磐城嫁塚館

ジャンル:中世山城(根小屋式山城)
所在地 :福島県西白河郡西郷村羽太嫁塚 同・羽太狸屋敷 にまたがる一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :下羽太地区集落センターの駐車場を借りても大丈夫だと思われます
登城日 :2017年2月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
不明

【縄張】
不明。

福島県資料に従えば、東西に分かれた構造であったことは明白です。

【写真】
下羽太地区集落センターから撮影したもの。
このあたりが「根小屋」に相当する、城主の平時の居館になるはずです。
北西から見上げたところ
おそらく、小さな丘があったこの場所は、居館としての意味合いのほか、戦時には見張りや出城的な機能を発揮するようにしてあったんでしょうね。

また、この山肌を見ると分かるように、このような丘すらも相当改変されていて、とてもじゃありませんが、現在の地形を見て当時の縄張を読み解くのは困難すぎます。

この丘の最高所に神社がありますので、この神社の参道を登ることになります。
神社参道
・・・と、その脇にはこんなものが・・・
北側麓の腰郭のようなもの
ぱっと見は腰郭のようですが、ここも削り取られたような痕跡がありますので、もっと広い郭であった可能性が高いと思います。

丘の最高所には神社と祠があります。
最高所にある神社

最高所にある祠
丘を削った結果、このあたりがどの程度狭くなったのかは不明ながら、幅が狭いことから、櫓や館神を祀った場所と考えるのが適切なように思います。

神社を背にして東方向を撮影したもの。
神社から東方向を見たところ
この住宅地も遺跡指定範囲ですから、こちら側に居館部があったとは思いますが・・・
中央の公園? 個人所有の庭? あたりが館主の居館でしょうか?

結局のところ、破壊が激しく、よく分からない城館でした。

P.S.
西の本城と思われる山ですが、遺構がなにもないとの情報がありましたので登っていません。
スポンサーサイト

磐城花月

※前回の南湖公園同様、旧国名が廃止される以前からあるとされるものについては敬意をこめて、「都道府県名+市町村名」ではなく、旧国名を冠しています。

ジャンル:甘味処・そば・うどん
住所  :福島県白河市南湖2
電話番号:0248-23-3377
営業時間:9:00~18:00
定休日 :不定休
駐車場 :ざっと10台近くは大丈夫そう。
HP   :こちら(白川観光物産協会HP内)、Twitter

南湖公園からの続きw)

白河名物の一つ、南湖だんご。
南湖だんごの原型は南湖公園とともに誕生したとのことです。
桜の名所にはだんごはつきものw

南湖公園には南湖だんごを提供するお店が5店ほどあるようですが、営業している中で一番南湖が見えそうだったこちら、花月さんに決めました。
※しかも、お店として開店して160年ほどの歴史があるとのこと。
外観
お世辞にもおしゃれな外観とは言えませんが、昭和の雰囲気のある甘味処です。

朝食代わりのつもりだったので、入店は10時過ぎ。
客は私だけ。
で、席は選び放題って・・・おおうΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
店内掲示

店内掲示
ここにも小峰シロが居ようとわwww

それはさておき、だんごメニュー。
だんごメニュー
当然南湖だんごなのですが、気になるのは一番伝統的なのはどれか。
店員さんに聞いたら、やっぱりあんことみたらし。
それのミックス皿をお願いしました。

こちら、出来立て提供ということで少々時間がかかるので、メニューをひととおり眺めながら待つ。
食事メニュー

スイーツメニュー

スイーツメニュー

ドリンクメニュー
基本甘味処ですが、簡単な食事もできるようです。

で、だんご到着!
ミックス皿
一般的には串に複数個刺したスタイルですが、南湖だんごの基本スタイルは爪楊枝で一個一個いただくようです。
串に刺しているタイプもあるようです。
ただ、南湖だんごの歴史は長い。
おそらくですけど、貧しい人や食糧難の時期でも家族・親戚や知り合いでちょっとずつ食べて季節を楽しめるよう、つつきあえるこのスタイルが基本として生まれたのではないか、と勝手に推測します。

さて、お味ですが・・・
まず、だんご自体の食感が一般的なだんごと違います。
おそらく、白玉粉(もち米を挽いたもの)が多く使われているのかな?
・・・もしかすると、白玉粉だけかも。
一般的なだんごは上新粉(うるち米を挽いたもの)がメインかそれしか使わないはずです。

なにがどう違うかといいますと、表面が普通のだんごよりつるっとしていて、とにかく柔らかもちもち。
・・・じゃあもちなのか、と言われるとそれともちょっと違う。
まさしく、ぜんざいに入っている白玉のイメージです。

あんですが、みたらしの量が少ないように見えますけど、私的にはこれで十分だと思います。
足りないとは感じませんでした。
甘じょっぱくていい味付けで、まさしくみたらしのスタンダード的あじわい。

逆に、あんこが多いw
これも人によりけりでしょうが、私的にはこのあんこの量ならだんごあと6つはいけるwww

普段はあまり甘いものを外で食べることはありませんが、これはおいしいm9(゜д゜)っ
もち好きにはたまりません。

また、お店によって色々特徴があるようで、地元民にはひいきのお店があるのでしょうね。
さすがの歴史ある名所です。

P.S.
小峰シロについては筋金入りです、このお店www
限定絵馬
この絵馬はこの店限定だそうですし、そのほか様々、萌えキャラグッズの品ぞろえがすごいわ~w

磐城南湖公園

ジャンル:公園
住所  :福島県白河市南湖 地内
電話番号:0248-22-1147 (電話番号は白河観光物産協会)
営業時間:公園として開放部分は制限なし
定休日 :公園としての開放部分は特になし
駐車場 :250台
HP   :こちら(白川観光物産協会HP内)

【来歴】
この「南湖」自体は江戸時代後期に農業用ため池として造られたものですが、同時に周囲に散策路などを設けて公園化されたものです。
大名家などの個人所有の庭園ではなく、身分を問わずに解放された、日本最古の公園です。
説明板
老中首座を解任された松平定信が、自領開発にその能力全てをつぎ込んだと想像できる時期に完成しています。

松平定信(リンク先はWikipedia)

【マップ】
地図

地図

【写真】
そういえば行ったことないな、と訪れたのが南湖公園。
全景
冬の時期で水は少ないし、少々寂しい風景ですが、特に春の桜秋の紅葉は見事なようです(リンク先はそれぞれGoogle画像検索結果)。

付随している施設はいくつかあります。

池泉回遊式日本庭園の翠楽苑。
翠楽苑
入場は有料ですが、中でお茶と和菓子が楽しめる茶室もあるそうです。

明治記念館・藤田記念博物館。
記念館
こちらも有料のようですが、この日は開館しているようには見えませんでした。

説明板

南湖神社前に建つ松平定信立像。
定信立像

定信像といえば、翠楽苑前にもありました。
定信座像
こちらは座像。

こちらの座像の脇には略記が彫られた記念碑もあります。
定信記念碑

そして・・・(続くw)

「福島県白河市」焼肉ダイニング 蘭

ジャンル:焼肉・居酒屋
住所  :福島県白河市中町65 (楽蔵内)
電話番号:0248-46-3502
営業時間:11:30~14:30 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 :月曜日
駐車場 :楽蔵(らくら)共有の14台
HP   :Facebook食べログ

みなさんはカレーラーメン好きですか?
私は好きです。
邪道扱いされることが多いのですが、日本のラーメンは自由な発想で多種多様に変化しているので、カレーラーメンを邪険にしないでほしいと思っています。
・・・辛味噌ラーメンとか、激辛ラーメンとか、酸辣湯麺とか、辛いラーメンは世間一般に認知されているのに(T.T)・・・

ちなみに、私の中ではカレーラーメンは以下のように分類しています。
※これは私が食べたことがあるものを勝手にそう考えて分類しているだけで、一般的にはカレーラーメンの浸透度が低いせいか、そういう分類をしているものを見たことがありませんw 「お前ン中ではそうなんだろう」と思ってください。

【大分類】
スープカレー系・・・粘りのない、もしくはあってもわずかなスープのもの。カレーの味としてはスープカレー系統の味だったり、エスニックだったりします。ただし、必然的に和風・欧風カレーではありません。
カレー南蛮系・・・そばやうどんのカレー南蛮同様、粘度のあり・なしではなく、もったり系の和風とか食堂系のカレーを合わせたもの。

【小分類】
スープカレー系
1 スープカレータイプ・・・札幌発祥とされるスープカレーに似たタイプ。ただし、カレーラーメンの方が先に日本で提供されているはずです。
 (地域的なもの)北海道室蘭市~苫小牧市を中心とした室蘭カレーラーメン、青森県青森市の味噌カレー牛乳ラーメン(室蘭カレーラーメンの派生かな?)。
2 エスニックタイプ・・・タイのグリーンカレーのような、東南アジア系統の香辛料が効いたタイプ。
 地域的なものは聞いたことがありませんが、新メニュー開発に熱心なラーメン屋さんの中にあることがあります(例:「山形県山形市」次元(リンク先は食べログ))。

カレー南蛮系
1 混ぜタイプ・・・和風か食堂系カレーを出汁で解いた、最初から混然一体となっているタイプ、だいたい粘度があるものだと思います。
 (地域的なもの)新潟県三条市の三条カレーラーメン(混ぜられているのは食堂系カレーが主流のはず。また、中には後がけタイプもあるかも)
2 後がけタイプ・・・ラーメンに和風か食堂系カレーを後がけするタイプ
 地域的なものは聞いたことがありませんが、食堂で見かけるカレーラーメンはこのタイプが多いと思います。このタイプは粘度なしかあっても弱いと思います(カレーの量による)。

基本的に私が好きなのはスープカレー系(と私が勝手に呼んでいる)ものです。
で、「にくきゅうの楽園」さんでそれらしいのを見つけたのがこちらのお店のカレーラーメン。
本日現在、「ライスじゃないカレーシリーズ」が12回で終了していましたが、その第2回目でここを見つけたのです。

前置きが長くなってすいませんm(_ _)m
話を本筋に戻しまして、お店はこちらです。
外観

店頭にあるおすすめメニューのボード。
店頭のメニュー

メニューを確認(一部のみ掲載)。
唯一の日本酒メニュー

焼酎

焼肉

焼肉

麺類等

まあ、オーダーはもう決まっています。
カレーラーメン

カレーラーメンのアップ
麺が中細~中太の縮れ麺ということで、見た目としては白河ラーメンの麺の特徴は押さえています(でも、ちょっと黄色いかな?)。

お味ですが・・・
で、お味ですが・・・
私の個人的分類においてはスープカレー系のスープカレータイプ。
ピリッとした辛さは、青森の「味の札幌 大西」(リンク先は食べログ)さんの味噌カレーラーメン(味噌カレー牛乳ラーメンの牛乳なしバージョン。別に裏メニューじゃありません)に似たレベルの辛さです。
子供さんや辛いのがダメな人は食べられなさそう。

そして、辛味はカレー系統の香辛料なので当たり前ですが、カレー風味はバッチリ効いてます。
麺は、コシありの固め茹で上げで好みですが、特徴はありません。
食感はあまり白河ラーメンの麺っぽくはないかな?(わずか数店しか行ったことないのですが、それらすべてと共通する点がない)
とはいえ、カレー風味が効いているラーメンなので私のバカ舌では分からないだけの可能性がありますw

カレーラーメンはニッチなので、カレーラーメンについてあーだこーだと書きましたが、結論は一つ。
まさかまさか、白河でひさびさの好みなタイプのカレーラーメンを堪能できるとは・・・おいしかったです。

P.S.
ランチメニューの方がやはりお得でした。
ランチメニュー

磐城新城館

ジャンル:中世平城
所在地 :福島県白河市大信中新城内屋敷 の一部(その東の村内地区も一部城館の可能性あり)
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年2月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
西に1.5㎞ほど離れたところに古館館があることから、これに対して「新城館」の名称が用いられたと考えられます。

築城時期や築城主などは不明ながら、「武家家伝」さんの記載によると、「天文三年には、岩城重隆の息女の結婚をめぐって、伊達・葦名・二階堂・石川の連合軍が白川領の新城を攻めている。」とあるので、位置関係から、この「新城」は新城館を指すのではないかと思います。

【縄張】
不明。
現在の遺構はわずかしかなく、改変も激しいので予測は困難ですが、単純な構造ではないものと思われます。

【写真】
唯一明瞭な遺構で、ここだけが遺跡指定範囲となっている土塁の一部。
土塁もしくは櫓台
わずかに堀跡のようなくぼ地を伴っています。

ここを北東方向から見るとこんな感じです。
土塁もしくは櫓台

北側から見たところ。
土塁もしくは櫓台

最初は単純に土塁と思いましたが、結構幅があるので、土塁に連結している櫓台部分だけが残ったのかもしれません。

この土塁(もしくは櫓台)の北東には鹿嶋神社があります。
鹿嶋神社
周囲よりもわずかに高いので、ここも郭だった可能性があると思います。

神社境内入り口の右手(東)にはこんなものもありました。
土塁状のもの
後世にわざわざ土を盛るとも考えにくいので、土塁跡の可能性はあると思います。

神社境内。
鹿嶋神社境内
これといった遺構はありません。

古館館も新城館も破壊が進みすぎで残念でした。
もしかすると、天文三年(1534年)に攻められた際に廃城となり、以後は農地、宅地と化してしまっていったのでしょうね。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
49位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ