岩代青葉閣

ジャンル:中世山城
所在地 :福島県福島市御山8(薬王寺) 一帯
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :信夫山第一展望台の駐車場をお借りするのがいいと思います。
登城日 :2016年11月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
現地の薬王寺由緒書きにわずかに記載がありました。
薬王寺来歴
伊達兵部小輔(のち大膳大夫)持宗=伊達氏11代当主(1393年(明徳4年) - 1469年2月19日(応仁3年1月8日))。1413年(応永20年)に勃発した伊達持宗の乱(伊達松犬丸の乱)において鎌倉府と戦い、大佛城は落城したものの鎌倉軍を防ぎ切った。
懸田播磨守定勝=現在の伊達市霊山町掛田にあった懸田城を根拠地とした国人領主(生没年不詳)。伊達持宗の乱に際して伊達氏側に味方し、青葉閣に籠ったとされる。

この青葉閣は戦時にこの地にあった寺院を接収して城郭代わりに利用されたものです。

なお、天喜年間の兵火はおそらく前九年の役のことと思われ、慶長5年は関ケ原の合戦当時の奥羽での松川合戦のことです。
兵火にあった、という記載からすると、おそらくは城館として機能したわけではなく、城館の疑いがあるということで攻められたのか、僧兵のようなものがいて争ったのか、などという事例ではないかと推測します。

【縄張】
不明。

【写真】
福島市の中心市街地近くにある巨大な単独山が信夫山です。
信夫山遠景
南側からほぼ全景を撮影したものです。
青葉閣は、写真中央左手にある、最高所の右寄り側にあります。
この写真ではちょっと確認しにくいですが、NTTの電波塔が立っているので肉眼であれば「あのあたりだな」という見当がつきます。

こちらが現地にある薬王寺です。
薬王寺
小さいながら立派なお寺ですね。

薬王寺の南側には小さな郭状のものがありました。
薬王寺南側
現在は薬王寺の駐車場となっているようです。
後の改変がかなりありそうですが、このあたりに僧坊などがあったのかもしれません。

薬王寺の裏手を進むと推定主要部にたどり着きます。
薬王寺西側の道

このあたりがこの付近の最高所に当たる場所ですので、主要部と推定しました。
推定主要部

一時的に寺院を接収したものですので、城館としての遺構はもともとなかったものと思われますが、鎌倉府の勢力伸長を伊達氏が食い止めた際に使用した、という重要な城館跡です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
57位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ