領民に慕われた最上義光

最上家は山形藩三代目義俊(義俊は改易後の名前ですが、めんどくさいのでこれで統一します)。が最上騒動と呼ばれる家督相続争いの結果、近江大森1万石(うち5千石は三河国内であって、実はきちんと拝領されてないという説もあります)の一代限りの高家となり、義俊も夭逝してしまったため、近江大森5千石の交代寄合となります。

さて、旧最上領(今の山形県の置賜地方(上杉領)を除く山形県全域と、秋田県由利本荘市あたり)ですが、今の県都山形市を中心とするあたりは鳥居忠政22万石、日本海側の庄内地方は酒井忠勝13万8千石とそれぞれ譜代の領地に。
鳥居氏領の北、酒井氏領の東、今の最上郡は鳥居氏の娘婿である戸沢政盛が6万8千石余で入ります。
今の秋田県由利本荘市あたりは小藩分立のような状態です。
・・・さらに悲しいことに、鳥居氏の後はどんどん石高が減らされていき、いつのまにやら山形藩は幕政に失敗した重臣の流刑地がごとき扱いになってしまいました。

それはさておき、その中でひとつの逸話があります。

酒井忠勝は始めて領内の巡視を行なった時、現在の余目町に入り巡視をしていると、盲人が魚を漁りながら「最上源五郎殿は役をばかけぬ、今の殿様雑魚カジカ迄役かける。」と唄っているのを聞いたのです。
忠勝公は「汝は正直な盲人である。しかし源五郎は百万石、我は十万石そこらで格別の違い、故に役を取らねばならぬのだ」といわれ米十俵を賜った有名な話が残っているそうです。
(昭和25年「泉」2号:酒井忠治 /参考文献:東田川郡郷土教育資料、鶴岡沿革史)

最上源五郎は義光、家親、義俊の通称。
この場合、家親、義俊は特段大きな内政変更はしていないはずですから、義光を指すと考えるのが妥当です。

さて、この逸話の忠勝公の発言にはうそが入っています。

最上領は表高(幕府公式)は54万石。
これは当然太閤検地によるものですから、義光が領内開発に熱心だった結果、内高(非公式)100万石はあってもおかしくありません。
「最上家伝覚書」にある主要家臣の石高を合計すると表高を上回る66万石余となるのもその根拠といえます(覚書が間違っている可能性も当然ありますが)。

これだけ内高があるのは、実は新田開発に成功したからです。
特に、平野でありながら水が引きにくいために原野となっていた庄内地方に北楯大堰、因幡堰の疎水による新田開発が成功したことが大きいでしょう。
庄内藩の表高は石直し(いわゆる検地しなおしによる石高見直し。高直しとも)で若干変動しますが、実質30万石はくだらないという説もあるほどです。

つまり、「最上源五郎は100万石、余は30万石」もしくは、「最上源五郎は54万石、余は13万石」なら正直なのですが、わざと最上家を噂の内高の100万石といい、自分は10万石と表高よりも低くいうのはうそつきということです。

でも、うそがあるとはいえ、おそらく、酒井忠勝は他国と同様の課税を行っただけでしょう。
一気に所領が倍増しているだけでなく、新田開発にも成功した最上家の課税が安すぎた、というのが実態でしょうか?
その証拠に、初期はともかくとして、江戸時代中期に酒井家が転封されそうとなったとき(いわゆる「三方領地替え」)には領民から転封阻止の直訴をしようとする者まででるほどでしたから。

まあ、最上義光という人物はもっとも民衆を本当に大事にした殿様の一人であった、ということですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
53位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ