磐城滝尻城

ジャンル:中世平城
所在地 :福島県いわき市泉町6丁目
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :城跡は神社となっており、駐車場があったはずです。
登城日 :(忘れた)年(忘れた)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
平城なので省略

【遺構】
土塁と堀の一部が残ります。

【来歴】
鎌倉時代の地頭居館跡と思われますが、詳細な来歴はわかりませんでした。

【写真】
現在は諏訪神社となっており、その表参道です。
鳥居
ちなみに、鳥居の両脇にはだいぶ小さくなってしまってはいるものの、土塁が残っています。

上の写真の右側です。
土塁
写真右側には堀の残滓も見受けられます。

鳥居の左側には城址碑が建てられています。
城址碑

そして、鳥居をくぐると両脇には池があります。
水堀跡?
ちょっとぐぐると、「堀跡派」と「堀跡ではない派」の方がいます。
私の個人的な意見では堀跡ではないと思います。
破壊がだいぶ進んでいる現状では、地形から判断するのは憶測にしかなりませんが、神社建立時に作ったか、遺構であれば、庭園の池(その場合、現在の表参道には土塁の切れ目も土橋も当時は道はなく、二つの池は一つだった可能性が考えられます)ではないかと思います。

裏参道(というか、境内内に車が入ってくる道)です。
虎口か?
わざわざ屈曲を設けていることから、かつての土橋を広げたものではないでしょうか?
・・・いや、もしかするとこれが大手口だったのかもしれません。

一通り見終わって、帰るときに気づきました。
安寿姫? 厨子王?
ぐぐったところ、伝承を詳しく書き連ねられている方がおりましたので、リンクさせていただきます。

平城で周囲は住宅街、さらには城蹟をぶったぎる国道など破壊がひどいという悪条件の中では見応えはある城館跡です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
61位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ