磐城平城

ジャンル:近世山城
所在地 :福島県いわき市平字旧城跡
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :本丸まで車で登れますが、私有地のため入れません。丹後沢公園(城跡の一部。水堀あり)にあったはずです。
登城日 :(忘れた)年(忘れた)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
山城ですが、主郭まで車で登れるので省略。

【遺構】
水堀、石垣が残りますが、ほとんどが完全に宅地化され、私有地が多いため確認しにくいです。

【来歴】
戦国時代このあたりを収めていた岩城氏が改易され、かわりに鳥居忠政が入封しました。
最初は大館城に入りましたが、まもなく「岩城」を「磐城」に変え、平城を築城して移りました。
その後、忠政は山形に加増転封、のちに内藤氏が入り、その後は井上氏、最後は安藤氏が藩主として幕末を迎えました。
奥州の抑えという意味が強い藩であったようです。

明治以降は官有地であったそうですが、戦後のある時期にほとんどすべて売り払われたため、現状のような宅地ばかりの城跡となったようです。

以前、平駅近くの居酒屋で出会った城ずきの初老(よりは若かったイメージがあります)の方は、「戦前まではきちんと管理されていたんだけど、戦後のどさくさに紛れて勝手に××が売り払ったもんだからあんな風になってしまった」と嘆いておられました。
お互いけっこう飲んでいたので、まあ、話の真偽と記憶の正確さはさておき一応載せておきます。

【写真】
一番ゆっくりと散策できるのは丹後沢公園だけです。
公園入口
ちなみに、この右手側にはなぜか明治天皇の銅像が建ってます。

公園内に入るとすぐ、石垣らしきものが・・・
石垣?

その先には水堀跡に降りていく階段があります。
階段
かなり切り立っているため、かつての要害性が肌で感じられます。

ふと振り返ると、階段の付け根のあたりにも石垣らしきものが。
多分石垣跡
上の写真の石垣跡らしきものとこの石垣跡らしきものはつながっており、積み方から考えても遺構で間違いないのではないかと思います。

で、階段を降りていくと丹後沢、つまり水堀跡が見えてきます。
水堀
なかなかいい眺めです。

公園から出て反対側にある、現在のいわき市中心街を眺めるとこんな感じです。
眺め
高低差がけっこうあることが見て取れます。
手前、車が停っているところは一段下がっているので、腰郭跡でしょうか。

ここ以外はほとんどが私有地で、かろうじて門跡の石垣らしきものを確認しましたが、写真がどこにいったのやら(^^;A
案内板とかもないので、事前の情報収集とゆっくり歩く時間が必須です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
61位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ