陸奥浅瀬石城

ジャンル:中世平(台)城
所在地 :青森県黒石市高賀野
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :駐車場はありません。
登城日 :(忘れた)年(りんごの季節の前なのは確か)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
城内はすべて私有地と道路です。
なので明記は避けますw

【遺構】
ほぼ壊滅です。
無印にしようと思ったのですが、それっぽいものがちょっとだけあったので★をつけました。

【来歴】
説明板

・・・読めませんねw (^。^;)
なので、一部読み取れませんでしたが、テキストにおこしました。

「 浅石城は中世南部氏の一族、千徳氏11代、350年余りの居城で、鎌倉時代の中頃(13世紀)千徳伊予守行重が築城したと伝えられている。
 文明年間(1470年頃)7代城主千徳政久は三戸南部氏より領地を安堵され、津軽一の代官として栄えた。戦国時代(読めませんでした)に10代城主千徳大和守政氏が大浦為信と同盟を結び、共に津軽平定に活躍した。11代千徳政康のとき為信との同盟(がどうなった?)慶長2年(1597年2月28日)大浦勢の攻撃をうけ、落城し、廃墟となる。当時の浅石城下に、多くの神社仏閣(ほにゃらら)家中侍屋敷530軒余、士街地1230軒余、近在の家200軒余の城下町であった。」

本当かどうかはともかく、絵は「ヤリスギ」でしょwww (^。^;)

【写真】
城蹟を探して迷いながら移動していると、それらしきものを発見しました。
自然地形を利用した外郭線かな?
手前にあるのが空掘(多分自然地形だとは思いますが)で、正面にある木立が主郭跡のようです。

その後も迷いながら高低差のある、住宅と畑が混在する地域をうろうろすると・・・
あった! と見つけたのが上の説明板です。

その正面には祠がありました。
館神かな?
城域の片隅にあったので、もしかすると館神なのかもしれません。

そのあと、上の説明板に向かって右手に行くと・・・
侍屋敷跡
侍屋敷跡は今は立派なりんご畑になっていました。

そしてまたうろうろしていると、ある民家にたどり着きました。
・・・どう考えてもこの家の裏手から登るしかない! と心に決めて「こんにちわ~」と入っていきました。
で、出くわした男性に「城跡ですよね、登っていいですか?」と聞くと「かまわないよ」とあっさりのご返事をいただきました。

登るのはほんのちょっと。
そして、登り道を上から見ると・・・
遺構かどうか微妙・・・
坂虎口っぽいけど・・・よくわかりませんね。

で、肝心の主郭は当然・・・
主郭!
そうですね、りんご畑(手前は明らかに自家用野菜)ですねw

しょうがないですよ、江戸時代に入る前に廃城となって、説明板に書いてある戸数が真実に近いならばなおのこと、遺構が消え去るのは早いですよ。

下ってくるときに気づいた地形。
腰郭?
腰郭か、この登城道がかつての遺構(もしくは踏襲したもの)なら、番所跡かそれに類する防御施設があったのかもしれません。

P.S.
こんなのもありました。
地図・・・か?
・・・読めるとか読めないのレベルじゃもうないですwww
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
72位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ