被災地を見に来ています。

仲良くしてもらっている先輩が東日本大震災関係の仕事をやることになったので、まず現状を知らないといけないよね、と三連休を利用して被災地を見に来ています。
場所は南三陸(気仙沼~陸前高田~釜石)。
あちこちで悲惨な状況になっていますが、ここも大変な状況でした。

テレビでは見ることができない、今の状況を報告したいと思います。

まずは内陸方面から気仙沼に入りました。
気仙沼駅近辺は高台のため、普通に人が歩いていました。
震災から半年経過しているため、ある意味普通になったのか、と感じましたが大間違い。
臨海地域に降りていくと、(くまなく歩いたわけではないですが)建物の一階部分はどこもかしこもひどい状態のまま。
写真は撮れなかったのですが、車は走っているけど人はいない。

そのまま、気仙沼の北部にある水産加工業が集中している地域に入りました。
ショックな状況があらわになりました。
建物もひどいですが、道路は未舗装路です

周囲は池のようになっています

そこから唐桑町に向かって進む中、きれいな風景に出会いました。
青空と穏やかな海・・・
こんなにきれいな風景なのに、建物は無人で小さな集落ではあったでしょうが、人っ子一人いません。
写真左下には津波で流されたコンテナ状のものも。
自然の猛威に戦慄しました。

それ以上の戦慄したのが陸前高田市。
元々大きい都市ではありませんでしたが、国道の両側には量販店のようなものが並んでいたはずです。
それが・・・
何もない平地になってます
ほんとに鉄筋コンクリートの建物の外側以外は何もありません。
高田松原もテレビで放映されたとおり、一切ありません。
失礼ながら、決して賑やかな街ではありませんでしたが、こんな殺風景ではなかったはずです。

そして、上の写真を撮ったのは道の駅から。
道の駅の現状
それぞれの建物に近づいたわけではありませんが、このあたりに残っている建物も大差ないと思います。
外側だけが残っているだけ。

中は悲惨です
もう呆然とするしかありませんでした。

釜石ではホテルがいくつか泊まれる状況にありますので、宿泊しました。
実は、釜石には「呑ん兵衛横丁」というものがありまして、それを目指して釜石に宿泊したことがあります。
安くて魚がおいしかった記憶が残っています。
いくつかの店が再開している、というネットの状況を知りましたので、横丁にも再開しているお店があるかも、とちょっとだけ期待していました。

ですが・・・
記憶によると、呑ん兵衛横丁の近く
営業している店はほぼありません(頑丈なビルにあったスナックっぽい店が3軒ぐらい営業してました)。

わずか数時間しか見ていませんが、復興をしていくには時間とお金が必要なのが本当に身にしみました。
マスコミは仮設住宅が不便だとか、改修が必要だとか、そんな行政たたきをを報道する暇があれば、本当に被災者の皆さんが望んでいる通常の生活にもどるために多大なコスト、努力が必要であるというこの現状をより知らしめることに努力すべきだと思います。
正直、一番わかりやすいのがGoogleMap、という時点で悲しくなります。

増税はしてほしくない。でも、増税しないでこの状況から活力ある街を創り出すのは難しい・・・
全部の小集落を救うのは難しいかもしれない。
でも、全部ではなくても、重要な近海漁業を守ってきた地域を経済的な理由のみで切り捨てることだけはしてはいけないと思います。

東京大空襲の結果、悲惨ではあったものの先人がそれに負けずに今の東京の基礎を築いたように、今までよりもいい形で復活して欲しい。
亡くなった方のためにも。
なにより、今生きている人のために。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
57位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ