「青森県十和田市」道の駅 とわだ 「とわだぴあ」+匠工房

ジャンル:産直・土産・レストラン・軽食
住所  :青森県十和田市伝法寺平窪37-2
電話番号:0176-28-3790(道の駅とわだ)
営業時間:
 産直・土産:7:00~20:00(11月~3月は8:00~19:00)
 レストラン:11:00~19:30(冬季は~18:30。L.O.は両方とも30分前まで)
 軽食:10:00~17:00
 そば:10:30~15:00
 匠工房:10:00~16:00
定休日 :匠工房のみあり。月曜日
駐車場 :たくさん
HP   :公式Facebook食べログ

十和田市を縦貫する国道4号線沿いという好立地な道の駅です。
外観

すぐ南側には地方競馬の場外馬券売り場が併設されています。
併設の場外馬券売り場

また、匠工房というのも併設されています。
併設の匠工房
「市民や観光客を対象に、地場産農産物を生かした加工品や伝統工芸品(南部裂織やきみがらスリッパ)の製作を体験してもらう施設」だそうです。

まずは道の駅本体に潜入。
店内
産直農産物、総菜、加工食品や調味料、工芸品など、幅広い品ぞろえとなっていて、お土産探しには絶好の場所です。

そして、こちらの道の駅は、飲食店舗が4軒もあります。
道の駅本体内にはレストラン、軽食コーナー、そば。
匠工房ではスイーツを提供しています。

こちらが軽食コーナーの駒亭。
軽食コーナー

メニュー。
軽食メニュー
ラーメン、そば、うどんなどの麺類がメインのようです。

すぐ隣にはそばコーナーの十和田そば。
そば
なんか駅そばっぽい外観。
まあ、道の「駅」だから駅そばっぽいもなにもないもんですけどねw

メニュー。
そばメニュー
駒亭のそばメニューと見比べると、こちらの方が若干高い。
手軽さ重視の駒亭と、味重視の十和田そば、というすみわけと思われます。

・・・とまあ、実はこの時はもうお腹がいっぱいで、さすがに食事は無理。
ということで、匠工房へ移動。
店頭
農アイスとはなんぞや、と説明を読む。
メニュー説明
米アイスと豆乳アイスってことね。

こちらが注文した「農アイス~おおすず~」です。
農アイス
トッピングされているのはかぼちゃ。

お味ですが・・・
やはり豆乳、牛乳とは違ってかなりあっさり味。
牛乳のソフトクリームをイメージして食べるとがっかりするかもしれませんが、豆乳ならではの軽い味わいもいいものです。
かぼちゃのトッピング、甘くなめらかでとてもおいしい。
かぼちゃの甘さなんでしょうか。
砂糖が入っていたとしても、かぼちゃの甘さを活かす程度だと思われます。
このトッピングは毎月変わるそうなので、何回行っても楽しめますね。

次は十和田そばで韃靼そばを食べてみたい。
スポンサーサイト

「青森県おいらせ町」相撲茶屋 月見亭

ジャンル:ちゃんこ鍋・鍋料理・定食・居酒屋
住所  :青森県上北郡おいらせ町染屋116-1
電話番号:0120-293-166
営業時間:11:00~21:30
定休日 :第1月曜日
駐車場 :併設している旅館と共用で20台以上
HP   :食べログ

2012年に「あおもり食のエリア」に登録された料理、「おいらせだるま芋へっちょこ汁」というのをご存知でしょうか?
「青森行ったら変わったもの食べたいな~」と調べていたら見つけたものなんですけどね。

まず、だるま芋とは、長芋の一種でこのあたりの特産品のようです。
だるま芋
※六戸町の道の駅で撮影。
長芋にしてはずんぐりしているので、「だるま芋」と呼ばれているそうです。
これをすりおろして中央がくぼんだ団子状にしたものを入れた汁もの、ということで・・・
このくぼみが名前の由来のようで、「へっちょこ」が「へそ」の方言のようです。

まず一度は試してみなければ、と探してこちらのHPで見つけたのがこちらのお店。
看板

月見亭外観

看板のとおり、旅館も併設しています。
旅館外観

相撲茶屋と名乗っているとおり、入口には浮世絵っぽい力士の絵が飾られていました。
月見亭入り口

カウンターの内側にも番付表があります。
店内

客席の方は普通です。
店内

メニューですが、相撲茶屋なんですからちゃんこは必須ですよね。
ちゃんこメニュー

他にもいろいろ取り揃えています。
メニュー

メニュー

宴会などに対応できるメニューもありました。
メニュー

メニュー

飲み物メニュー
値段は抑えめな設定です。

さて、へっちょこ汁は・・・ありました!
へっちょこ汁
600円とは安いなぁ・・・
ちょっと不安に思いつつも注文。

で、到着。
へっちょこ汁定食(上から)

へっちょこ汁定食(横から)
なかなかのボリューム感!(*゚Q゚*)
さすが相撲茶屋です(というか、農家が多い田舎の食堂はボリューム感があるのが普通ですけどね)。

これがへっちょこ。
へっちょこ
思っていたよりも1個1個は小さいです。

これが「銀の鴨」などの具。
他の具

さてお味ですが・・・
つゆはちょいしょっぱめ。
ご飯のおかずにするにはちょうどいいぐらい。
鴨とごぼうなどの具材から染み出た出汁がおいしい。
・・・そういや、このあたりはごぼうも特産品でしたね。

へっちょこは表面ツルツル、噛めば柔らかめの餅かと思うほどもっちもち。
中につゆは染み込んでいないので、つゆと一緒に食べるとちょいしょっぱめの感じがちょうどいい感じに変わります。

うん、おいしいですね。
レシピがありますので、その気になれば作れますから、食べたくなったら作・・・いや、面倒だ、また食べに行こうw

「青森県十和田市」司バラ焼き大衆食堂(2回目)

※1回目はこちら

ジャンル:十和田バラ焼き+α
住所  :青森県十和田市稲生町15-41
電話番号:080-6059-8015
営業時間:11:00〜14:30 (L.O.14:00)、17:30〜23:00 (L.O.22:30)
定休日 :月曜日
駐車場 :近隣の銀行などと共用の駐車場のようで、結構広いです
HP   :公式食べログ

約1年ぶりの再訪問となるこちら。
外観
相変わらずの一人屋台村状態で営業中でした。

そういえば、前回のご紹介を確認したらメニューを載せていませんでした。
まあ、公式HPをみていただければすぐ分かるのですが、一応載せておきます。

店外にはおすすめメニューがあります。
店外おすすめメニュー

テーブルにあるメニュー。
メニュー

メニュー

メニュー
このように、十和田バラ焼きだけでなく、地元や近隣(三八上北になんと岩手県北部まで!)のグルメも取り扱っています。
金龍食堂の豚タンとか、横沢のソーセージ、府金ホルモン、元祖丸美屋のチーズロール、ふなばやしの手羽先などなど・・・
とにかく、旧南部藩領内の手に入るおいしいものをすべて並べました! 状態なので、手軽に青森・岩手グルメが楽しめます。

お酒もごくごく普通のラインナップながら、奥入瀬ビールに長芋焼酎、地酒鳩正宗など、郷土色があるのがいいですね。
メニュー

さて、前回は十和田バラ焼きとなみえ焼きそばをいただいたので、今回は別の物を。

まずは奥入瀬ガーリックポークです。
相変わらず、バラのくっついたガス台に・・・
ガス台
バラ焼きと同じ鉄鍋でドン!
奥入瀬ガーリックポーク
おいしそうなんですが、うまく焼かないと鍋にくっついてしまいます。

焼きあがりました。
奥入瀬ガーリックポーク
くっついたお肉を引きはがした痕跡が残ってますw(^^;A

お味はですねぇ、赤身部分はあっさり柔らかでジューシー。
豚臭さもないし、いい肉なのがはっきり分かります。
脂身もしつこさをあまり感じず、甘い感じ。
まあ、脂なので脂っこさは当然ありますけどね。

お次は十和田焼き小籠包。
レシピは公開されていて、誰でも作れるようです。
十和田焼き小籠包

十和田焼き小籠包
皮は厚めで、割れば小籠包らしくスープが流れ出てきます。
米粉の皮のようで、焼き目のカリカリ感と焼き目のないところのもっちり感の違いがいいですね。
スープも肉から出た出汁が出ていておいしいです。
ただ、もうちょっと具が多いと嬉しかったな。

さすがに脂ものが続いてきつくなったので、法量とうふの湯豆腐で〆。
法量とうふ
大豆の味が普通のものとは違う濃さ。
おいしいです。

まだまだ楽しめそうないいお店です。

「青森県三沢市」Jack & Betty

ジャンル :ホットドッグ・スウィーツ
住所  :青森県三沢市中央町2丁目8-34(スカイプラザミサワ内)
電話番号:0176-51-1712(スカイプラザミサワ)
営業時間:11:00~19:00
定休日 :第2火曜日(8月は営業)
駐車場 :無料共用駐車場がたくさん
HP   :スカイプラザミサワ公式食べログ

やっぱり三沢に来たらアメリカンなファストフードを食べとかないと、と考えました。
有名どころはエアフォースバーガー。
これよりは有名度は落ちるけど、フライドチキンの人気店などもある・・・
と悩みつつも、まずはお土産購入だ、と向かったのがスカイプラザミサワ。
スカイプラザミサワ外観

店内はアメリカンな服、雑貨、お菓子などが売られています。
スカイプラザミサワ店内

スカイプラザミサワ店内
売ってるものはアメリカンスタイルの物の方が多いながら、日本的なスタイルもあちこちにあるという、ごった煮状態。
こういうの大好きですw

さて、ちょろちょろとお土産を買いつつ何を食べるか考えた結果、スカイプラザミサワでのランチに決めて、ハワイアンなフリフリチキンが人気のお店、「ラニチキン ファクトリー」にもとても興味が惹かれましたが、結局はこちらにしました。
店舗入り口
ホットドッグ屋さんです。
手軽感があるランチっぽいってことで決めました。

メニューはこちら。
メニュー

メニュー

イマイチイメージの湧かないメニューもありますが、ご安心ください。
メニュー説明

メニュー説明
丁寧に説明書きがありました。

注文して店内をぐるりと見回すと・・・
アイスコーナー

アイスのトッピングコーナー
ここのアイス、トッピングが楽しそう。

付け合わせと追加ケチャップにマスタードもあるので味の調整可能。
付け合わせなど

最後に見つけたのがこれ。
マナー説明(アメリカンジョークらしい)
アメリカンジョークらしいんですけど・・・
まじめにこういうことを言うのが面白いってことなのかな?
それとも、英語だと何か韻を踏んでいるとかなにかあるのかな?
・・・文化の違いですね・・・

それはさておき、品物ができるとお呼びがかかるので、セルフサービスで受け取ってきます。
サルサドッグ

サルサドッグ
サルサドッグです。
これはなかなかのボリューム感。
しかも、ボリューム感を出しているのはぶっといソーセージ!(*≧∪≦)

・・・さて、お味ですが。
サルサ、とはいっても辛味はありません。
パンはもっちりというか、みっちり、というかしっかりした食べごたえ。
ソーセージは、まあ普通かな。
私には味の調整のケチャップやマスタード、ザワークラウトなどは不要でした。
ちょうどいい塩梅の味付けだと思います。
欲を言えば、追加調味料でタバスコがあったらうれしかったな、というぐらいです。

私にはちょうど1食分ぐらいですが、普通の大人の男性ならおやつレベルかな?
ちょっと小腹が空いたタイミングとか、他のお店との連食にはいいと思いますよ。

「青森県十和田市」大昌園

ジャンル :バラ焼き・焼肉・居酒屋
住所  :青森県十和田市稲生町16-8
電話番号:0176-23-4413
営業時間:10:30~22:30
定休日 :第2、第4水曜日
駐車場 :なし
HP   :十和田バラ焼きゼミナール公式食べログ

も、も食べましたが、やっぱり牛を食べなきゃバラ焼きを食べた気がしない、ってことで寄ったのがこちら。
外観
昭和な雰囲気の焼肉屋さんです。
店内は広く、テーブル席と小上りで30人ぐらいは入れそうです。

注文はすでに決まっていましたが、一応メニュー。
メニュー
とってもリーズナブルな価格設定です。

もう一つがこれ。
日本酒メニュー
いいネーミングじゃないですか!w
こちらもお願いしました。

醸造元はこちら。
日本酒詳細
「八甲田おろし」の酒蔵さんです。
にごり酒特有の味の濃さと、微発砲で酸味もある、こってりなバラ焼きに合う日本酒です。

焼き方の説明もありました。
焼き方

そして、到着。
バラ焼き
こちらのお店の玉ねぎは大ぶりに切られています。

焼き始め・・・パクパク・・・ごちそうさま!
写真撮るのを忘れて全部食べ切ってしまいました(^^;;A

出来上がりのイメージはこちらでご確認くださいm(_ _)m

やっぱり、バラ焼きはご飯もお酒も進む進むw

市販のたれさえ買ってしまえば自宅でも簡単にできます。
※十和田バラ焼きゼミナール公認のたれについては公式HPでご確認ください。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
46位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ