磐城鎌田館

ジャンル:中世丘(山)城
所在地 :福島県いわき市平鎌田寿金沢 及び 同・鎌田味噌能 にまたがる一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2016年12月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
不明。
応永年間(1394年から1427年)以降の岩城氏家臣(支族)に鎌田氏の名があるそうなので、遅くとも室町時代初~中期には築城されていたと考えられます。

【縄張】
不明。
開発により遺構はほぼ壊滅。
おそらく、2~3郭構造の小規模なもので、北西方向に約1km離れた鯨岡館とほぼ同規模といっていいレベルの城館と考えられます。

【写真】
遺構は破壊されたので、これといった写真もないのですが、現状だけ。

この城館は夏井川の東岸にある、南北に細長い台地上に築かれていて、北~東に備えたものと考えていいと思います。
とすると、遺跡指定されている範囲内で南西部に当たるこのあたりには主郭(居館)があったものと思われます。
主郭か
今は放送局の敷地です。

その道路を挟んで東側には、東日本国際大学のグラウンドがあります。
おそらくはここが二の郭に相当すると思います。
二の郭か
奥に林が見えますが、地図から察するに、ここに「内城神社」があり、大小はさておき郭があるはずです。

グラウンドの南側に、東方向に降っていく道がありました。
大手道か
民家もあり、改変されていますが、城館の主要部と思われる中心~南西部につながる道ですから、大手道相当の重要な城内通路だったのではないか、と推測します。

しかし、途中で民家のところで道が切れてしまい、内城神社にはこちらからはアプローチできませんでした。

戻ってくる途中、ふと視線を南側に向けると・・・
腰郭か附属小郭
主郭と二の郭に付属するような腰郭、もしくは小郭のようなものを見つけました。
・・・が、がっつり民家があるので入るのは断念。

内城神社の参道を探して、北~東側からのアプローチしてみましたが、車を停める場所がなくこれも断念。
境内を見ていない状態ですが、遺構はほぼ壊滅とみて間違いないようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
72位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ