羽後赤尾津城

ジャンル:中世山城
所在地 :秋田県由利本荘市岩城下蛇田高城3 一帯
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :主郭(本丸)に駐車場があります
登城日 :2016年10月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
説明
ちょっと読みにくいので、テキストに起こしてみました。

『高城山の由来(標高173m)

 高城山は西暦800年ころの昔は天鷺山と呼ばれ、豪族天鷺速男が居館を構え、付近一帯を天鷺郷と称し支配していたが、坂上田村麻呂に滅ぼされたと言い伝えられている。
 中世に入り本町から松ヶ崎及び大内町の一部の地域が赤宇曽郷と呼称されたが、由利十二頭時代は赤尾津氏が居館を築き近郷を支配していた。
 関ケ原合戦後、由利本荘地域は最上義光の領有となり、家臣の湯沢豊前守満茂が1603年に赤尾津(亀田)の地に入り、高城山を居城と定め、赤尾津満茂と名乗り、本城由利地方の殆どを支配したが、1610年に居城を本荘市に移し、本荘満茂と改名して統治を続けた。
 元和9年(1623年)に岩城氏が亀田藩主となって入部して高城山麓に陣屋を構築したが、場所は現在の亀田小学校付近と思われる。高城山の呼称は、山頂に古い時代に城が築かれてあったことから名付けられたと推定される。
 古の武将の興亡と歴史の変遷を偲び、赤尾津時代、この地を尋ねた連歌師山本宗佐の句(文字は伊藤春草筆)を刻み、本丸城址公園を整備して後世に伝えるものである。

平成10年7月吉日
岩城町長 前川盛太郎 撰文』

【縄張】
特にいい図がないので、高城城址公園の案内板で代用します。。
公園の案内

【写真】
山中の道路を上へ上へと進むと、案内標識が設置されています。
案内標識

主郭(本丸)には駐車場と展望台が整備されているので、こちらから。
主郭

中央には立派な城址碑が建ちます。
城址碑

主郭は南北に細長く、南側を除いた三方はかなりの急斜面で守られています。
主郭の周囲

写真を撮り忘れましたが、非常に急峻な山城のため、とても眺めはよかったです。

しかし、整備状況がそれなりにいいのはここだけ。
本丸から車で降って、「天鷺ワイン城」なるプラムワインの製造工場の東側から二の郭(二の丸)にアクセスしようとすると・・・
二の郭への道
行き止まりで、かつ進む先は藪状態。

じゃあ、三の郭(三の丸)はどうか、というと・・・
三の郭への道
見える屋根はたしか、赤尾津城に関する資料館か何か(すでに閉鎖済み)ですが、門は閉鎖。
そこから左手に降る道もあるのですが、その先は農業用と思われる倉庫。

公園の案内や立派な城址碑を見ると、整備当時(平成10年)はだいぶがんばって整備したようですが、集客力がなかったのでしょう、主郭以外は放棄された城館遺跡となってしまいました。
スポンサーサイト

「秋田県にかほ市」にかほ市観光拠点センター にかほっと(の中の三左衛門)

ジャンル:レストラン・軽食・地産品
住所  :秋田県にかほ市象潟町大塩越36−1
営業時間:9:00~21:00(店舗ごとの営業時間あり)
定休日 :第3水曜(7、8月は無休)
駐車場 :たくさん
HP   :こちら

こちらは道の駅象潟に隣接した施設ですが、あくまで別施設なので分けてご紹介。
にかほっとの外観
かつてはプレハブの長屋があり、軽食や魚介類、野菜などを売っていたあたりに立派な施設となって誕生したのが「にかほっと」です。

中に入って左手側に並ぶお店は、かつての長屋の住人達です。
鮮魚店など

さらに進むと、ラーメン屋さんやパスタ屋さんなどがあり、中央に共同の飲食兼イベントスペースがあります。
飲食&イベントスペース
広いし、天気を気にしなくていいので快適です。

さて、今回のお目当てはこちら。
三左衛門の外観
アメリカン・ファストフードのお店です。

ですが、ただのファストフードじゃございません。
三左衛門メニュー
ちょっとお値段は張りますが、比内地鶏のフライドチキンが目を引きます。

で、これ。
比内地鶏の三左衛門チキン
比内地鶏の三左衛門チキン。
つまりはチキンナゲット。
一個一個の大きさが普通のファストフードの倍以上です。

断面(かじったところで失礼!)
三左衛門チキンの断面

お味はですね・・・
お肉はむね肉主体でしょうね。
しっとりしつつあっさりで、かつお肉のうまみが感じられるもの。
ソースは今回バーベキューソースにしましたが、甘さはあまり強くないので、お肉の良さをスポイルしないと思います。

個人的には、表面がもうちょっとカリッとしていたら最高です(´∀`*)
まあ、これは好みの問題なだけです。

もうひとつがこちら。
比内地鶏のフライドチキン

比内地鶏のフライドチキン。

断面(こちらもかじったもので失礼!)
フライドチキンの断面
子供の握りこぶしぐらいのごろっとした一品です。

お味ですが・・・
三左衛門チキンとは違ってにんにくを利かせたがっつり系。
お肉はもも肉で、一口かじれば肉汁がじゅわっとします。
衣はさくっとクリスピー。
ビールのお供には間違いない逸品です!ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

ハンバーガーにも興味がわいてきました。
またいかなければ!m9(゜д゜)っ

羽後塩越城

ジャンル:中世~近世平城~代官所
所在地 :秋田県にかほ市象潟町一丁目塩越 および 二の丸 一帯
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :小浜唐ヶ崎会館(集会所)を借用するしかありません
登城日 :2016年10月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
説明板

【縄張】
詳細不明ながら、東西218m、南北327mと記載があるので、かなり小規模であることは分かります。

【写真】
集会所脇にすぐ本丸石垣がありました。
北東角
本丸北東角石垣
雑草が多くて分かりにくいですが、あまり技巧的な石垣ではなさそうです。

東側
本丸東側石垣
石垣は土塁部分の1/3程度の高さしかありません。
もともとこういう構造(腰巻式石垣)なのか、崩落や建材として持ち出されたのか、理由は不明です。

南側からの遠景
本丸の南側からの遠景
こちら側は石垣は残ってなさそうです。

内部はGoogleMapで確認すると畑のようですが、入り口が分からず、入っていません。

これで終わりかな、とこの場を離れると、妙なものを発見しました。
なぞ
こちらも崩落している石垣です。

・・・こんなところに石垣が残っている、という情報は知りません。
しかし、場所的に本丸近くなので確認しようと、回り込んでみることにしました。
なぞ
石垣となっている小山の南側です。
・・・知らない人だw

その先には神社がありました。
なぞ

登ってみると、最高所にも石が・・・
なぞ
石垣や建物の礎石にするのにちょうどよさそうな石です。

遺構かもしれないけれど、あくまで神社の石垣かもしれない・・・
積み方が本丸石垣に似ているから、自分の中で「遺構である」ということにしました。

「秋田県にかほ市」道の駅 象潟 ねむの丘

ジャンル:道の駅・お土産・産直・レストラン・軽食・温泉
住所  :秋田県にかほ市象潟町大塩越73−1
営業時間:
 物産販売:9:00~19:00
 レストラン:11:00~16:00、17:00~20:30(L.O.20:00)
 温泉:9:00~21:00
定休日 :不明
駐車場 :たくさん
HP   :こちら

この道の駅は非常に盛りだくさん。
普通の道の駅に温泉施設までついている、決してここだけではないものの、数少ない大規模複合施設なのは確かです。
ここ一か所でほぼすべてが賄えるので、車中泊にもってこいの道の駅です。
外観
温泉は展望風呂になっていまして、4階までエレベーターで昇ります。

1階は物販です。
店内

久しぶりにご当地牛乳です。
ジャージー牛乳

ジャージー牛乳
このときは10月下旬だったので、乳脂肪分が上がり始めた時期でした。
あっさりながら乳脂肪のコクがあってなかなかよかったです。
ベストな時期は12月~2月くらいかな?

外の軽食コーナー
軽食コーナー

当然のように立ちそばを注文(※別に立ちそばマニアではありません)。
立ちそば

アップ
立ちそばアップ

・・・お味はですね・・・
ノーコメントとさせていただきますm(_ _)m
あくまで立ちそばであるという、手軽に食べることのみに特化しているものとお考えください。

こちらのてんかすは入れ放題です。
味を変えるために入れてみました。
てんかすイン
・・・すぐ溶け出すタイプです。
私の好みではないです。



気を取り直して、最後におまけ。
おまけ

おまけ
ここに大洗町のお土産があったようですが、売り切れ状態でした(たしか、朝10時ぐらいだったはずなんだけど)。

羽後青塚山砲台場

ジャンル:近世台場
所在地 :秋田県にかほ市象潟町二丁目塩越188-1
お勧め度:★★★☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :5台程度
登城日 :2016年10月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
説明板

【縄張】
砲台のため、非常にコンパクトなので省略

【写真】
あくまで砲台のため、海のそばの微高地に築かれたものです。
高低差も5~6mといったところ。
砲台を下から

駐車場の脇には登り口があります。
南からの登り口
途中、屈曲がありますが、これは白兵戦を想定したものではないと思われます。

登りきると、不整形のおおよそ2~30m四方程度の平場があります。
内部(手動パノラマ)
手動でパノラマ化したので、写真の継ぎ目に多少のずれがあるのはご容赦を。
それはさておき、だいぶ狭い。
大砲が何門あったかは不明ですが、説明のとおり5人が配置されただけなら大砲は一門程度でしょうから、このぐらいが適正なのかな。

海側には低いながら塁壁が残ります。
塁壁
おそらく、砲撃を受けた時の衝撃に備えたものと思われる石積があります。
印象的な話ですが、おおよそ当時と高さは変わっていないものと思います。

そのまま北の登り口へ(この場合は下り口かw)
北西端にある小郭状のもの
砲台から見ると一段下がったところに小さな郭のようなものがあります。
とても小さく、数人でいっぱいいっぱいレベルです。

そのあたりを下から見上げたところ。砲台を北西から
大きい石がごろごろしてました。
個人的印象ですが、実戦時に指揮官はここから指揮をしていたのではないか? と思いました。
当時の砲の射程距離なんか数㎞程度ですから、戦闘指揮のために高い場所にいる必要もなく、また、全滅の可能性を少しでも下げる意味もあるのでは、というのが根拠です。

当時の帝政ロシアを警戒した、ただし、実戦がもしもあったらあっという間に無力化・制圧されたであろう砲台跡です。


訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
49位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ