ぐっと山形&食の駅(山形県観光物産会館)

ジャンル:食事・お土産、産直
住所  :山形県山形県山形市表半郷68
営業時間:9:00~17:00
定休日 :何かない限り無休
駐車場 :いいいっぱいw
HP   :こちら

2016年4月、山形県観光物産会館がリニューアルしました。
以前は食事処が少なく、食事というよりお土産物を買うのがメインでしたが、お土産のほか、イートイン・テイクアウ・産直が大幅に拡充されました。

【外観】
こちらが、イートインとお土産中心。
スペースの広さはそれぞれ半々ぐらいかな。
ぐっと山形(イートインとお土産)

こちらが、産直。
地元の野菜、肉類、お菓子などが買えます。
食の駅(産直)

【食事系】
ぐっと山形の建物北側(上の外観写真の左側)にお店が5~6店舗並びます。
地物のお肉、そば、牛乳関係を中心に品ぞろえがあり、3世代家族で来てもそれぞれ食べたいものが見つかるでしょう。
食事処

甘味処

こちらだけ、ちょっと並びが違って、ぐっと山形の中央エントランス近く(上記外観写真でいうと右側)にあります。
食事処2

・・・この日は、すでにラーメンを別のところで食べていたので、スイーツのみ。

放牧酪農牛乳で作った飲むヨーグルト
ヨーグルト
最初は無糖ですので、お店にあるガムシロップで甘みを足します。
今回は2個。
私的にはちょうどいい感じの甘さでしたが、甘みがほしい人は味を調整してください。

かなり濃厚なミルク感のあるヨーグルト。
森永とかの飲むヨーグルトに比べると、粘度が高く、かつ渋みも強い。
けっこう満足度が高いです。

そして、こちらが抹茶ソフト
抹茶ソフト(一番抹茶が濃いやつ)
一番抹茶が濃いやつにしてみました。

ミルク感が強いのですが、ちょっと抹茶に負けてる感じ。
ミルクの味を重視すれば、もうちょっと抹茶が薄いやつを選んだほうがいいかなー。
いや、でもお茶好きならこれもありだと思います。
おいしいですね(^∇^)ノ

これらは、上の写真の茶蔵さんで購入したものです。

山形に車で来られたら、こちらはお勧めです。
(一応バスでもこれます。バス停は表蔵王口。ここで止まる路線は2つ。山形駅のバス路線図だと、「高松葉山行き」と「蔵王温泉行き」ただ、本数は1時間に1本程度とお考え下さい。また、タクシー利用なら、最寄り駅はJR奥羽本線蔵王駅(たしか無人駅)から。距離からすると、1~2千円ぐらいだと思います)
スポンサーサイト

山形市立最上義光歴史館

そういえば、リンクを貼りつつ紹介はしていなかったので、ご紹介します。

住所は「山形県山形市大手町1-53
平成元年会館で、規模そのものは小さいけれど、一人の武将を中心としているということではあまり多くない歴史博物館です。
なお、入館無料
また、車の方も、桜の季節やイベント、スポーツ大会が開かれていなければ、山形城二の丸内にある駐車場を無料で利用できます(最上義光記念館まで直行なら徒歩数分~10分程度)。駐車場の入り口は北不明門となります。

内部は「写真撮影禁止」と大書された掲示がなかったと思いますが、でも、やっぱりこういうのはあまり写真に撮るのは失礼かな、とちょっとしか写真撮影はしてません。

写真規制されることはありえない外観www
歴史館の外観の東側

歴史館の外観の西側
一枚に収まらないので、上が建物西側、下が建物東側です。

また、後ろにある建物は税務署。
最上義光歴史館は平屋です。

入館すると、真正面にあるのがこれ。
最上義光と駒姫の人形展示
最上義光とその末娘である駒姫の人形です。
ただし、顔だちなどが忠実かどうかは・・・

内部にはあまり多くはないながら、いろいろ展示されています。

やっぱり、一番はこれかな。
最上義光所用の兜
最上義光所用「三十八間総覆輪筋兜」!
北の関ケ原ともいわれる、最上VS上杉の合戦で、西軍敗北を聞いた上杉勢が撤退するのを最前線で追いかけた最上義光が配下武将を失い、また、自身も鉄砲被弾(どうやら、少なくとも本人は大きな傷はなかった模様)した跡が兜にあります。
・・・その個所の写真撮り忘れましたwwww

その背後にあるのが家老所用の甲冑。
家老鳥越氏所用の甲冑
その家老は鳥越氏だそうです。
写真がアレなご紹介でしたが、この鳥越楯の楯主だと思われます。
鎧の名前が、「紺糸威五枚胴具足(こんいとおどしごまいどうぐそく)」。
実物の小ささに、あの当時の栄養状況の悪さが見て取れます(戦国時代のころは小氷河期だったため、どこも食糧事情が良くなかったそうです。なら、寒冷地である山形はもっとひどいということに...)。

他にも、文や器などの展示がありますので、山形城訪問の際には是非に。

羽前成島城

ジャンル:中世平山城
所在地 :山形県米沢市広幡町成島1057−2(成島八幡神社)
お勧め度:★★☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :近くの公園の駐車場が利用できます
登城日 :(忘れた)年(忘れた)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
北側にある「成島ワクワクランド」なるスポーツ公園からは南に向かって山林に突入すればすぐです。
ただし、夏はやぶだし、春・秋も通過環境としてはあまりよくありません(藪城に比べれば問題ないレベルですけど)。
東側の丘の麓からなら、神社までの参道があるので問題なし。
ただし、ここには駐車場はありません。

【遺構】
成島八幡神社が主郭と思われます。
その背後(北西方面)に土塁・虎口らしきものがあり、さらにその背後には空堀や土塁であったであろう地形が遺ります。
また、成島八幡神社の上り口(南東方面)には、かつての堀跡を利用したものではないか? と思われる水路があります。

【来歴】
不明。
記録にない城ですが、空堀がかなり入念に施されているので、小規模ながら(今確認できる以上に大きいかも?)築城当時は重要な支城だった可能性があります。
ただ、伊達氏が本城を館山城に移した頃(もしくはその前)には、距離の近さから、廃城され、神社が遷座されたものと思われます。
成島八幡神社の説明板
この地が城館であったことは一切記載がないのが残念(;д;)
自分が間違っているのではないかと不安になりますw

【写真】
登城口
成島八幡神社の参道。登城道か

そのまま参道を登っていくと
成島八幡神社。主郭と思われる
主郭だったと思われる、成島八幡神社の本殿に行きつきます。

その神社の背後(北から西ぐらいまで)には、土塁らしきものが遺ります。
成島八幡神社にある土塁状のもの

そして、その土塁らしきものにはかつての虎口らしき切れ目があります。
成島八幡神社の土塁状のものにある、虎口状の切れ目
食い違いすらない、ただの切れ目のような構造が、中世初期に廃城になったと思わることを感じさせます。
・・・本当に虎口なら

その背後には空堀が姿を見せます。
成島八幡神社の土塁状のものの背後の空堀
※このまま先(写真でいうと上。北方向)に進むと、「成島ワクワクランド」に出ます。

成島八幡神社にある土塁状のものの背後の空堀
勝手に想像しても、幅も深さもたいしたことないと思いますが、背後の丘陵から区画するためにけっこう念入りに空堀を施したのだろうと思われます。

ちなみに、神社の参道手前には、かつての堀を利用したのではないか、と思われる水路もあります。
成島八幡神社の参道手前にある水路

アメリカ合衆国海軍 ズムウォルト級ミサイル駆逐艦

あんまり詳しくはないのですが、こういうのも嫌いじゃないのです(*・`ω´・)ゞ

宇宙世紀の始まりか! とでも思わせる外観です!!(※宇宙世紀についてはぐぐってくださいw)
ズムウォルト
この写真だけ見ると、「おいおい、大気圏突破するのかよ?」とか「いきなり潜水開始しそうだな」とか思ってしまいましたが、残念ながら普通の水上艦ですwww

2016年就役予定の最新鋭のステルス型のミサイル駆逐艦(google画像検索へリンク)。
その級名どおり、1番艦の名前は「ズムウォルト」。2番艦「マイケル・モンスーア」、3番艦「リンドン・B・ジョンソン」も建造されています(詳細は、こちら

しかもしかも!
これが佐世保に配備される予定だそうな!!

中国を中心に乱れてきているアジア情勢、という不安は不安として・・・
ただただ単純に、佐世保に行ければこれが見れるかもしれない! という子供じみた話なだけです。

「山形県西川町」八ツ楯沢の水

ぷらぷらっとドライブ中、「あるもの」が見えたのでこちらで休憩。

月山湖(ダム湖)のとなりにある月山湖水の文化館(売店、レストラン、展示スペース)。
住所は山形県西村山郡西川町大字砂子関字八ツ楯沢158-130
小さな建物ですが、トイレ休憩には便利ですし、季節の山のものが売っていたり、ちょっとした軽食(焼きそば、餅、山形名物玉こんにゃくなど)もあるし、ちゃんとした蕎麦をメインとしたレストランもあります。
水の文化館など

何が売ってるのかな~などと歩いていくと!
八ツ楯沢の水
おお、水じゃないか!

なんていう名前だろうか? と見上げると・・・
看板
読めん!!!wwww

お店の人に聞くと、「八ツ楯沢の水。ここの水は近くの『山水』だよ」と教えてくれました。
この辺りはブナの原生林が広がっていて、また、雪が多い地域(冬になると、豪雪関係のニュースで西川町大井沢、という名前が時々出ます。大井沢はちょっと離れているけど、とんでもない豪雪なのは間違いないです)。
湧き出た水が沢を作り、その水を引いているんだろうなー、と勝手に考えます。

水の味はやや柔らかめ。
水温は5度よりは高いけど、10度よりは低いかな? という印象でした。
うん、おいしいおいしい(*^_^*)

ちなみにすいません。
昼食食べた後だったので、お土産買っただけで何も食べてません。

水の文化館の中には、売店のほか、こんな常設展示(かな?)がありました。
水の文化館内部
小さな子供が食い入るように見てました。
この写真はメダカですが、ほかにも5個ぐらいの水槽があります。

・・・ああ、そうそう、最初に書いた、「あるもの」はこれです。
大噴水
水面から最大112mも吹き上がる、日本一の大噴水だそうです。

詳しくはこちらをどうぞ。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
64位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ