羽後松山城

ジャンル:古代(?)~中世山城
所在地 :秋田県大仙市花館松山1-1(姫神公園)
お勧め度:★★☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :20台以上
登城日 :2016年11月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
伝説ですが、前九年の役の頃に安倍貞任(リンク先はWikipedia)が在城していた、とあります。
史跡標柱
これは無理がある伝説だと思いますが、安倍氏と血縁があったと思われる清原氏は出羽国に居していた有力豪族(秋田城介として下向した者の子孫とも。この場合は坂東平氏のうちのどこかの子孫とも考えられます。出自は両家とも不明で、同族の可能性も考えられます)ですから、清原氏系統の城の可能性はないとは言い切れません。
それはさておき戦国期には、この辺りは北の安東氏、北東の戸沢氏、南の小野寺氏の境界近くにある場所なので、重要な「境目の城」であったのではないでしょうか。

【縄張】
詳細不明です。
一応、現地の状態だけで見ると、GoogleMapでマッピングしたぐらいになるのではないでしょうか。
この公園の案内図がおおよそ城域になると思います。
公園案内図

ちなみに、こちらは周辺部を含めた案内図。
地域案内図
この地域案内図のあるあたりから北に進むのですが、道は狭くて、基本的に車1台分+αしかありませんので、すれ違いにはご注意ください。

【写真】
城域には大曲大橋(雄物川左岸)から北に来て、道なりにぐるりと回って北側から入ります。
主郭の下を通って、二の郭(個人的な仮称。以下同様)の姫神ハイツと駐車場に入ります。
二の郭
上記の来歴でアップした標柱も、この写真の右手に小さく写っています。

そこから先には、児童遊園のようなものがあります。
二の郭の一部と思われる
二の郭の一部というか、附属した小郭なのかな、と思います。

二の郭全体は公園整備に伴う改変が大きいようなので、現在の地形で当時の様子を想像するのはちょっと難しそうです。
おおよその構造までは改変されていないと思いますが。

ちなみに、姫神ハイツの先から南側を見ると、大仙市中心部がよく見えます。
二の郭から見た大仙市中心部

主郭と二の郭の間の谷地。
姫神ハイツの北から主郭を撮影しました。
二の郭から主郭方面を見たところ
二の郭と主郭の間の谷地は、おそらく三の郭相当ではないか、と思います(以下、三の郭と称します)。

三の郭を北部から見下ろしたもの。
谷地部分を北西から見たところ

主郭の登り口。
撮影地点は、三の郭を見下ろしたところからあまり移動していません。
主郭への登り口
だいぶなだらかです。
松山城の構造からして、西方面は高い山、北~東方面は切り立った急峻な地形です。
おそらくは、南から攻めくる敵を三の郭に誘い込み、主郭と二の郭(とその間を結ぶ場所)で囲い込んでせん滅することを想定しているのでしょう。

主郭の防御構造は西側にある二重堀と、腰郭(もしくは附属する小郭と言ったらいいのか)です。
西側以外はかなり急峻な地形となっています。
さきほどの主郭への登り口を進むと、まずはかなり浅くなってしまっている二重堀の外堀に至ります。
外堀(南)

外堀(北)
堀の中を通る道から、南と北側を見たもの。

そして、その先には堀間の土塁があり、内堀になります。
内堀(南)

内堀(北)
こちらもだいぶ浅くなっていますが、内堀なので当時からからかなり深い堀だったのでしょう。
外堀と同じく、南->北 の順序ですが、南側はそのまま竪堀となっていたようです。

北側内堀の先を主郭から見下ろしたところ
このように、北側はそのまま主郭外周を巡っています。

土塁が切れた辺りは、「犬走」のような通路でしょうか。
北側内堀の先

さらにその先は腰郭(というか、主郭附属の小郭?)につながります。
小郭

主郭も公園化されています。
主郭
いろいろ改変されたでしょうが、地形を見る限り、かなり原型をとどめた形だと思います。

築城主は不明だし、主な城主は誰だったのか・・・


P.S.
そういえば、主郭下に大仙市と書かれた車があるから、なんだろう・・・と思ったら、市職員と思われる若い女性が一人が掃除してました。
おつかれさまですm(_ _)m

・・・でもどーよ? 若い女性一人にこんな人気のないところを掃除させるって・・・(もともと、基本的に人気がなさそうな場所で、しかも訪問時は日が暮れる、とまでは言わないまでも薄暗くなり始めるころ)
この女性の上司は何考えてるんだろう・・・
・・・はっ! まさか、この女性はほうき一本で一騎当千の兵か!!!w
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
57位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ