお言葉に甘えて店内に。

店内はさっぱりとした、テイクアウトができるコーヒーショップっぽい感じ。
店内

メニューはこちら。
メニュー
とはいえ、もう営業時間外。
新たに握ってもらうのも申し訳ないのでショーケースから選ぶことにしました。
ショーケース

そして、持ち帰ってきたのがこちら。
お持ち帰り
梅ちりめんと和牛スジ煮です。

梅ちりめんは外見どおり、しっかりと具材が混ぜ込まれたタイプ。
和牛スジ煮も汁をしっかり切ってあって、量もきっちり入っています。
和牛スジ煮

お味ですが・・・
おにぎり専門店でまずいわけがありません。
ごはんの品質、焚き具合、握り加減、どれをとってもスーパー、コンビニ、弁当屋とはレベルが違います。
人によってはおにぎりが得意な人もいるでしょうが、プロに敵うような人はめったにいないでしょう。

もっちりとした、それでいて粒感がしっかりしたごはん。
持っても崩れないけれども、口に入れるとほどける握り加減。
お米の量、塩加減、具材のバランスがしっかりと取れています。

お値段はワンランク上の設定ですが、この味なら仕方がありません。
お店で握りたてを食べるのもよし、テイクアウトして公園で食べるのもよし、当然自宅でもよしです。

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
64位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ