磐城上遠野城(かとうのじょう)(3/3)

※磐城上遠野城(1/3)はこちら
※磐城上遠野城(2/3)はこちら

(続き)

主郭の全景。
主郭
北東から南東までを削り残した土塁が囲んでいます。

主郭の大手門跡
主郭の門跡
石積が施された、一文字の門があったものと思われます。

こちらが「そろばん橋」
そろばん橋
こちらは2016年12月現在、老朽化のために通行不可となっています。
また、橋が邪魔で写真にとれませんでしたが、この橋が架けられている場所には岩盤をくりぬいた空堀があります。

さて、そろばん橋が通行不可のため、う回路を目指します。
主郭と二の郭の間の虎口から東側に出ることができます。
二の郭の虎口(東)

が・・・通ってみておっとびっくり!
主郭の北東
天然の石垣だ・・・(というより巨大な一枚岩)

出てきた虎口を振り返ると、ここも岩盤を切り通したもののようです。
二の郭の虎口(東)を外から

二の郭の東側まで伸びていました。
二の郭の北東

主郭の南側も同様でした。
主郭を南から
これはすごいいい場所に築城したものですね。

さて、ここからは八幡神社に向けて降っていきます。
登城道
城内道に郭が付属したような箇所がいくつもあります。

途中、けっこうきつい勾配の場所がありました。
空堀を思わせる構造
空堀が埋まったようにも見えます。

その右手には、藪なんですが・・・
竪堀か
竪堀にも見えます。

こちらが一応、城の主要部の南の末端となる堀切。
堀切

こちらが八幡神社脇の登城口です。
登城口

散策ルートをぐるっと一周することしかできませんでしたが、なかなか見事な山城でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
72位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ