磐城関川館

ジャンル:中世平城
所在地 :福島県白河市愛宕町 および 同・八幡小路 にまたがる一部
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし(白河市役所の駐車場をお借りするのがいいでしょう)
登城日 :2017年2月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
説明板
白河市関川窪。寺小路集会所というのがあるので、地形から想像すると、県営住宅があるあたりがもともとの関川寺の所在地と思われます。

【縄張】
詳細不明。
上記の現地の説明板や福島県の遺跡指定範囲を見る限り、単郭ではなく、2~3郭ぐらいの城館と思われます。

【写真】
遺構として確認できるのは、現地説明板のとおり、西側のみです。
空堀の南側あたり。
空堀
通路になっているあたりが空堀と思われます。
土塁を突き崩して埋めた可能性があります。

そして、こちらがある程度明確に分かる、南西端の空堀。
空堀

このすぐ脇(写真の右手の先)には後の改変と思われる、関川寺(かんせんじ)墓地への階段があります。
後世に造られたと思われる階段

空堀は北側に行けば行くほど遺構があいまいになっていきます。
空堀

この空堀のすぐ北側には後の改変によると思われる、関川寺の墓地の入り口が切られています。
土塁を後世に切り開いたと思われる墓地の入り口

この墓地入り口の北には、かつての堀跡が通路となっています。
土塁
※通路側には個人所有のものがありましたので、抑え気味に撮影しています。

さて、墓地に入ると土塁跡が圧巻です。
土塁

土塁

土塁
・・・まあ墓地なので、お墓ばっかりの写真にしかなりませんが、よく遺っていると思います。

こちらが結城宗広公のお墓だそうです。
結城宗広公墓

結城宗広公の説明板

中世末~近世初期で廃城となり、このあたり一帯が白河藩城下町の中心部の一部であったことを考えると、よく遺構が遺った城館と思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
61位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ