手打ちそば 孤峰

ジャンル:そば
住所  :山形県東根市神町東1丁目9-22
電話番号:0237-47-0349
営業時間:11:00~14:00
定休日 :木曜日
駐車場 :5台程度
HP   :食べログ

山形県東根市にある田舎そば専門店。
外観
個性が強いそばを出すお店です。

外観もそうですが、店内も見てのとおり「ほぼ民家」です。
店内

メニューはこちら。
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー
ここで目からうろこ。
かいもち=そばがき、じゃないんだ・・・

それはさておき、合いもりの小とてんぷらを注文。
そして、そこから御主人のそば打ちが始まるのです!(注:客席からは見えません)
だから時間がかかります。

待つ間は前菜のようにこごみが出てきました。
前菜
塩加減がちょうどよく、期待が高まります。

・・・でまずは天ぷら到着。
天ぷら

そのまま続いて、つゆ到着。
つゆ
ちょっと微妙な違いなので分かりにくいのですが、右手の濃い色合いのものが極太打ち用、左手のやや色が薄くわずかに茶色味を見せているのが細打ち用です。

そして間髪おかずにそば登場!
あいもり

太さが分かりやすいようにアップ!
アップ
割りばしより太いです。
「あの」伊勢そばと同等かわずかに太いか、というレベル。

さて、お味ですが・・・
まずは極太打ち。
えーと、当然ですが、すすれません。
そして、これだけ太いので、蕎麦猪口にどぶんとつけるのですが、時折そばが折れるwww
口に含んでもりもり噛んで食べるのです。
う~~~ん、そばの味も香りも強く感じますね。
しかし、とてつもなく硬いのであごが疲れるwww
固さについてだけ言えば、私は伊勢そばを「食べる鈍器」と表現しましたが、それと比較するとこちらは「食べる鈍器MAX」とでもいいましょうか。
木製バットと鉄パイプの違いです( <-なぞ)

次は細打ち。
するっと持ち上げ、半分ぐらいつゆに浸してすすり上げます。
・・・固い!
盛岡のやまやの韃靼そばといい勝負です。
しかし、こちらも極太打ちよりは感じにくいですが、そばの味と香りがしっかりしています。

そして、天ぷら。
これがですね・・・うまい!
衣がカリッとしているのは当然で、中身のジューシーさがたまらない。
海老も、シイタケも、イカも、どれも中身がジューシーで柔らかいのです。

どれもこれもおいしいのですが、田舎そばに慣れた人でも極太打ちはびっくりするでしょうね。
また、田舎そばが苦手な人でも「そばがき」なら、ここのお店が使っているそばのおいしさを堪能できると思います。
スポンサーサイト

陸奥赤石館

ジャンル:中世山(平山?)城
所在地 :青森県三戸郡南部町赤石館 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年5月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城時期、築城主不明。

地域の歴史案内板が十二神社の前にあり、その左側に赤石館の説明が記載されています。
説明板(十二神社前)
なお、この概略図は北が下になっているので注意してください。

また、重臣居館が断崖上の山中にある、という赤石館の説明が今一つ腑に落ちないので調べたところ、南部町の公式サイト(リンクはこちら)には以下のとおり記載されていました。
「赤石城ともいわれ、館主は南部26代信直、27代利直に仕えた桜庭安房直綱(二千石)。赤石集落の東側で北に馬淵川を臨む断崖上としていますが、十二神社を中心にみると、赤石集落そのものが館跡としての痕跡が見られるため、もっと規模の大きな館跡と想定されます。」
現在の赤石集落のどこかに主郭があって、現在、赤石館として遺跡指定されている場所は本来の赤石館を構成する郭の一つであるとするのが最有力説と理解しました。
「西構」という防御施設名が当時からのものとすると、主郭は現在の地名でいう赤石前田などのあたり(遺跡指定範囲の西側麓)にあったと考えられます。

そして、これらの情報を基に考えると、本来の城域は控えめに見ても、「ヤグラ構」と「中里構」から現在の遺跡指定範囲までを含む、東西800m(南北はこれらの情報だけでは不明)程度という、まさしく城と呼ぶ方がしっくりする城館とみてよさそうです。

【縄張】
遺跡指定範囲から見ると単郭と考えられます。
しかし、南部町公式ページの記載からは多数の郭を伴った城館であったことをうかがわせます。

【写真】
※遺跡指定範囲近くまでのルートは上記の城館位置を参考にしてください。
駐車可能位置から坂を下りながらぐるっと回り込むように進むと、遺跡指定範囲の西側に出ます。
遺跡指定範囲の入り口
奥の淡いピンクの山桜(?)のあるあたりが遺跡指定範囲であろうと思います。

この写真の左側に竪堀に見えなくもない地形がありました。
竪堀に見える地形
竪堀かどうかは不明です。

さて、それはさておき先を進もうとすると・・・
遺跡指定範囲の入り口
倒木があって素直には進めませんでした。
回り込むことはできそうだったのですが、こんな山中で転がり落ちでもしたら・・・と考え、ここで断念しました。

残念ながら遺構は何も残っていないようですので、郭跡の雰囲気を持つ十二神社だけを見てきました。
十二神社
この鳥居のところには堀状の防火水槽があります。

境内。
十二神社境内
ここが郭跡だとすると、神社の背後には堀があったのではないかと思いましたが、これといったものはありませんでした。

ドライブイン春香(しゅんか)

ジャンル:ドライブイン・居酒屋
住所  :青森県三戸郡南部町苫米地神明下河原52
電話番号:0178-84-3984
営業時間:11:00~23:00
定休日 :なし
駐車場 :3台程度
HP   :南部町観光協会食べログ

場所はふれあい公園(苫米地館跡)の北駐車場に隣接しているドライブインです。
ドライブインのくせに駐車場がほとんどないのは、もう公園駐車場をあてにしているのがよく分かります。
外観
昭和な感じのドライブイン。

メニュー構成も昭和な感じで、定食、ラーメン、鍋料理とかなりごった煮なもので、パワーつきそうなメニューが多数。
メニュー

メニュー

メニュー
三八地方に来たらやっぱり馬メニューでしょうね。
五戸町の倉石牛や田子町の田子牛もいいんですが、私的には馬が勝ってしまいました。
※こちらのお店の牛肉がこれらのものかどうかは不明です。

こちら。
馬バラ定食です。
馬バラ定食
まずは鉄鍋が登場。
ここから火を通していきます。
馬バラ定食
火を通しているとご飯、味噌汁到着。
そして完成。
馬バラ定食

馬バラ肉には味がついていますが、野菜の水分でかなり薄まってしまいますので、たれをつけて食べます。
うまい!ヽ(≧∀≦)ノ
臭みはないし、バラ肉といいつつも牛のようにこってりしていない。
たっぷり野菜に出汁が染みてこれもうまい!
そして、ごくごく普通の味噌汁なんですが、これが予想を上回るおいしさ。
見た目から平凡な味だろうと思っていましたが、絶品とは言わないまでも、「もう一杯おかわりしたいな」と思える程度にはうまい。
そして、ご飯もさりげなくうまい。
・・・東北のコメはどこにいってもうまいなぁ・・・

南部町は昼食ポイントが少ないので、あっち方面に行く人はどうでしょう?

陸奥杉沢館(南部町西部)

ジャンル:中世丘(崖端)城
所在地 :青森県三戸郡南部町赤石杉沢 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年5月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
不明。
しかし、館跡のすぐ南側には住谷野牧があり、こことの関連性が考えられます。
住谷野牧赤石木戸口説明
元和元年藩営として再興とされていますが、それまでもなんらかの形態で馬の生産はしていたと思われますから。

【縄張】
不明。

【写真】
住谷野牧赤石木戸口の標柱。
住谷野牧赤石木戸口の標柱
これの道路向かい(北側)に館跡内に登れる道がつけられていました。

しかし、館跡はほぼ全面的に畑地化されており、内部に進めませんでした。
館跡全景
切岸ぐらいはあるかもしれません。

南西端。
遺跡指定範囲南西側
あまり明瞭ではありませんが、この農道の右側が遺跡指定範囲です。

ケンちゃんラーメン 大山支店

ジャンル:ラーメン
住所  :山形県鶴岡市友江町16-37
電話番号:非公開
営業時間:11:00~14:00(月曜日のみ17:30~20:00も営業)
定休日 :火曜日
駐車場 :10台程度
HP   :Facebook食べログ

ケンちゃんラーメンも、遊佐余目山形に続いて4軒目になってしまいましたw

大山支店です。
大山支店外観
珍しく、(片側1車線とはいえ)国道112号線沿いという目立つ場所にあります。

メニューもシンプル・・・
メニュー
だけではなく、
大山支店限定メニュー

大山支店限定メニュー
大山支店限定メニューがラインナップされています。

悩む・・・が。
ラーメン
結局、いつもどおりに「小盛り、味普通、脂っぽく」になりました。

いつもどおり、小盛りのくせに普通のラーメン屋さんの普通盛りより多いし、ごわごわぷりぷりとした麺もうまい。
味の基本ラインも他店と当然同じで、動物系+煮干出汁。
・・・が、しかし、ちょっとぬるい。
ラーメンはアツアツが一番だと思うのですが・・・いかがでしょうか?
 
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
64位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ