羽前長瀞本楯楯

ジャンル:中世平城
所在地 :山形県東根市長瀞本楯 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :墓地周辺に路上駐車するしかありません
登城日 :2017年3月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
長瀞城のところで書いたとおり、長瀞城と同じく「4代目当主最上満家が隠居の為に利用した」と言われています。
どちらが正しいのかは不明です。
また、いつからいつまで使用されたかは不明ですが、最上川をはさんで西側を支配していた白鳥氏を滅ぼして以降は近隣の長瀞城だけで十分と考えられますので、おそらくそのあたりの時期に廃城となったものと思われます。

【縄張】
不明です。
単郭であった、と言われることが多いのですが、現地を見る限りは、少なくとも、最終的には4郭程度の構造を持っていたと思います。
主郭はおそらく、現在は本楯牧場さんとなっているあたりではないかと推測しています。
その西側の田畑となっているところが、その外郭のように、南北に3郭程度連なっていたであろうと思います。

【写真】
東側から西へ本楯牧場さんを目指していき、通り過ぎるとすぐにこのような地形に出くわします。
堀跡と思われる水田と、郭跡と思われるさくらんぼ畑
※この写真を撮った場所の背後も水田。

その先には墓地が道路の両側にあり、北側の墓地に入っていくと、やはり堀状の水田と、郭状のさくらんぼ畑が見えます。
堀跡と思われる水田と、郭跡と思われるさくらんぼ畑

さらに西に行くと、堀跡を利用したと思われる水路に出くわします。
堀跡を利用したと思われる水路と北側墓地
遺跡指定範囲と照らし合わせても間違いなく、堀跡だと思います。

さて、奇妙なのが、道路で区切られてしまったのであろう墓地の南側です。
こちらは遺跡の指定範囲から外れているのですが、土塁らしきものがあるのです。

墓地外部から見たもの。
南側墓地にある土塁状のもの

墓地内部から見たもの。
南側墓地にある土塁状のもの
この墓地自体も相当古い(江戸時代から続くとかそんな感じに見える)ので、土塁ではないかと思うのですが、なんといっても遺跡指定範囲外。
ちょっと断言はできません。

なお、GoogleMapにマッピングしたとおりに現地のだいたいの郭跡と考えられる地形だけは確認できました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
53位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ