羽後亀ヶ崎城

ジャンル:中世平城~近世平城
所在地 :山形県酒田市亀ヶ崎
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :ありません。周囲は住宅地で、道路も狭く、路上駐車はできません。遺構もわずかなので、すぐそばの横道町自治会館をお借りするしかないでしょう
登城日 :(忘れた)年4月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
平城なので省略

【遺構】
わずかに土塁の一部が残るのみです。

【来歴】
戦国時代、もともとこの地域を治めていたのは武藤氏。
本拠は現在の鶴岡市あたりとしていた一族ですが、最上川以北の土豪を治めるために築いた城が元になったそうです。
その頃は東禅寺城と呼ばれていました。

庄内地方は武藤氏から最上氏、最上氏から上杉氏、関が原以後は最上氏と変遷をしました。

関が原の合戦以降、この地を治めることとなった最上氏の重臣志村光安は、各地域の平定、とりあえずの城館の整備を終えたとき、「酒田の浜に大亀が乗り上げた」という報告を主君最上義光に行った。

義光はそれを吉兆とし、東禅寺城を亀ヶ崎城に、大宝寺城を鶴ヶ岡城に名を改めたといいます。

その後の最上氏改易と一国一城令がありましたが、有力譜代の酒井氏が鶴ヶ岡城に入城したこともあり、特例として亀ヶ崎城は支城として残りました。

さすが鶴と亀と思えますがしかし・・・
現在、鶴ヶ岡城が往時の雰囲気をかろうじてとどめる中、亀ヶ崎城は土塁の一部を残しすべてがなくなってしまいました。

【写真】
土塁の上に咲く桜

土塁の上に咲く桜
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
53位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ