陸奥浪岡城

ジャンル:中世平(崖端)城
所在地 :青森市浪岡大字浪岡字五所
お勧め度:★★★★★
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :駐車場は城の下、河川敷にあります。
登城日 :(忘れた)年(初秋頃)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
平城なので省略
地図

【遺構】
空撮写真をご覧ください。
さすがに完存とまではいきませんが、主要部の堀、土塁、郭がよく残って、また復元整備されています。
中世の遺構をよく残し、かつ過剰整備されていないという、近代以前に廃城となった平城としてはかなり珍しい部類です。

【来歴】
北畠氏と浪岡城

現地説明板。
現地説明

【写真】
浪岡城管理棟近くから見上げた浪岡城。
城址碑
河岸の上の平城、高低差、要害性は根城(後日アップします)よりも低いものの、南部氏流の築城術が強く出ています。

登っていくと、各郭は完全に空掘で遮断されており、移動はすべて木橋に頼っていたようです。
空掘と木橋
ちなみに、城内は北館を除いて草原状態。

そして、主郭たる内館と軍事上の要である北館の周囲は二重堀になっています。
北館の二重堀

北館は発掘結果がわかりやすいよう、壁の位置や井戸の位置などが示されています。
北館の中

北館の中の通り

説明

北館から内館の間も二重堀です。
内館と北館の間の二重堀

内館の虎口。
内館の虎口
根城の主郭と同様、どんと郭の切岸にぶつかったあと、左右に通路が分かれて両方とも坂虎口となる構造です。

内館に立つ明治創建の城址碑。
城址碑

全体的に草が多くて困りました。
肉眼で見る分にはそんなでもないですが、写真にするとほんとにわからなくなります。
草刈はしているようですが、でもやっぱり草が少ないシーズンがお薦めです。
スポンサーサイト

今日は半日外回りでした

外回りついでに羽前金山城に伝移築大手門をアップしておきましたので、そちらも見ていただけるとうれしいです。

さて、今日の山形県最上地方(山形県は左側から見た横顔に似た形になってまして、最上地方は後頭部にあたる部分です)は大変天気が良くて、移動距離が長い分、快適なドライブを兼ねた仕事となりました。

お昼の時間になったので、休憩ついでに写真をパチリ。
最上地方のひとつ、真室川町の野々村地区にあるため池から見た鳥海山です。
鳥海山
「出羽富士」と称される鳥海山がもっとも映える場所のひとつ(個人的には一番)です。
ただ、寒くなると水鳥が多くて「逆さ鳥海山」にならないのが残念ですが・・・

ここは平成元年に造られたため池ですが、農業用水目的なのに多数の渡り鳥が越冬するようになったことから、渡り鳥に住みやすい環境に改良されたのです。
多数の水鳥が羽を休めていて、白鳥もいました。
渡り鳥たち
もう少し寒くなるとかなりにぎやかになります。

多種類の水鳥
水鳥はこんなにいるんですねー。

もうひとつ感動というか、感心したものがありました。
唐箕(とうみ)です。
唐箕
唐箕については、リンク先のwikipediaで見ていただくとして、これがいまだにあるとは・・・
と思って検索したら、今でも同じ原理のものがあるんですね・・・

やっぱり、先人の知恵は現代でも生きている、ということです(大規模農家はこれでは対処できないですけど)。
ちなみに、この農家さん、試しにそばでやってみたとのこと。
「ちゃんと使えた」
ということでした。

昭和20年代の代物が出てきて、かつ使い物になるというのはすばらしいです。

・・・ちなみに
籾の入り口
一番上にあるところに籾をいれ・・・

送風
上の写真の右側にある送風機を回すと、中身がない籾やごみが飛ばされて上の写真の左側に送られ、ちゃんと実が入った籾だけが下に落ちる、という仕掛け。

風を送る力が強すぎても弱すぎてもいけない、という(コツさえつかめば難しくはないでしょうが)職人芸が日本人の食を守っていたんですね・・・

「食育の一環で小学生に使わせたらどうですかね?」と軽く言ってみると、その農家さんは「ああ、いいかもな(※注釈。この地域の小学校は食育のための水田がありますが、機械処理が必要な脱穀~精米までは協力農家の方がやっているようです)。」という、心の広いお言葉。
写真を見てもらえば分かるとおり、だいぶ手を入れてきれいにしないとこんな感じになっているはずがありませんから、正直もったいない、という気持ちがあるはずですが、それよりも、「おいしいものを食べるには苦労がある」ということを知ってもらいたかったのでしょうね。

これに千歯扱き(たしか母方の実家にあったような・・・)と籾すり機があれば、昔(といってもほんの数十年前)の食べ物がいかに貴重だったかの一部を体験できる食育になるはずです。

久慈市と私の縁

あにきのずんどこさん経由だと思いますが、くじまめぶさん(久慈市観光物産協会のスタッフ)がご訪問くださったので、私と久慈市のつながりをちょっと。

はっきり言います。
「地縁、血縁は一切ございませんw」

・・・でも行っちゃうんですよねーw
年に1~2回ぐらいですけど・・・移動だけで半日かかりますからwww

理由は結局、食べ物がおいしいってことでしょうか。
いや、山形県もおいしいものいっぱいですよ、ほんとに。
負けない自信はありますが、でも、食文化の違いがあって「おいしい&めずらしい」となるんです。

純鶏のラーメンの「らーめんの千草」さん。
炭火焼の秋刀魚や山形短角牛がいただける「魚棚(うおんだな)」さん(久慈市の中では高い部類でしょうが、仙台とかと比べれば安くていいものを出してくれます)。
道の駅の立地としては「?」ながら、品揃えの良い「土風館」さん。
山形短角牛バーガーを食べ損ねたけど、まめぶと豆腐田楽がおいしかった「まめぶの家 久慈駅前店」さん。
ひそかにつゆがおいしい「三陸リアス亭」さん(駅そばです)。
お土産で買って帰った山葡萄の羊羹も好評でした。
そういや、元々久慈にいくきっかけは、じゃらんで見つけた千円のウニ丼でしたが、あのお店は被災されたのかなぁ・・・

あ、そういえば、3年前ぐらいに街中スタンプラリーみたいので景品が当たったのがうれしかったってのものあります。
地物のお菓子いっぱいと、琥珀のアクセサリーも入ってたのでけっこういい賞だったのかも。
・・・一緒に入ってた「久慈ありす」の南部せんべいを後輩にあげたらめっちゃよろこんでたwww

結局、食べ物の話になりましたwww

天童冬の陣 平成鍋合戦

今年もそんなシーズンになってきましたねー(・∀・)

この時期の土日はイベントなんかそっちのけで山城巡りをしていたものですが・・・
気力も体力もイマイチなので、初めてイベントいこうかなー、なんて考えています。

第17回目の開催日は2011年12月11日(日)
場所はNDスタジアムやまがた

詳しくkは公式ページでどうぞ。

日曜日開催だから、土曜日に天童温泉泊まるとちょうどいいかも(*´∀`*)

・・・開催場所が山形県内なので山形グルメに入れときましたが、県外勢もいます!

陸奥九戸城

ジャンル:中世平山(台)城
所在地 :岩手県二戸市福岡城ノ内
お勧め度:★★★★★
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :駐車場は二の丸にあります。
登城日 :(忘れた)年(初秋頃)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
二の丸まで車で行けるので省略
模型

【遺構】
だいぶ復元がされています。
近世に入る前に廃城となったので、建物などは復元しようがないでしょうが、豊臣秀吉に命じられた蒲生氏郷が南部信直のために築いた縄張が遺ります。

【来歴】
いつごろ築城されたかは不明ですが、南部氏の有力支族である九戸氏の本拠でした。

この城が歴史の表舞台に出てくるのは「九戸政実の乱」です。
九戸政実は、この当時南部氏の宗家となっていた三戸南部家を継いだ南部信直(生まれは一方井城)との後継者争いに負けたため、一触即発の状態でした。

政実は武将としては優れていたと思われ、信直勢をかなり圧迫していたとされています。
しかし、時勢は信直にありました。
豊臣秀吉に南部宗家として認められていた信直は、秀吉に国内の乱ための援軍を要請します。

結果は当然政実の負け。
大軍勢に九戸城を囲まれどうしようもなくなり降伏。
政実、実親兄弟の命と引き換えに城内の人々の助命を条件としたそうです。
しかし、その約束は果たされず、城内すべての人が殺された、とのことです。

その後、蒲生氏郷によって本丸周辺が改築され、信直の本拠城として引き渡されましたが、近世に入ってまもなく盛岡城が築城され、廃城となりました。
説明

【写真】
かつては農場だったそうですが、非常に丁寧な復元がされていて、非常に好印象が持てます。
二の丸の一部
二の丸にある駐車場から、北西方向だけを撮ったものですが、これだけでも相当な広さです。

ちなみに、東側は発掘作業されていて入れませんでした。
二の丸東側
いつ終わるのだろう・・・

北側に進むと搦手門跡があります。
搦手門跡
・・・軽トラックの轍があれですけど、枡形となっているのはわかります。

ここから西側に目を移すと、本丸搦手門跡があります。
木橋
当時の姿と合致するかどうかはわかりませんが、その奥にある小さな枡形と、写真ではわかりませんが、かつての石垣の痕跡がわずかながらあります。

搦手から南にいくと本丸大手門跡があります。
大手門
あまり大きいとはいえませんが、しっかりとした枡形と土橋、そして箱堀には穴太積の石垣が遺ります。

橋の上から見た空掘。
本丸空掘
見た目は立派な箱堀ですが、防御力を考えるといまひとつかな・・・
・・・豊臣秀吉の考えでしょうね、きっと。
「立派なモノを作ってやれ。ただし、防御力は弱く」みたいな。

ちなみに、下から見上げるとこんなかんじです。
本丸と二の丸の間の空掘を見上げる

さて、二の丸搦手から堀底を見たところです。
堀底道
正面にあるのが石沢館。
堀幅は広いものの、高低差はあまりありません。

石沢館
石沢館
本丸よりも広いですが、外郭線は不整形です。
このあたりが南部地域の古式なところが見受けられます。

本丸近辺は近世的ですが、周辺はまさしく南部氏流といってもいい、群郭式の縄張。
中世と近世が交じり合った面白いお城だと思います。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
49位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ