「青森県八戸市」味のめん匠

ジャンル:ラーメン
住所  :青森県八戸市六日町10-1 八戸屋台村みろく横丁(六日町側の入り口)
電話番号:080-6011-8866
営業時間:18:00~25:00
定休日 :日曜日
駐車場 :なし
HP   :みろく横丁公式食べログ

八戸市には八戸らーめん(リンク先はWikipedia)というものがあります。
このポスターのとおり、あっさりラーメンです。
ポスター

そのうちの一店舗がこちら「味のめん匠」さん、八戸市の屋台村、みろく横丁の一角にあります。
外観

メニューはこちら。
メニュー

メニュー

メニュー

まあ、初めてではないし、お目当てはメニュー写真2枚目にある鬼煮干コッテリ!
鬼煮干
いい感じに背脂が浮いてます(*≧∪≦)
なんとなく、追加トッピングで岩ノリ入ってますw

麺も、八戸らーめん定番の細縮れではなく、中細~中太ストレート麺。
鬼煮干アップ

お味ですが・・・
ん、八戸らーめんじゃないですね(当たり前w)
煮干が効きすぎてますし、あっさりが信条の八戸らーめんに反して背脂こってり。
・・・だが、これはこれでおいしい。

麺も固め茹で上げでもちっとしています。
細縮れのパツンとした八戸らーめんとはまったく違う。
・・・だが、このスープにはこういう麺が合う。
もうちょっと太くてもいい。

おいしいラーメンでした。
ただ、八戸が初めてでご当地ラーメンが食べたければ、ノーマルがお勧めです(これも当たり前かw)
スポンサーサイト

「青森県弘前市」虹のマート内 おかずやハマダ

ジャンル:各種惣菜
住所  :青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内
営業時間:8:00~18:00
定休日 :毎週日曜日
駐車場 :虹のマートとして20台ぐらいは間違いなく(※虹のマート内で買い物をすれば、値段を問わず無料になるようです)
HP   :食べログ

弘前といえば「いがめんち」ということで、知る人ぞ知るグルメでしたが、知名度を徐々に高めています。
地元で活動している「弘前いがめんちを食べるべ会」さんをご参照ください。

ざっくりといいますと、「いが=イカ」ということで、イカげそを細かくして、粗く刻んだ玉ねぎなどを小麦粉ベースの衣と合わせて、揚げたり焼いたりしたメンチカツもしくはハンバーグ状のもの。
具材はイカげそと玉ねぎが必需品ということぐらいで、あとの具材は自由、というB級グルメですね。

お店ごとに違うので飽きることはない、というか、いろいろ食べたくなりますけど、定食屋さんや居酒屋さんに行くといろいろ試すには不利。
ということで、いくつかのお総菜屋さんに寄ったほうが効率的ですので、今回は弘前駅前に宿をとり虹のマートへ直行しました。

こちらが虹のマートさん
虹のマート外観
古びた建物ですが、すごい混み合っていました。
まさしく市民の台所ですね。

マート内には3店舗お惣菜店を発見しました。
虹のマート内あいさか

虹のマート内ハマダ

虹のマート内わしお
よしっ! 3店食べ比べ!
・・・って・・・
まだ4時前だよ?
ハマダさん以外はすべて売り切れ。
追加で揚げる気配なし。
ハマダさんも売れきれしそう・・・

やむなく、ハマダさんのみとしました(1個150円)。
見た目はかき揚げ天ぷら風ですね。
ハマダのいがめんち
たばこで大きさ比較。
奥行きはおおよそたばこ1箱分。
幅は1.5倍といったところ。

厚さは・・・
ハマダのいがめんち
どこにでもある普通のパックですので、分かると思いますが、最厚部で2㎝は余裕でオーバーでしょう。

中身は・・・
ハマダのいがめんち
イカげそと玉ねぎのスタンダードスタイルのようです。
ややイカげそが少なめかも。

外側はカリッと、内側はもちっとした感じ。
食感もかき揚げ天ぷら風ですね。
下味はそれなりついているので、単独でも十分いけます。
やはり、イカげその歯ごたえとうまみがいいですね。

少なくとも、日本なら全国どこでも作れますけど、やはり本場を一度試してからの方がいいですよ。
いろんなスタイルがありますから、自分好みのスタイルを探せると思います。

P.S.
食べてはいないのですが・・・
「いがめんち」の外見の参考としてこちら。
道草庵のイカめんち
きれいな小判型で、揚げスタイルだけど、外見的にはメンチカツ風です。
ちなみに、先日ご紹介した道草庵さんです。

・・・これに気付いた時にはすでに満腹でした・・・

「青森県五所川原市」そば処義平

ジャンル:ラーメン、そば、うどん
住所  :青森県五所川原市本町63
営業時間:昼のみ営業(11:00?~16:00? ぐらいかな? 詳細不明)
定休日 :毎週日曜日、第1・第3水曜日
駐車場 :潔く0
HP   :食べログ

食べログで発見して、どうしても来たかったお店がこちらです。

お店の外観。
お店の外観
すごい老舗感たっぷりです。

メニューはこちら。
そば・うどんメニュー

ラーメンメニュー
ワンコイン以下のメニューがいっぱいあります。
こちら、地元民なら知らない人はいない、とまで言われる竹鼻製麺所直営店とのことで、これも安さの秘密の一つでしょう。

ちなみに、「ぼんじゅそば」のぼんじゅの由来がありました。
ぼんじゅそばの由来

さて、話を戻しまして、どうしても来たかったのはこれが食べたかったからです。
手打ち中華
手打ち中華480円!
しかもお漬物つき(*゚Q゚*)
具も種類は少ないながら、しっかり載ってますし、非常にお得感があります。

手打ち中華アップ
この幅広麺が食べたかったのです。

さて、お味ですが・・・
スープ:津軽地方のご当地ラーメン「津軽らーめん」は煮干し出汁がとっても強いのが特徴ですが、ここのはそんなでもない、煮干しは十分感じられるものの、スタンダードな鶏ガラ+煮干しという感じでしょうか。
うん、煮干しが強いのはちょっと好みではないので、このぐらいが私にとっていい感じかな。
なお、「濃厚煮干し中華そば」なら、津軽らーめんっぽいんでしょうかね?

麺:固めにゆで上げられた幅広麺で縮れなし。面白いですね。
難点は、あまりスープが絡まないところかな。
食感的には、「ラーメン」よりも「パスタ」っぽい。
個性があっていいんじゃないでしょうか。

チャーシュー:うん、この値段のラーメンのチャーシューとしては十分厚みがある。
臭みもないし、固いわけでもない。
ごく普通、といえばそうですけどね。

なんだか、時々無性にこの麺が食べたくなる恐れがあるなぁ・・・(^^;;A

「青森県五所川原市」しじみの小倉屋&道の駅 十三湖高原 トーサムグリーンパーク

ジャンル:小倉屋=シジミ料理、お土産品
     :道の駅十三湖高原=道の駅
住所  : 小倉屋=青森県五所川原市十三五月女萢15(「じゅうさんそとめやち」と読むそうです)
     :道の駅十三湖高原=青森県五所川原市相内実取287-1058
営業時間:小倉屋=不明
      :道の駅十三湖高原=9:00~18:00(4/1~10/31.それ以外は不明)
       ※レストランは10:30~18:00(4/1~10/31.それ以外は不明)
定休日 :小倉屋=不明
      :道の駅十三湖高原=なし(のようです)
駐車場 :小倉屋さんは観光駐車場の一角、道の駅十三湖高原は道の駅なので、どちらもいっぱい
HP   :小倉屋=不明
     :道の駅十三湖高原=こちら

※今回は、都合上、2つの全く違うお店(施設)をくっつけて紹介します。

十三湊遺跡から足を伸ばして北方面に行くと、こんな風景に出会います。
中の島
中の島です。
縄文遺跡が発掘されていますが、今はどちらかというと、夏のキャンプ場として家族連れなどに好評のようです(?・・・私、キャンプしないのでわかりませんw)
ちなみにこの橋は通路は木製で、一般客は徒歩で渡るしかありませんが、関係者は必要であれば車で行ける構造になっています。

前回訪問時は余裕があって中の島に渡ったのですが、今回は時間の都合でパス。
でも、それじゃあさみしいので、しじみでもね。

橋の向かい側には駐車場があり、いくつかのしじみ屋さんが並んでいます。
しじみ屋さんたち

しじみ屋さんたち

で、ほぼ真ん中あたりの「しじみの小倉屋」さんに決定。
しじみの小倉屋さん
理由はありません。
なんとなく、ですwww(小倉屋さんごめんなさいm(_ _)m)

十三湖名物のしじみですが、このあたりは「しじみラーメン」を出すお店が多く、こちらもメニューにありますが…
食事済みのため、ベーシックなしじみ汁(200円)にしました。
しじみ汁
小粒なのばっかりなのは不満ですが、数は多いし、しじみ汁は身よりも出汁だと思っていますので、これはこれでオッケーです(=゚ω゚)ノ

それからつらつらーっと移動しながら福島城を抜けて東にちょいと走るとこちらです。
道の駅の外観
道の駅十三湖高原 トーサムグリーンパークさんです。
・・・牛の形しているのわかりますか?

このあたりは酪農が盛んでして、前回寄ったとき(たぶん文化の日近辺)に飲んだ牛乳がすごくおいしかったので今回の旅のマストとしました。
・・・8月なので期待しすぎは禁物ですが・・・
※夏の牛乳はどうしても乳脂肪率が落ちるなど、冬の牛乳にはかないません。大手乳業さんはうまくブレンドするので季節でのばらつきが気づかない程度になりますけどね。

さぁーってっと・・・と店内をうろつくも・・・
? ない! 牛乳がない!!
・・・売り切れたかな・・・

なので、ソフトクリームにしときました。
道の駅ファーストフードコーナーのソフトメニュー

道の駅ファーストフードコーナーのソフトクリーム
うん、ミルク感が強くて、香料は抑えめ。まあ普通においしい。
※普通とは言っていますが、旅に出るたびにおいしいソフトクリームを必ず食べているため、慣れてしまったのですw

で、失敗がこれ。
道の駅ファーストフードコーナーのカレーパン
「お腹いっぱいだからいいや」とパスしたんですが・・・
・・・よく考えたら、お持ち帰りして、後で食べればよかったんじゃ・・・
ウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/シッパイシタァァァァ
次に来た時のお楽しみ、ということにしておきましょう。

外には展望台があります。
道の駅にある展望台
展望台というだけでなく、2階部分からローラースライダーが乗れます(無料)。
1階入り口脇にあるボードを借りましょう(無料)。

ローラースライダー入り口。
展望台に付属したローラースライダー入り口

スタートすると、180度左旋回。
展望台からスタートしたところを上から

そして、右に90度旋回してその先を左に270度ループしてゴールです。
ローラースライダーのゴール方面を上から

小さいお子様連れには親御さんといっしょにすべり台、というのもいいでしょう。
展望台の後方にある滑り台
・・・普通の公園のとは比べ物にならない長さですけどねwww

最後に、展望台からの十三湖の眺め。
展望台から臨む十三湖
贅沢を言えば、もうちょっと高さがほしいところですが、牧場も見えるし、のんびりしますねぇ・・・

「青森県青森市」道草庵・豆や(道の駅なみおか内)

ジャンル:立ち食いソバ、総菜など
住所  :青森県青森市浪岡大字女鹿沢字野尻2番地3
営業時間:7:00~18:00(3月中旬~11月中旬)・7:00~17:00(11月中旬~3月中旬)
定休日 :なし
駐車場 :道の駅なのでいっぱい
HP   :食べログ

道の駅なみおか(愛称「アップルヒル」)というところがあります。
浪岡という地域は青森市の南西部の玄関口にあたります。

・・・たしか、シャモロックの親子丼があったような気がする・・・
と道の駅に入った瞬間、「今回はこれにしよう」と予定変更を決めたのがこちら。
外観
店名が出てませんが、「道草庵」さんです。
建物は同一ですが、「道草庵=立ち食いソバ系統」と「豆や=ご飯もの・お惣菜系統」の2店舗構成のようです。
で、店内は広い。
普通のファストフード的な席と、立ち食いスペースを合わせると、40人は入れそうな感じです。

まずはそば!
メニューは券売機を見るのが一番。
上段
券売機上段
中段
券売機中段
中段以下
券売機中段以下
ふむふむ・・・
暑いし、ぶっかけに決定!

で、出てきましたよ。
ちょっと時間がかかりました。
そば

右端に写っているのは・・・
総菜コーナーのおにぎりなど
総菜コーナーで購入した揚げ出し豆腐です(*゚Q゚*)
・・・いやいや、けっこう大豆の味が濃くていい豆腐ですね。

おっとおっと。
そばの方の話を進めます。
こちらがアップ
そばのアップ
かなりの細打ちですが、けっこうこしがありますよ。
冷えているせいもあるでしょうけれども。
ただ、そばの味はあまりしません。
玄米そばだから、玄米多めなのかな?
そば好きならそのあたりは不満でしょうが、十分立ち食いソバとしてはおいしいほうの部類でしょうね。

そして、ネギすらない「素そば」状態のぶっかけそばですが、心配いりませんよ。
カウンター上
お好きなように入れられますから。
たぬきそばにもできますから。

また、そばコーナーのカウンターの奥にはこんなものが・・・
そばこーなーの片隅にあるおしんこ
おもてなし精神が「ぱねぇっす」www
・・・私は漬物は好んで食べない派なので手を付けませんでしたがw
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
42位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ