陸奥小館

ジャンル:中世山城
所在地 :青森県八戸市河原木(大字)小館 のほぼ全域
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :高館生活館の駐車場をお借りするか、墓地内をお借りするしかないでしょう
登城日 :2017年5月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
不明。
根城から馬淵川を挟んで北に3㎞地点にある山城です。
このことから、統治目的よりも北方監視と北方の最終防衛ラインを担った支城と考えてよいのではないでしょうか。

【縄張】
不明

【写真】
最初はどこから近づいてよいやら全く分からず、周囲を1周してしまいました。
目標は高館生活館(青森県八戸市河原木(大字)高館6-1)を目指すといいでしょう。
高館生活館

そこから西の方向に城館内に入れる道があります。
現在の入り口
ちなみに、この写真の右手にはこんな通路がありました。
堀切に見える歩道
堀切跡を利用した通路と私は考えましたが・・・
ここは遺跡指定範囲外なので断言できません。

登り道が始まる前にも平坦地がありまして、その1段上から墓地になっています。
下段から順に。
墓地

墓地

墓地

そしてその先は・・・
墓地になっていない山
うわあ・・・荒れてます。

雰囲気的にはここが二の郭かな?
主郭までもう少しでしたが、倒木で転んでけがしそうな感じだったので断念。

墓地を上から見下ろしたところ。
墓地を結ぶ道

このままじゃ帰れないので墓地周辺だけでも確認しようとちょっと探索しますと、下段の墓地の奥(北側)に土塁跡のようなものがありました。
墓地
私が青森県資料を見たところ、遺跡指定範囲外のように思いましたので、断言はできません。

また、下段の墓地の入り口の南側には、藪になりつつも、おそらく本当の城内道らしきものを発見しました。
本来の城内道か
GoogleMapに描かれている、細道がこれを指すのではないか、と思います。
実際には歩けませんが。

それにしても、墓地より西側はほとんど手付かず状態に見える城館なので、何か遺構を発見できそうな気がします。
たぶん、郭ぐらいしかなさそうですけど。
スポンサーサイト

ドンタコ

ジャンル:ファストフード・居酒屋
住所  :山形県西村山郡河北町谷地中央2丁目1-12
電話番号:0237-73-6532
営業時間:10:00〜22:00
定休日 :不明
駐車場 :共用20台程度
HP   :Facebook

山形県河北町にはまるぼ製麺所山形県西村山郡河北町谷地甲76)(店名は食べログへのリンク、住所はGoogleMapへのリンク)というところがあります。
昔から製麺所のほかに麺生地を使った餃子(未調理品の持ち帰り専用)、ぼ焼(ぼやき。昔はまるぼ焼きと呼んでいた?)、で密かな人気があるお店です。
そのお店がファストフード部門を別に構えることとなったと聞いて行ってきました。
外観
一見すると2店舗あるようにも見えますが、1つのお店です。

店内。
店内
夜は居酒屋になります。

テイクアウトメニュー。
メニュー
やはりぼ焼(ぼやき。表記の揺れは個人商店にはよくあることw)が一番上に鎮座されています。

注文すると10分待ちとのこと。
他にもお客さんがいたので待つことにしました。

で、これがぼ焼(ぼやき)。
ぼ焼きパッケージ
なぜか関西弁。

中身はこうなっています。
ぼ焼き中身
白いたこ焼きに見えますね。
・・・そりゃそうです。たこ焼きの鉄板で焼いてるんですからw
メニューには「あんこ入たこ焼き」とありますが、タコは入ってませんwww

割ってみたところ。
割ったところ
皮がむに~んと伸びます。

外の皮はもちもち感がある柔らかなもの。
おそらく、米粉をかなり混ぜてるんでしょうね。
そして中の餡は甘さ控えめ。
普通の人でも1パックすぐ食べきれそうです。

製麺所のスイーツ、おいしかったです+゚。*(*´∀`*)*。゚+

陸奥館越館

ジャンル:中世平(平山)城
所在地 :青森県上北郡おいらせ町沼端 の南西端
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :御嶽八幡宮の境内に数台停められます。
登城日 :2017年5月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
不明。

【縄張】
不明。
遺跡指定範囲と現地の状況を考えると、台地上の墓地と御嶽八幡宮で一つの郭、同じく台地上の稲荷神社で一つの郭、北西部の現在工場になっているところで一つの郭、計3郭構造のように思えます。
ただし、工場建設の際に台地を削ったように見えますので、どこまでこの台地が原型をとどめているのかは不明ですので、かなり削っているとすれば、台地で一つの郭となる可能性もあります。

【写真】
車で来た場合はこちらの道を登って御嶽八幡宮に至るルートをお勧めします。
車の登り道
私は間違って墓地に登ってしまい、戻るのに苦労しました。

登ればすぐに御嶽八幡宮境内&墓地です。
稲荷神社方向
ちなみに、左に見切れているのが御嶽八幡宮の鳥居ですが、台地の端に近いです。
位置関係が・・・(^^;A

これが御嶽八幡宮です。
御嶽八幡宮
なぜ墓石なのかは謎。

次は館越稲荷神社を目指して、土塁状の道を西へ進みますとすぐ境内です。
稲荷神社のある郭
周囲にはわずかに土が盛られたような形跡があり、かつての土塁の名残かもしれません。

稲荷神社はこんな感じ。
稲荷神社

稲荷神社から御嶽八幡宮境内&墓地方向。
御嶽八幡宮方向

こちらが北西部にある平地の一部あたり。
北側
一直線に、かつほぼ直角に切れており、少なくともいくらかは削ったのではないかと思いす。

反対側。
南側
畑になっているところが一段高いため、もしかするとここにも郭があり、民家のあたりが堀跡だったのかもしれません。

わずかながらにかつての城館の雰囲気を残しています。

ラーメン長作

ジャンル:ラーメン・丼物
住所  :山形県北村山郡大石田町大石田乙529
電話番号:0237-35-3323
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日 :第1・3水曜日
駐車場 :8台(ただし、駅の駐車場が近くて・・・ゲフンゲフン)
HP   :食べログ

こちらのお店がある大石田町を含む北村山地方はそばの栽培が盛んな中山間地が多く、「そば」のイメージが強いのですが、地元民はそれしか外食がないわけじゃあありません。
こちらはラーメンのお店です。
外観
建物は新しいけれど老舗です。

以前のお店は昭和の匂いがする建物で、その時には一番人気のマーボーらーめんをいただきました。
その時は「辛くない麻婆はなあ・・・」と思い足が遠のいていました。
それが最近、「実はチャーシューが美味いらしいぞ」との情報を聞きつけて行ってきた次第。

メニューはこちら。
メニュー

メニュー
品数は少なめ。

で、チャーシューめんの注文になりました。
おっと、手もみめんも忘れてはなりません。

待っている間、ぼーっとテーブルを見ていると、辛味噌とすりおろしにんにくを発見。
調味料
大食いだったら、これをラーメンに入れて味を濃くしてライスをがっつり食べたいところ。

チャーシューめん到着。
チャーシュー麺
胡椒がデフォルトで少々載っていますが、私は全く気になりません。
特筆すべきはチャーシューの周り。
皮付きです(*゚Q゚*)
東坡肉(トンポーロー)と同じですね。

アップ。
アップ
太~極太の縮れ麺!(*゚Q゚*)(*゚Q゚*)(*゚Q゚*)

期待が高まります。
まず、スープは鶏ベースのしっかりとした出汁が出ていて普通においしい。
ただ、特徴は特になく、ややあっさり、ということです。

麺はちょうどいい茹で加減。
ツルツルした麺ですすりやすく、縮れているのでスープもぐいぐいと持ち上げてくれます。

そして、チャーシューが美味い!ヽ(≧∀≦)ノ
皮のゼラチン質なところと、赤身部分の柔らかくもしっかりした肉感、そして適度に柔らかい脂身!
・・・これ、厚切りにしてステーキ風に焼いたらおいしいかも・・・
塊で売ってくれないかなぁ・・・

陸奥下田館

ジャンル:中世~近世初期平城
所在地 :青森県上北郡おいらせ町舘越38−1(町立下田小学校) およびその北側隣接地
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :本村地区コミュニティセンター伝承館の駐車場をお借りするしかありません
登城日 :2017年5月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
来歴

【縄張】
ヒントがこの古絵図しかありません。
古絵図
現在小学校のグラウンドになっているところの中央あたりに水路が走っています。
これが堀跡だとすると南北の2郭構造だったのではないでしょうか。

【写真】
南辺、東辺は何も残っていません。
小学校の南辺
これは南側の写真ですが、東側も同様です。

西側だと水路が走っていて、かつての堀跡を思わせます。
小学校の西辺

そのまま北西隅に行きますと、ここは城館跡らしさをわずかに感じさせます。
北西隅

その先、コミュニティセンターの裏(北)側にもわずかながらかつての塁壁・堀を思わせる段差が残ります。
北側の堀跡か

また、北西隅には稲荷神社があります。
北西隅の稲荷神社
下田館築城の際に勧請されたものだそうです。

神社参道(稲荷神社と神明宮)です。
稲荷神社、神明宮の参道
写真左手が小学校敷地。
おそらく、かつての水路までこの参道と同じ高さであったのではないか、と想像します。
小学校建設の際に面積確保のための水路埋め立てと北側の高い部分を削ったのではないかと。

下田将監直徳築城とされるのであれば、まさしく短期間しか存在しなかった城館です。
・・・が、来歴が記載された説明板にある、それ以前に古館があった説に私も賛同します。
奥入瀬川の氾濫原もあり、その河岸段丘上の、この下田館があった地域も比較的平坦。
とすれば、農業の余地があり、小規模であろうと城館があっても不自然でないからです。
しかし、もうここまで開発されていれば、今から実証できるような古い遺物が発見される、なんてことは奇跡でしょうから、推測の域を出ないままになるでしょうね。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
42位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ