陸中二子城

ジャンル:中世根小屋式山城
所在地 :岩手県北上市二子町坊舘86(二子八幡神社)
お勧め度:★★☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :城郭主要部直下に10台くらいは停められます
登城日 :2016年5月
城館位置:GoogleMap

※説明板にもあるように、通常呼ばれる「二子城」としましたが、城址碑を見ると本来は飛勢(とばせ)城みたい? まあ、普通は二子城でいいでしょうね。

【来歴】
説明板

【縄張】
縄張図
北~東方面にある北上川を天然の堀とし、西方面は山城としての防備とし、南方面は家臣屋敷で防備。
自身の居館(縄張図の主郭)をきっちりと囲い込んだ構造となってます。

【写真】
主郭部直下、駐車場にある城址碑
城址碑

そこから北(下る方向、というか車道は一本道)にちょっと歩くと、堀跡のようなものがあります。
八幡神社の西側にある、おそらく空堀跡らしきもの
たぶん、上記の縄張図にある主郭部の西~南方面にあった空堀の一部ではないかと思います。

また、城址碑写真の真後ろには、主郭部へ向かうかつての登城道ではないか? と思われるような、いや、でもそうじゃないような、という道があります。
本来の主郭への登城道?

なぜ登城道であるような? ないような? と思った根拠が、この郭が二つあるからです。
説明板があるあたりの、腰郭に類すると思われる平場
これは、八幡神社に向かう階段途中にある、説明板や縄張図が掲示されているところの平場。

次が、その上(北側)にある、八幡神社の拝殿のある平場。
八幡神社の拝殿のある、腰郭か武者溜りに類すると思われる平場

この二つの郭にも接しているので、登城道としてはおかしくはないのですが・・・防備上、ちょっと弱い気がします。
どうなんですかね?

それはさておき、主郭部。
主郭最後部にある、八幡神社の拝殿
八幡神社の拝殿がまず目に入ります。
そして、そこから北方向にやや細長いながら、広い主郭中心部が設けられています。

そして、北端には展望台が作られていました。
主郭北端にある展望台

主郭の北端にある展望台から北方面を眺めたところ
和賀氏の主城として、北部を見張れる、なかなかの景観であったろうと思います(今は樹木のせいでイマイチですが)。

・・・ちなみに、訪城は2度目で、前は白鳥神社か文殊院付近(地図でいうと右上あたり)に水堀らしきものがあったような・・・
この付近、駐車場がないので、二子城の駐車場に停めて、八幡神社の参道を徒歩で降りると東側の、かつての根小屋や家臣屋敷のあったあたりに降りることができるのですが、時間がなかったのでパスしました。
前は車で通って見つけられたけど、別の道を通ってしまったのか、見つけられませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
53位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ