陸中下煤孫館(しもすすまごたて)

ジャンル:中世山(台)城
所在地 :岩手県北上市和賀町煤孫5地割(古館神社)
お勧め度:★★☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :主郭北端に建つ展望公園に4台程度
登城日 :2016年5月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
説明板(来歴部分)
・・・読めません(ノ_<)
が、城郭放浪記さんにきれいだった時期の写真がありましたので、こちらをご覧ください。

一応転記(現地説明板の内容を毀損しない範囲での、軽微な追記・表記変更はしてあります)。
「 別名、煤孫城・古館・観音館とも言います。上煤孫館から移った館ともみられています。
 館跡は古館神社境内一帯で、館は低地から高さ約35m、南北約250m、東西約170mの範囲です。主郭は約15,000㎡と広く、副郭の約2倍あります。
 さらに、南側の舌状部には空堀で仕切った約1,000㎡の郭があります。また主郭の前面には帯郭がめぐらされています。
 和賀氏一族の煤孫氏は盛衰をたどりながらも、南北朝時代(1336~1392)は南朝方に属し、盛んな時は今の和賀町、江釣子、湯田、沢内、秋田の一部などをその勢力範囲におさめ、西和賀殿と呼ばれ名をはせました。
 慶長5年の岩崎一揆の際、和賀氏の存亡をかけて南部氏と戦った時の大手門(私注:岩崎城大手門を指すと思われます)の守将は煤孫城主の煤孫上野義重でした。また、『吾妻むかし物語』によれば一揆は煤孫氏一族の煤孫下野守治義(一揆で討ち死に)、煤孫助三郎隆義(宗家滅亡後浪人)などが戦っています。
 なお、煤孫上野義重は慶長6年旧暦5月24日、主君和賀忠親とともに仙台の国分尼寺にて自刃しています。」

築城時期、築城主とも不明ですが、縄張の規模、和賀氏とともに滅亡した煤孫氏の最後の記載はかなりしっかりしています。

【縄張】
説明板(遺構部分)
・・・読めません(ノ_<)
が、城郭放浪記さんにきれいだった時期の写真がありましたので、こちらをご覧ください。

【写真】
説明板脇の神社参道
説明板脇に古館神社の参道がありますが、ちょっと雑草が伸び放題。
主郭に駐車場がありますので、こちらはパスしました。

ちょっと目立たないのですが、案内表示はあります。
案内表示
写真左側を降っていくと説明板方面になります。

入っていくと、あっという間に主郭です。
主郭

古館神社もあります(当たり前)。
主郭(古館神社の背後)
神社との間には明らかに私有地の畑などがあり、こちら側からアプローチしにくいので、大変失礼なことながら背後からだけしか見ていません。
おそらく、位置的に見ても、神社の名称からしても、古館神社あたりに館神が祀られていたと考えていいのではないか、と思います。

展望公園の四阿とその先の風景。
展望公園四阿
北方向にはのんびりとした田園風景が広がります。

そのすぐ西にはこんな地形がありました。
これが本来の絡手の虎口か?
個人的な印象ですが、今の神社参道はかつての登城道(おそらく搦手口)の一部を利用しただけで、本来の登城道は別ルートではないかと思います。

さて、こちらがメインな遺構ではないでしょうか。
主郭大手口はやはり、今の公園および農地への通路となっているこの道ではないかと。
主郭の大手の虎口か?
わざと屈曲させた、土橋&虎口に見えます。

そして、その両側には空堀が残っています。
北方向に延びるもの。
主郭の空堀(北方向)
南方向に延びるもの
主郭の空堀(南方向)
藪ですし、かなり浅くなっていますが、当時のままでしょうね。

南側を高速秋田道で切り取られたとはいえ、主要部はそれなりに残っている城館です。
スポンサーサイト

「岩手県盛岡市」盛岡居酒屋 遊食屋 FUJI

ジャンル:居酒屋
住所  :岩手県盛岡市大通2-4-16
電話番号:0120-524-833
営業時間:営業時間

定休日 :なし
駐車場 :なし
HP   :Facebook食べログ

盛岡の三大麺といえば、わんこそば、盛岡冷麺、じゃじゃ麺ですが、そこに新たなメニューがあることを知り、こちらに行ってきました。
外観

そして、それがこれ(写真左側)。
店外メニュー
その名も「焼き」冷麺。
温麺は知ってます(冷麺の麺を使ったラーメン風のもの)。
今度は焼くのかぁ・・・

店内に入って、メニューを拝見。
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー
※メニューが多すぎるので、一部割愛。

焼き冷麺や盛岡りんごチャーハンといった変わり種メニューがある割にはごく普通な感じ(失礼)。

焼き冷麺は〆とすることにして、いくつかメニューを頼みました。

当然出てくるお通し。
お通し
ごくごく普通の煮もので、普通においしい。

たしか、なんこつの鉄板焼き。
なんこつの鉄板焼き(たぶん)
こりこりした軟骨が入ったつくねですね。
これまた普通においしい。

これで準備完了!
お待ちかねの焼き冷麺で〆ます。
焼き冷麺

焼き冷麺アップ
見た目、じゃじゃ麺の黄身のせみたいな感じです。

お味ですが・・・
味付けはソース焼きそばとは違います。
出汁を使った・・・なんだろう・・・長野県は伊那名物のローメンのような、和のテイストを感じさせ、かつ炒め油によるこってりさを足したような・・・
うまく表現できませんm(_ _)m
麺は普通の冷麺のようにぐにーんとは伸びずに噛み切りやすい食感に変化しています。

これ、ありですあり!
盛岡冷麺をものの見事に別物に仕立て上げています。

面白い店だなぁ。
りんごチャーハンも試してみたい。

陸奥三戸城移築城門

ジャンル:移築城門(寺院山門)
所在地 :青森県三戸郡三戸町川守田横道6(法泉寺) および 川守田中屋敷20(龍川寺)
お勧め度:★★☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :法泉寺さんと龍川寺さんの駐車場をお借りするしかありません
登城日 :2017年5月
城館位置:GoogleMap

雨のため、三戸城をあきらめ、せめて移築城門だけでも、ということで行ってきました。
三戸城の移築城門は2つ現存していますが、それぞれがどこの門だったのかは不明です。
※龍川寺山門脇にある説明板
龍川寺にある説明板

こちらが龍川寺に移築された城門。
龍川寺山門

龍川寺山門

龍川寺山門

龍川寺山門

法泉寺は本堂の工事のため立ち入り禁止でした。
法泉寺山門

法泉寺山門

法泉寺山門

様式も変更されているはずで、往時の姿がどうであったのかは分かりませんが、主要部材である柱、梁は少なくとも基本的にそのままでしょうから、説明板のない法泉寺山門の方も藥医門だったのだろうな、と思います。
大きさもほぼ同じですから、両門は同格扱いの門と思われます。

「岩手県二戸市」短角亭(2回目)

※1回目はこちら

ジャンル:焼肉(岩手短角牛メイン)
住所  :岩手県二戸市石切所字荷渡22-2
電話番号:0195-23-0829
営業時間:11:00~22:00
定休日 :12月31日、1月1日のみ
駐車場 :10台ぐらい
HP   :公式食べログ

今回はディナータイムにお邪魔しました。
外観

今回のお目当てはこちら。
メニュー
分厚いヒレです。

他のメニューはこちら。
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

予約メニュー
他にもデザートや冷麺などもあります。

さて、ヒレ肉様のご登場です。
ヒレ
写真のとおり分厚い。

さらっと焼いていただきます。
ヒレ焼き上がり
・・・うまい! 柔らかい!!
あっさりとした赤身のうまさと柔らかさ、さすが丁寧に育てられた短角牛のヒレ!
2~3枚ぐらいは平気で食べることができそう(注:金銭的にキツイですw)。

これだけだとあっさりしすぎなので、短角牛ホルモンも。
ホルモン

ホルモン焼き中
脂はのっていますが、すぐファイヤー状態になるほどではありません。
柔らかく、まったく臭みのないおいしいホルモンでした。

遠くてなかなか行けませんが、また行きたいお店です。

陸奥泉山館

ジャンル:中世山城
所在地 :青森県三戸郡三戸町泉山 の一部
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :ありませんが、説明板の道路向かいに1~2台程度は駐車可能
登城日 :2017年5月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城時期、築城主とも不明。
説明板

【縄張】
不明。
遺跡指定範囲と現状の地形からすると、南北2郭構造と思われます。

【写真】
南東方向から全体を撮影
現状
道路を挟む両側の果樹園が郭跡です。
高低差があることから、道路工事で破壊されたあたりに切岸や堀があった可能性が考えられます。

最大の見どころは、道路北側にある堀跡。
堀(北側)
とはいえ、樹木で見通しが悪いですが。
深さはかなりありますので、かなり厳重に背後の台地と区画していたようです。

道路南側にも堀の残滓のようなものがあります。
堀(南側)
北側と比較すると浅めになっていますので、道路のあたりに土橋があったのではないか、と思います。

北側の郭。
北の廓
こちら側に館神が今も祀られているとのことですが、果樹が結構密生しているので自粛しました。

北側の郭から南側の郭を見たところ。
南の郭
北側の郭と同様の状態です。

泉山氏は三戸南部氏の一族らしいのですが、館の立地・規模からして、一族の中での序列は低かったと思われます。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
42位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ