「岩手県久慈市」JR久慈駅-三陸リアス亭

東日本大震災から約半年後、以前にもアップしておりますが、久慈(その後も2~3回行ってますけど)に行ってきてました。

以前はまめぶという郷土料理のお店ですが、今回は侮れない駅グルメです。

三陸鉄道は寸断され、復旧に願いを込めていました。
北リアス鉄道久慈駅

ただ、駅グルメとして有名なのはそのすぐ隣にある、JR久慈駅の三陸リアス亭さんです。
三陸リアス亭
幻の駅弁とまでいわれる、1日20個限定、予約必須とも言える「ウニ弁当」(食べログのリンクです)
ご飯の上に蒸しウニがこれでもかと敷き詰められた、ウニ好きにはたまらない弁当です。

・・・ただ、当時はそもそもウニがなくて作れないということでした・・・(TT)

でも!
駅そばも捨てたもんじゃありません!!
駅そば
はっきり言います。
そば自体は、例えばJR奥羽本線村山駅とか、山形県戸沢村の白糸の滝ドライブインの方がうまい。

でも、つゆはこっちの方がうまい!!!(ちょっと悔しいw)
出汁はまさしく本格派。
食べた瞬間、おばちゃんの背中が職人に見えましたよ!!wwww

ご興味のある方はぜひご賞味を。
スポンサーサイト

長谷堂合戦の模様が自分のものに!!

前にこんな記事を書きましたが、それが皆さんのお手元にお届けできるようになったそうです。
クリアファイル
最上義光記念館のお土産として最適じゃないでしょうか。

山形新聞HPに記事がなかったため記事を写真に収めて掲載しました。著作権上問題があると思いますが、山形の情報を少しでも広める良い効果もあると思いあえて掲載しています。著作権者が好ましくないとのお考えであればお手数ですがコメントください。速やかに写真を削除します。

庄内映画村

ずっと気になっていたんです。
庄内映画村
藤沢周平の映画化作品や、デンデラなどの時代劇で使われたオープンセットをメインに公開されています。
その中で、私はどうしても見たいものがありました。
そう、大河ドラマ風林火山で躑躅ヶ崎館の大手門だったロケセットが移設されているのです!

とういうことで先日(2012年5月20日)行ってまいりました。

出入口です。
入口
まあ、ありがちな外観ですが、長屋門風にしか造れないのでしょうがないでしょう。

ちなみに、そのすぐ脇、無料で見学できるのがこちら。
鶴の湯
「おくりびと」で使われた本物の銭湯です。
廃業に伴って壊されるのを惜しみ、映画村に移築されました。

外観だけではないですよ。

番台
番台

脱衣所
脱衣所

風呂場
男湯
もう、昭和中期の匂いがぷんぷんです!

・・・さて、入場料ですが、大人1,600円です。
・・・高い・・・でも・・・と迷いつつ入りました。
なお、男女カップルなら3,000円とちょっとお得になります。
また、村内の移動は歩くかバスしかありませんが、バスは有料で、乗り放題で500円です。

村内はいろいろなエリアに別れていて、標高の高いところからいきますと、「山村」、「宿場町」、「戦国」、「姥捨山」、中央のエントランスエリア、「農村」、「漁村」というようになっています。

印象に残ったところをいくつか写真でご紹介します。

農村から漁村に変化していく途中にある商家屋敷。
商家屋敷の門
立派です。
「映画のロケセット=ハリボテ」でない、数少ない事例ですね。
中の屋敷も立派なもので、敷居の高さの再現など再現度合いがかなり高いレベルではないかと思います。

座頭市(香取主演)で使われた集落風景(商家屋敷からちょっと下ったところです)。
町並み
ここに雪が降るとワンシーンの再現になるはずです。

宿場町の風景はこんな感じです。
宿場町
ここでは十三人の刺客が撮影されたそうです。

そして、もっとも見たかったのがそう、戦国エリアの大手門!
大手門正面
正面からの堂々とした姿!
武田菱が映えています!

門の形式は? と見上げてみれば薬医門。
薬医門
おお~立派!

ただし、問題が・・・
実は門の主要部は人も乗ったので頑丈ですが、それ以外が貧弱。
つっかえ棒でかろうじて支えています。

そして、大手門正面に向かって左側にはなぜか大砲がwwww
武田氏は大砲は所持していなかったと思うんだけど・・・

極めつけはこの堀・・・
堀
赤茶けて水位も低い・・・
水は豊富なんだから、ここはぜひともなんとかしてほしい。

ちなみに、いつになるのかはまだ不明ですが、近々「おしん生誕の家」が敷地内に移設されるそうです。

時代劇が好きな方なら楽しめるはずです(ただし、過度の期待は危険ですw)。

伝「新庄城から改植された松」

山形県新庄市には新庄城がありました。

そこにあったのは戸澤藩。
外様ですが、徳川の譜代中の譜代、鳥居氏の姫をもらって譜代並みの扱いを受けていました。
しかし、戊辰戦争ではあっさりと新政府に味方し、それを怒った庄内藩酒井氏の猛攻を受けて新庄城は焼失しました。

しかし、その城にあった松がいまだに山形県最上総合支庁の表玄関前で生きているという噂を聞き、写真を撮ってきました。
新庄城から移植された松かな?
あくまで公式記録のない話ですが、本当だったら素晴らしいことです。

羽前米澤城三の丸

米澤城そのものについてはこちらをご覧ください。

数年前に見かけてずっと気になっていたのがこちら。
土塁を内側正面から

こちらは、外側から見上げたところ。
土塁を見上げた

前々から気になっていたんです。
多分土塁の残りだろうな、と。

いつの間にかこんな看板が立っていたので間違いございません。
公園予定地の看板
どう整備されるのか、期待と不安が交錯してますw
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
42位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ