陸中柳之御所

ジャンル:古代居館(平城)
所在地 :岩手県西磐井郡平泉町平泉柳御所 一帯
お勧め度:★★★☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :柳之御所資料館に20台くらいは停められたはず
登城日 :2016年11月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
いわずと知れた世界遺産、「平泉の文化遺産」を生み出した力の源泉、奥州藤原氏の「御所」です。
藤原清衡~基衡~秀衡と続き、四代目泰衡の時に源頼朝の軍勢によって滅ぼされるまで、支配地で産出した金などの地下資源を活用して豪壮な館、寺院を建立し、「平泉文化」を形成しました。
特に三代目秀衡の時には鎮守府将軍となるほどの権勢を誇りました。
その秀衡の居所と政治・軍事の中心として機能したのが柳之御所です。

【縄張】
柳之御所隣接となる施設の配置はこの写真のとおり。
屋外展示模型
柳之御所の背後(東側)を北上川が流れ、北上川沿い以外は堀を掘って防御し、さらには二重堀の外堀代わりとして「猫間が渕」と呼ばれる低地(もしかすると、当時は低湿地かもしれません)を防御する。
北は高舘(最終的には源義経の居所)が守り、南は伽羅之御所が広がる。
猫間が渕の西には無量光院があり、有事にはおそらくここも陣地とする想定ではないでしょうか。
戦国期以降の平城に比べれば原始的な構造ですが、最悪の場合も想定した堅固な作りといえると思います。

御所内部は以下のような発掘結果が柳之御所資料館に展示されていました。
御所発掘調査結果
こちらの構造は、まさしく古代城柵の政庁というイメージのとおりです。
なお、赤く表示されている建物は、大きさや配置から主要部と想定されているものです。

【写真】
ちなみに、柳之御所は入場時間の制限があります。
入場可能時間

柳之御所資料館の裏手(西側)にある堀
復元堀
単純に直線でなく、屈曲させていることが分かります。
横矢のような意図的な屈曲か、当時の地形上の問題かは不明です。

上の堀の道路を挟んで北側にある堀。
復元堀
こちらも屈曲を見せています。
なお、写真奥側の土手は北上川の川堤。
堤の上は国道4号線が走っています。

柳之御所の南端部から北側を撮影。
南端部から
舗装されている部分は、発掘調査の結果、通路だったようです。
その脇に掘られている溝も、発掘調査の結果のもののようです。

柳之御所の北端部から南側を撮影。
北端部から
幅がありすぎたので、無理やり手動で写真連結しました。

政庁らしさを一番感じるのは、縄張で掲載した発掘調査結果の図面の中で最大の建物である東館と、それをそのまま縮小したような西館です。
東館は完全に昼の政治の舞台ではないでしょうか。
西館は夜の政治の舞台、宴席を設ける場所ではないでしょうか。
だって・・・
池
西館の南端あたりから南南西にあるのが、この池。
おそらく、当時はこの池を中心に意匠を凝らした庭園があったのでしょう。
朝廷からの使者や配下の者たちのねぎらいのための宴席を持つにふさわしいものと思われます。

逆に、頼朝勢に攻められて滅亡時の混乱を感じさせるのがこれ。
井戸跡

井戸の説明

まだまだ調査が続くようですので、また訪れたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
72位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ