「青森県青森市」横山商店(はるえ食堂)

ジャンル:惣菜
住所  :青森県青森市古川1丁目12-4
営業時間:7:00~12:00ぐらい?
定休日 :日曜日
駐車場 :なし
HP   :食べログ

国道7号線(南側)から青森魚菜センターに向かって露地を進んでいくと、道路に張り出したテントが見えてきます。
遠景(実際は見えていない)
この張り出したテントのお店は2軒あり、その2軒目(北側)がお目当てです。

青森市の素朴なグルメの代表格の一つ、こちらのお店の焼きおにぎりです。
外観兼内観
看板なし、メニュー表記なし、という事前情報命のお店です。

七輪に火が入っていないので、中のおばあちゃんに聞くと、おにぎりは30分ぐらいかかるとのこと。
そのころにまた来ると伝えて、隣の青森魚菜センターを見学。
青森魚菜センター東口

店内
時間は朝10時のちょっと前。
このぐらいの時間は空いているようです。
ちなみに、1時過ぎに通ったときは行列ができていて、店内の移動も大変なぐらいの混み具合でした。

いろいろと用を足して約束の30分経過前にお店に行くと、焼いてました。
メインメニュー
しかも、手前には青森市名物の生姜味噌おでんもある!
あるとは聞いていましたけどねwww

あとは焼き魚がありました。
焼き魚
値段は不明ですwww

焼きおにぎり1個150円、おでん1個100円。
量はいらないので、焼きおにぎり1個+おでん3個で450円お支払い。
食べる場所はないので急ぎ足でホテルに戻っていただきました。

まずは焼きおにぎり。
焼きおにぎり
私の認識では、焼きおにぎりは醤油味か味噌味が定番。
しかし、こちらは「ふんだんな鮭のほぐし身を塩おにぎりに~黒ゴマをまぶして」となります。

中身です。
断面
外はご飯とゴマがカリッと香ばしい。
中身はふわっと。
たくさん混ぜられた鮭のほぐし身がその脂でおにぎりにいい味をまとわせています。

素朴でおいしい。
お持ち帰りで冷めてしまったらお茶漬けにしてもおいしいと思います。

生姜味噌おでん。
生姜味噌おでん
手前は油揚げではなく、青森市独自の大角天(薄く大きいさつま揚げ)です。
おでんの出汁で煮たものに、生姜を利かせた甘めの味噌をかけたもの。
生姜のピリッとしたアクセントに甘じょっぱい味噌の味が、おかずにもおやつにも酒のつまみにもぴったり。

こういう、地味だけどしみじみとおいしい食べ物っていいですよね。
スポンサーサイト

「青森県青森市」ごじゃらし

ジャンル:居酒屋
住所  :青森県青森市古川2丁目11-11
営業時間:17:00~22:30ぐらい?
定休日 :日曜日
駐車場 :なし
HP   :Facebook食べログ

陸奥湾の夏の味覚、ほたて、うにだけじゃないのです。
ということで、こちらにお邪魔しました。
外観

海鮮系居酒屋ということで、地物は(入荷できない事情がある場合はさておき)押さえているようです。
七子八珍

堂々九品隠れ十品
お目当てはこの中の八珍のひとつ、ふじつぼです。

メニューを確認。
メニュー

メニュー

メニュー
おーけぃ、ふじつぼ確認!

お願いしている間、カウンター周りを見てます。
店内カウンター

カウンター上のお面

ねぶた
地元らしい、ねぶた色満載です。

ふじつぼ到着前のお通し。
お通し
枝豆につぶ。
青森には青森毛豆というのがありますが、旬(最盛期は9月ぐらい。訪問はお盆のころ)にはまだ早いようですが・・・
失礼ながら、8月のだだちゃ豆には及ばない枝豆でした。
とはいえ、普通の枝豆ですので、まずいというわけではありません。
つぶはおいしかったです(*≧∪≦)

ケチつけてごめんなさいm(_ _)m

さて、いきなりメインディッシュですが・・・その前に、ふじつぼについてちょっとだけ。
ふじつぼは貝の仲間に見えますが、甲殻類、つまりはカニやエビの仲間です。
甲羅が本体に比べるととにかく厚くて大きい、しかも移動できないカニだと認識するといいと思います。

で、これです。
gojarashi_fujitsubo1.jpg
大きさはだいたいですが、高さは6㎝前後でしょうか。
突き出ている爪、まさにカニ爪のようなものをつまんで引っ張り出します。

ふじつぼの特徴というか、欠点は可食部がとにかく少ない。
gojarashi_fujitsubo2.jpg
今回いただいた中で最大可食部がこれです(写真中央の、濃いめの乳白色のやつ)。
しかし、味はおいしい!
カニの身の濃い感じ、人によってはカニ味噌のよう、と表現する人もいます。
船で仕事する人間からは嫌われるふじつぼですが、こうなると漁師にとっては格好の獲物ですね。

※このふじつぼは、「ミネフジツボ」という大型の種類。小さい種類も食べられると思いますが、ミネフジツボでこのぐらいしか可食部がないので・・・出汁にはいいかも。

これだけじゃ帰れませんので、うにも食べました。
うに
濃厚でおいしかったです。

また、貝みそ焼きも。
貝みそ焼き
使い込んだほたての貝殻です。
やっぱり、こっちの方が風情があっていですね。
しかも、何度も焼け焦げた味噌やほたての出汁などの香りがするのがまたいい。

最後は鶏ぞうすいで〆ました。
雑炊
うん、満足です。

青森市の繁華街からは少々離れていますが、これまたいいお店発見です。

「青森県青森市」津軽海鮮 いなせ

ジャンル:居酒屋
住所  :青森県青森市古川1丁目16-18
営業時間:17:00~23:00
定休日 :日曜日
駐車場 :なし
HP   :商店街公式食べログ

青森魚菜センター(青森のっけ丼をやっているところ)にもお店を出しているらしい、こちらのお店に行ってきました。
外観
陸奥湾の夏の味覚の一つ、ほたては外したくないところ。

メニューはこちら。
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

お酒のメニューはこちら。
メニュー
なんてことない品揃えに見えますが、むつ市の日本酒、寒立馬は珍しいらしいです。
小さい酒蔵で、むつ市周辺でほとんど消費されてしまうとか。

お酒をお願いして、お通し到着。
お通し
茄子の煮びたし(でいいのかな?)です。
まあ、普通ですw

まずはほたて。
私は刺身よりも火を通したものが好きなのでこちら。
ほたて焼き
ちょっと醤油入れすぎだろ、と思いましたが、よく醤油を切って食べれば平気。
やっぱりヒモがうまい。
ちょっとクニクニっとした歯ごたえと貝柱よりも濃厚な味。
ここが一番おいしいと思います。

青森に来たらほたてといえばこれを食べないわけにはいかない。
貝焼き味噌
貝焼き味噌。
本物のほたての貝殻を使うお店と、貝殻形状を模した小鍋を使うお店がありますが、こちらは後者。
使い込まれた貝殻だと、香ばしい香りがプラスアルファされるので、そちらの方が好きですが、根本的には味は変わりません。
ほたて、おいしいです。

そして、津軽地方・陸の夏の味覚といえばとうもろこし。
とうもろこしの刺身
お刺身(生とうもろこし)です。
このように、醤油も塩もつけずにいただきます。
とうもろこしの刺身
さわやかな甘味で、青臭さはほとんどありません。
嶽きみか?
聞くのを忘れましたwww

特別すごい料理があるわけじゃありませんが、魚介系は安いし、味も信用してよさそうです(ほたて以外の魚介は食べてないですがwww)。

「青森県三戸町」道の駅 さんのへ 「さんのへ交流ひろば」

ジャンル:道の駅・産直
住所  :青森県三戸郡三戸町川守田西張渡39-1
電話番号: 0179-22-0600
営業時間:9:00~18:00
定休日 :なし
駐車場 :道の駅なのでたくさん
HP   :道の駅公式産直公式産直食べログ

城館訪問の際にはお土産探しもしますので、道の駅に寄りました。
外観

まずはお土産を物色。
お土産品

お土産品

お土産品
日持ちのするこれらの中から、「神ツ実ジャム」と「ジョミキャンディー」を購入。
どちらもガマズミの実が原料で、ジョミはこのあたりの俗称とのことです。
どちらも酸味があります。
生の実はとっても酸っぱいんでしょうね、きっと。

また、ジャムは粘度が低く、スプーンですくいあげると、とろとろっと流れ落ちるぐらいです。
ヨーグルトに入れてますが、通常のジャムより多めに入れないと酸っぱさが際立ってしまいます。

そしてランチはこちら。
併設のSAN・SUN産直広場内の食堂です。
メニュー

ひっつみができるのを待つまでの間、水を取りに行くと、漬物がありました。
サービスの漬物
サービス品です。

席に戻る途中にポスターに気付く。
店内ポスター
面白かったので撮影しましたw

ほどなくひっつみが出来上がって、カウンターで受け取り。
ひっつみ

お味ですが・・・
以前ご紹介した盛岡市のひっつみ亭とやはり同系統のお出汁です。
あっさりさっぱりとした、和のお出汁です。
鶏の出汁は感じないので、昆布とか鰹節とかで取っているものと思います。

ひっつみそのものはひっつみ亭は違います。
ひっつみ亭はコシが強い感じですが、こちらは柔らかめです。
これはもう、どっちが美味いかではなく、どっちが好みか、という話ですね。

店外では南部地方でよくある田楽が売っていました。
店外販売
田楽とともに、貝っこ餅にも惹かれましたが、もう満腹だったので次回にしようと断念しました。

「青森県八戸市」懐かし屋

ジャンル:居酒屋
住所  :青森県八戸市六日町 「八戸屋台村 みろく横丁」
電話番号:090-6682-6606
営業時間:16:30~25:00
定休日 :無休
駐車場 :なし
HP   :みろく横丁公式食べログ

八戸に来たらみろく横丁に寄ってしまいますが、お店もお客さんもスタート時間が早いので、ちょっとホテルでゆっくり・・・なんてやってるとお店を探すのに苦労します。
なので、早めに出たつもりでしたが、狙っていたこちらのお店は満席でした・・・
しかし、ほかのお店を物色していると席が空いたので即入店です。
外観
人気あるなぁ。

メニューはこちら(一部)。
メニュー

メニュー

メニュー

やっぱり、八戸に来たらサバは外せないでしょう。
サバ刺
サバ刺です。
〆サバではありません。
本当に新鮮でないと怖くてお店も出せないメニューです。
柔らかいし、脂もほどほどにのっているし、おいしい。

変わったお酒はないかな、とあったのがこちら。
いかすみリキュール
「こんな生臭いの飲めるか!」みたいな罰ゲーム感覚を期待したのですが・・・普通においしいw

そして、ちょっとこってりしたのを食べたいな、とこちらのスーパーホルモン焼。
ホルモン
「スーパー」というだけあって、臭みはないし、ぷりぷり柔らかホルモンがおいしいことおいしいこと。

これは間違いなく良店ですね。
また行きたいものです。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
47位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ