岩代小浜城

ジャンル:中世山城
所在地 :福島県二本松市岩代町小浜
お勧め度:★★☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :主郭のとなりにあります
登城日 :(忘れた)年(冬頃)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
駐車場からすぐなので省略。

【来歴】
説明板

想像復元図
復元図

【写真】
市役所支所から車で登っていくと、こんな感じに主郭が見えてきます。
現在の登城道
中央右手の奥に石垣が見えますが、駐車スペースはその先にあります。

石垣のアップ!
石垣
やや崩れてますが、きれいな切り込みハギだったことは一目瞭然です。

・・・上記来歴にもあるとおり、伊達氏による遺構ではなく蒲生氏による遺構ですが・・・

石垣に向かって左手に登り口があります。
登り口を上から
石垣の感じからすれば、かつての大手口を整備しすぎた、という感じですね。

主郭内にはこのような説明もありました。
主郭の地図
発掘結果の説明

主郭部はこんな感じに公園化されています。
主郭の現状

城館らしいのは主郭部のみですが、こんな堀切跡であろうものもあります。
たぶん堀切

かつて伊達政宗公の居城だったお城です。
スポンサーサイト

岩代宮森城

ジャンル:中世山城
所在地 :福島県二本松市上長折上館
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :主郭直下付近に数台分あります
登城日 :(忘れた)年(冬頃)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
駐車場からすぐなので省略

【来歴】
説明板

ちなみに、政宗の父、輝宗については、政宗による暗殺説があります。
自分と意見の違う親父など邪魔だ、とばかりに暗殺したと

その説の根拠は、(上の説明板の追加情報になります)「宮森城から距離のある、当時の政宗居城の小浜城に宮森城からの使者がかこけんで、政宗が輝宗拉致の報を聞いたはずなのに、それから馬と鎧具足と鉄砲を用意させるとすれば相当時間がかかったはずで、夜闇に紛れられたらわからないし、追いつける可能性はあまりにも低すぎる」という状況証拠のみなので、事実は不明です。

政宗は輝宗を、拉致した畠山勢ごとを葬ったのか・・・
この拉致劇こそ政宗公のシナリオどおりなのか・・・
政宗公が追いついたから、あせった畠山勢が輝宗を殺害したのを見て政宗は畠山勢を葬ったのか・・・

いろいろ憶測はありますが、事実がどうであったのか、はっきりとわかる史料はありません。

【写真】
城域内にある、模擬門
模擬門
この先に駐車場があります。

駐車場脇にある石積
駐車場脇にあった石積
古そうといえば古そうだけど・・・当時のものかどうかはわかりません。

駐車場のすぐそばにある、主郭hへの階段。
今現在の登城ルート

登りきると主郭には若干高い場所があり、そこには神社があります。
主郭にある神社
また、写真に写ってませんが、向かって左手から神社の裏手まで、低く小さいながら土塁状のものがあります。
ここはおそらく館神跡か櫓台ではと思われます。

神社脇(というか神社を含む山頂)は広い主郭跡となってます。
主郭
ごろごろとある石は、庭園の飾りかな、と思われますが・・・不明です。

麓(上で掲載している模擬門の外)にはこんなものも・・・

御前清水
清水
輝宗公だけでなく、かつての城主も要とした清水とか。
今も満々と水が湧き出しています。

腹切石
腹切石
腹切石の説明板

伊達輝宗公最後の居城であり、政宗公の黒い噂が残る城でもあります。

「福井県敦賀市」敦賀ヨーロッパ軒

※昨日、訪問店情報を誤っていたので修正しました。

ジャンル:ソースカツ丼、洋食
住所  :敦賀市相生町2-7
電話番号:0770-22-1468
営業時間:不明
定休日 :月、火曜日
駐車場 :20台分ぐらいは余裕でありますが、混みます。
HP   :こちら(敦賀ヨーロッパ軒)こちら(総本店)

ソースカツ丼発祥の地のひとつである福井県。
その元祖が有名なヨーロッパ軒(福井県以外では知る人ぞ知る、かもしれませんが)。
福井県にきたらやはりこれを一回は食べないと、とGWの岐路に寄ってきました。

時間的に総本店まで行くことはできなかったので、敦賀ヨーロッパ軒(ヨーロッパ軒敦賀分店)さんにお邪魔しました。
時間的に1時は回っていたのですが、階段(食堂は2階にあります)まで行列ができていました。
駐車場も隣県ナンバーが多かったので、さすが有名店! といったところです。

出てくると、ドン!
特製ソースカツ丼
ふたが閉まりませんw

あけるとさらに、ドン!
特製ソースカツ丼
厚さはまあ普通ですが、3枚もあるのでボリュームたっぷり!
衣は細かめのパン粉で、衣の層が薄め。
揚がり具合良好、ソースをくぐらせてるのにさっくりとした食感が楽しめます。
味はウスターソースの味が強すぎる感じがなくもないですが、おいしいですよ!

ちなみに、特製ソースカツ丼はヒレ、普通のソースカツ丼はロースのようです。
ボリューム感はどちらもだいたい同じなので、お好みで選ぶといいですね。
ちなみに、同行者は普通のソースカツ丼を頼んだので、1枚お肉を交換して食べましたが、ロース特有のこってり感もいいし、ヒレのあっさり感もいい。
・・・ミックス丼ってないのかな・・・

いちおう、メニューもあげておきます。
メニュー1
メニュー2
メニュー3

今度はハンバーグとか食べてみたいですけど、たぶん、ソースカツ丼頼んじゃうんだろうな・・・w

岩代鎌田城

ジャンル:中世平城
所在地 :福島県福島市鎌田古館
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :現状はお寺ですので、お寺の駐車場をお借りしました。
登城日 :(忘れた)年(忘れた)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
平城なので省略

【来歴】
詳細不明。伊達家家臣鎌田氏の居城だったとのこと。

【写真】
現状はお寺さんです。
現状

その裏手の墓地に唯一の遺構である土塁が一直線に残っています。
墓地裏の土塁
これだけだとさみしいものがありますが・・・

かつての堀代わりの川かな? とその土塁の高低差はなかなかのものです。
外堀との落差

おそらくは鎌倉時代か南北朝期の武家の館跡だと思いますが、寺院にされただけでなく、墓地とされた場所で土塁が残るのは、ほとんど知られることのない城館としてはすごいのかもしれませんね。

岩代小手森城

ジャンル:中世山城
所在地 :福島県二本松市針道愛宕森
お勧め度:★★☆☆☆
難易度 :★★☆☆☆
駐車場 :ありませんので、道路の余白に停めるしかないと思います
登城日 :(忘れた)年(冬頃)月
城館位置:GoogleMap

【登城ルート】
登城口から主郭跡まで一気に登る事になります。
距離はたいしたことなく、途中はコンクリートの階段が整備されてますが、かなり急斜面なのでちょっとしんどいです。

【来歴】
説明板

【写真】
登城口です。
登城口
ちょっと途中の記憶があいまいですが、愛宕神社の参道として道は整備されつつも、直登ルートなんですよ^^;
私には本来の登城道は見つけられませんでした。

いきなりですが、主郭です。
主郭
階段がかなり急なのがお分かりいただけるかと思います。

愛宕神社を横から。
主郭2
ご覧の通り、岩がごつごつとある山です。
神社の反対側には自然の状態の岩が地面から顔をのぞかせています。
あまりきっちりとした築城はなされなかった、高低差による防御主体のお城かな、という印象です。

途中で見かけた石塁っぽいもの。
石塁?
どうでしょうかね・・・
自然の岩が割れただけ、とも思えなくもないですね。

主郭以外にも郭跡はあるのですが、あまり明瞭でないことと、本来の登城道を登っていないことからよくわかりませんでした。
唯一、主郭から見下ろした写真だけが郭っぽい印象をみせてくれました。
腰郭か

実戦を経験し二度も落城した山城で、しかも記録が残るものは東北ではかなり貴重なお城だな、とお城マニアらしく思いつつ、ちょっと厳粛な気持ちで政宗公になで斬りにされた方々に黙祷してまいりました。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
49位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ