「岩手県釜石市」道の駅 釜石仙人峠

ジャンル:道の駅・お土産・軽食
住所  :岩手県釜石市甲子町第7地割155-4
電話番号:0193-27-8530
営業時間:
 物品販売:9:00~18:00
 飲食コーナー:10:00~17:00(ソフトクリーム以外のL.O.16:00)
定休日 :12/31、1/1
駐車場 :たくさん
HP   :Facebook

釜石市の西の玄関口として平成27年にオープンした道の駅です。
外観
こじんまりとした道の駅ですが・・・
店内
店内の品ぞろえはなかなかバリエーション豊か。

冷凍のお土産品だと、こんなとか
お土産品

釜石なら忘れちゃいけない海宝漬とか。
海宝漬
※製造販売元の中村家さんのHPはこちら

あと、この道の駅の建つ「甲子町(かっし)」には甲子柿という名産品があります。
もちろん、秋にならないと生のものはありませんけど、こんな感じだそうです。
甲子柿?
口の悪いポップに一発で惚れました!
※本当の詳細はこちら

生はなくとも加工品はありますので、こちらを購入。
柿酢サイダー
炭酸は強めかな。
柿酢の味がするので、お子様にはイマイチかも?
大人なサイダーですね。

そして、こちらの軽食コーナーのメニュー。
メニュー
メニューは少ないながら、どれも一押しのようでした。

今回はこれ。
藤勇醤油ソフト
藤勇醤油ソフトです。
※醸造元へのリンクはこちら

ボリュームは少なく見えますが、コーンの中身もソフトクリームでいっぱいですからけっこう重量感があります。
醤油はちょい強め。
みたらし団子の醤油強めなイメージと重なります。

釜石ラーメンにも自信があるようですので、機会があれば食べてみたい。
スポンサーサイト

岩代宮代館+足守藩瀬上陣屋

ジャンル:古代~中世平城、近世陣屋
所在地 :福島県福島市宮代鍛冶畑? 屋敷畑? 、宮代北口
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :日枝神社の脇の公園に駐車可、2~3台程度城址碑近くにあり
登城日 :2017年3月
城館位置:GoogleMap

※この2つの城館はまったく関連性のないものですが、福島県の資料による位置と福島市の史料による位置が違うため、合わせて紹介します(どのような感じなのかは上記城館位置のGoogleMapへのリンクをご覧ください)。

【宮代館来歴】
前九年の役の頃、源頼義(もしくは配下の武将)によって築かれた、という伝承があるそうですが、詳細不明の城館です。

【瀬上陣屋来歴】
説明板

【宮代館・瀬上陣屋縄張】
詳細不明です。

【宮代館写真】
これが福島市が示す宮代館の南西にある日枝神社です。
日枝神社

宮代館に関するような説明板や碑などはありませんが、一揆の説明板はありました。
一揆の説明板

宮代館の所在地が宮代鍛冶畑であれば、ここが館跡のはずです。
土塁らしきものの北側

上の写真のりんご畑と神社の背後の間には、細く低い土塁らしきものがあります。
土塁か?
福島市資料によると、「土塁と堀の一部が残る」ような記載と写真があるのですが、その写真と訪問時の記憶を比べてみると、違うような・・・
でも、福島市資料には日枝神社の東側(東側だと公園)を発掘した結果、かわらけが出土した、という記載もあるし・・・
よく分かりません。

でも、もしかすると、宮代屋敷畑が正しいのかも・・・
遺構がほぼ消滅していて、歴史の表舞台に立っていない城館は悩ましいですね。

実は道を間違えてその場所に行ったんですけど、日枝神社に向かうことしか頭になくて何も見ていません(^ ^;;;A
近くに行くことがあったら確認したいと思います。

【瀬上陣屋写真】
これを見落とさなければ大丈夫ですが、住宅地の真ん中なのでナビがないとたどり着くのは大変です。
城址案内標識
猫車を押している人のあたりが駐車場になっています。

狭いですが、ここが陣屋の主要部だったのか、公園化されています。
公園として整備済み

ほぼ中央には大きな城址碑が建てられています。
城址碑

その左手(西側)には表門土台石が展示されています。
表門土台石

また、城址碑の右手背後(南東側)にはこんな窪地がありました。
かつての陣屋庭園か?
もしかするとかつての陣屋の庭園だったのかもしれません。

宮代館についてはあやふやな紹介になってしまい、すいませんでしたm(_ _)m

「岩手県釜石市」洋食 あべ

ジャンル:洋食レストラン
住所  :岩手県釜石市大只越町1-1 青葉公園商店街A棟103 (1階)
電話番号:0193-22-0654
営業時間:11:00~20:00
定休日 :火曜日
駐車場 :なし
HP   :釜石お店なう(釜石商工会議所運営)

東日本大震災のとき、釜石は中心部を津波に飲まれて商店街が壊滅しました。
仮設商店街で復活したお店も多かったのですが、仮設はあくまで仮設。
ここ、青葉公園商店街も2018年3月いっぱいで閉鎖されると聞きました。
商店街外観

本来は公園だった場所です。
公園マップ

お店の外観はどこも大きく変わらないようですが、こちらです。
外観
あまり種類を仕込めないのでしょう、5種類のメニューですべてです。

店内はきれいですが、やはり仮設的な印象です。
店内

お願いしたのはとんかつ定食。
とんかつ定食
お店を復活させたときに、手の込んだことはできないけれどとにかく出せるもの、として最初からラインナップしているメニューだそうです。
※ご飯の量は減らしてもらいました。普通盛りだとどのくらいかは不明。

とんかつアップ。
とんかつアップ
大きさは大きめで、厚さは極厚ではないけれども十二分な厚さ。
柔らかいお肉に、カリカリっとした衣がおいしい。
クリスピー感のある食べ物は好きなので、これは好み。

からしがないな・・・と思ったら、
オリジナルなマスタードソース
辛味を抑えて酸味を利かせたオリジナルのマスタードソース(でいいのかな?)。
これも合いますね。

最後にデザートが出ました。
デザート
イチゴアイスにカットフルーツです。
脂っこい食事の後にはこういうさわやか系デザートがありがたいです。

こちらのお店、青葉公園商店街が閉鎖されたらどうなるんだろう・・・
店主さんはかなりご高齢のようだし、お店を閉めてしまうんだろうか・・・

岩代住吉館

ジャンル:中世平城
所在地 :福島県伊達市梁川町東大枝住吉
お勧め度:★★☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年3月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
説明板

【縄張】
主郭と思われる徳本寺の境内以外は住宅や農地となっており、実際の規模、縄張構成は不明。

【写真】
徳本寺から県道320号線を挟んだ北側には幅の広い水堀が残されています。
北の水堀

その南側には土塁の痕跡が残ります。
sumiyoshitate_kitadorui.jpg

さらにこの水堀から東側にも、県道321号線で分断された水堀が残っています。
北東隅の水堀

徳本寺の山門のあたりには東側の土塁が残っています。
東の土塁

それに対して、西側は今一つはっきりとはしていません。
県道320号線の北側。
西の堀跡か?

県道320号線の南側。
西の堀跡か?

西の堀跡か?
※注:この水路はかつての堀を利用したものか、全く関係ないものなのかは不明です。

南側には食い違いの形状を感じさせる堀、土塁が残ります。
東側
南の水堀
写真奥には東側土塁が見えます。

西側
南側の土塁

徳本寺を移したことによってかつての形状をよく残すことができた城館です。

「岩手県釜石市」FASHION 928(くにや)

ジャンル:自動販売機
住所  :岩手県釜石市大渡町2丁目6−24
電話番号:0193-22-2733
営業時間:24時間(品切れの場合を除く)
定休日 :なし(品切れの場合を除く)
駐車場 :3台(さらに店舗正面の道路には駐車帯が設置されている)
HP   :釜石お店なう(釜石商工会議所運営)

釜石市にある、一風変わった(というよりもかなり独特)な雰囲気を持つお店です。
外観

外観
ご覧の通り、本業は悪系ファッションショップなのですが、お店の裏手にハンバーガーの自動販売機を設置して話題になったお店です。
ハンバーガーといっても、高速のSA/PAにあるような冷凍食品のものではありません。
ハンバーガー自販機

カップラーメン自販機
※実は、一番レアな自販機は瓶コーラの自販機だそうです。

ちなみに、私は正面突破しましたが(表口から店内を抜けて裏に出られます)、気の弱い人は裏通りに回るとO.K.
裏手

写真は撮りませんでしたが、店主と思しき男性はかな~りワルな装いです。
どのぐらいかというと、「ジョジョの奇妙な冒険」に出てきてもおかしくなさそうなイメージでしょうかw(注:ジョジョ立ちはしてません)
でも、普通にフレンドリーな人でしたので、心配は無用・・・なはずですwww

さて、実際のハンバーガーは、といいますと・・・
ランプ
このランプの点滅が消えれば出てくるので、席で待ちましょう。
客席w

で、こうです。
ハンバーガー

製造元はといいますと、こちら。
ハンバーガー

中身は野菜なし(水分出るしね)の肉肉しいチーズバーガー。
ハンバーガー
味はですね・・・まあ、普通ですw
お手軽だし、珍しい自販機だし、被災地復興の一助という意味もあるし、そして、普通においしいんだからそれで十分なんです。

釜石はまだまだ道路が未舗装の場所があったり、空き地もあったりという状況ですが、一歩一歩、歩みは遅いけれども前に進んでいたのが印象に残りました。

※前回見た南三陸の被災地の状況はこちら
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
42位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ