福家そばや

ジャンル:ラーメン
住所  :寒河江市本町3-5-22
電話番号:0237-84-2770
営業時間:11:00~19:30(L.O19:10) ※月、水、木、金の15:00~17:00は休憩時間
定休日:火曜日
駐車場 :16台
HP   :こちら

「そば」はそばでも「中華そば」専門店。
山形県内ではCMするほどの人気店です。
外観
老舗店であるのが見て取れます。

お昼時には行列もできるので、店外にもメニューの掲示があります。
メニュー

メニュー

店内に入ってすぐ左手には
お土産品
お持ち帰り用の商品も陳列しています。

※注意:店員さんの案内があるまで着席せず、このあたりでお待ちください。
・・・そうしないと、言葉遣いは丁寧だけど口調が怒った感じで席移動を指示されるんですよ・・・
お店の都合もあるとはいえ、これだけはいただけない(。´・(ェ)・)

お店の名物は、極薄皮のワンタンが入ったワンタンメン。
このワンタンは山形県内でトップクラスの知名度。
ワンタンメン

麺のアップ
麺アップ

ワンタンのアップ
ワンタンアップ
あまり脂浮きのない、あまり濁りのないスープ。
中太やや縮れの麺。
スープの中でふわふわと踊るほど皮の薄いワンタン。

さて、お味ですが・・・
鶏出汁メインです。豚も入っているかもしれませんが、鶏が前面に出ているので分かりません。
煮干しなども入っているようですが、あくまで鶏出汁がしっかり効いたスープです。
うまい!・・・が、しょっぱい。
昔からの味なのでしょうが、(人それぞれ程度の差こそあるとはいえ)減塩が進んでいる世の中、少し塩分を抑えたほうが・・・
でも、常連さんにはこれがいいのでしょう、きっと。

麺は先ほども書いたように中太やや縮れ。
茹で加減はしゃっきりしており、老舗にありがちな「やわやわな麺」ということはありません。
特徴は特にありませんが、このスープは出汁がしっかりしているとはいえ、小麦の味が出すぎると合わないと思われるので、これでいいのでしょう。

チャーシューは普通のもも肉のゆで豚。
固いわけではありませんが、しっかりお肉系です。

一番のウリのワンタンは、これは完全に皮を食べさせるものと思います。
餡はあっさりしていて、皮を引き立たせるというように感じられました。
その皮は、このお店のCMでも使っているフレーズ「つるっとろっ」と滑らかであっという間に飲み込んでしまいます。
うーん、やっぱり、こういう極薄皮のワンタンが好きですね(*´∀`人 ♪

次は海老ワンタンだなっ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
53位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ