レストラン ビッキ石

ジャンル:定食・焼肉・丼・カレー
住所  :山形県米沢市万世町桑山1490-8
電話番号: 0238-28-2450
営業時間:11:00~15:00、17:30~20:00(土日祝:17:00~20:00)
定休日 :月曜日
駐車場 :10台以上
HP   :公式食べログ

盛りがいいので昔から有名なこちら、レストランビッキ石。
だいぶ前に新メニューが登場したことを聞いてはいたのですが、なかなか機会がない・・・
と思っていたら、福島訪問する際にやっとお昼時にお邪魔することができました。

店内を見ると、昭和な食堂な感じ。
メニュー

しかし、侮ってはいけません。
お肉屋さんが経営するレストランで、ここは米沢市。
メニュー
8,000円オーバーのステーキがあるんです!
・・・頼みませんでしたけどね。

他にはちょいとお高めから手の出しやすい600円台まで、さまざまなメニューがあります。
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

そして、これが私の狙ったメニュー。
傾奇者カレーメニュー
メニュー写真を撮り忘れたので、公式ページから拝借。

さすがに総重量1kgはどうあがいても無理なので、姫傾奇者カレーにしました。
姫傾奇者カレー(上から)

姫傾奇者カレー(横から)
それでも普通に大盛りカレーですw

また、なぜこれが傾奇者カレーなのか・・・
まず、このお店の近くには前田慶次の慰霊塔と晩年を過ごした無苦庵など、彼の足跡があることからそれにちなんだメニューを開発したそうです。
そして、なぜこれで傾奇者になるのかですが、伝前田慶次所用の兜を模したご飯の盛り付けだから、です。
伝前田慶次所用の兜
※宮坂考古館(所在地:米沢市東1丁目2-24)所蔵

さて、お味ですが・・・
カレーは野菜もお肉も溶け込んだタイプで、粘度は低めのさらさらカレー。
辛さは小辛程度で、たいていの人は大丈夫な辛さ。
おいしいビーフカレーです。

フライ系のトッピング。
姫傾奇者カレー(トッピングアップ)
固めの揚げ具合で、カレーに浸してもそう簡単にはフニャフニャ衣にはなりません。
とんかつのお肉がもうちょっと厚いとうれしかった・・・

肉系メニュー満載のお店なので、がっつりいきたい時にはおすすめします。
スポンサーサイト

カレー館

ジャンル:欧風カレー
住所  :山形県寒河江市新山1丁目45-3
電話番号:0237-86-8420
営業時間:11:30~15:00、17:30~21:00
定休日 :月曜日
駐車場 :20台程度
HP   :食べログ

久しぶりに欧風カレーを食べようと、寒河江市の人気の老舗のこちらへやってきました。
外観

昼時は混み合いますので、ちょっと時間を遅らせてきたら、店内はあまりお客さんがいませんでした。
店内

メニューはこちら。
メニュー

メニュー

メニュー

いろいろありますが、個人的に欧風カレーの代表格と決めつけているカツカレーにしました。
カツカレー(上から)

カツカレー(横から)
こちらのお店はワンプレート方式です。
かなり横幅のあるお皿が特徴。

カツの厚さをチェック!
アップ
厚くもなく薄くもなく、標準的な厚さでしょうか。

さて、お味ですが・・・
カレーを一口ほおばると、牛肉、野菜の旨味、甘みが感じられます。
そして、そのあとに辛さがきます。
辛いとはいっても小辛、といったところでしょうか。
辛さは「甘口、中辛、大辛」から選べるのですが、指定しなかったのでおそらくこのお店の定義でいうところの甘口でしょう。
カツはさっくり揚がっていておいしくいただけました。

ずいぶんと長い間足が遠のいていましたが、さすがの老舗、おいしいままでした。
冬季限定の鍋焼きカレーうどんを試してみたくなりました。

ラーメン405(よんまるご) 2回目

※1回目はこちら

ジャンル:ラーメン
住所  :山形県村山市楯岡新町4-5401-10
電話番号:0237-51-4042
営業時間:11:00~14:30、17:30~19:30(ただし、水曜日のみ夜休み)
定休日 :木曜日
駐車場 :8台程度
HP   :Facebook食べログ

前回訪問から1年近く。
前回食べた時は醤油味の山ラーメンハーフ(ニンニク抜き)。
その時感じたのは、「ニンニク抜かずに味噌味にしたらバッチリ好みかも?」ということでしたが、あれよあれよと時間が経過し、やっと行ってきた次第。
看板

外観

券売機の上に写真メニューが飾られるようになっていました。
写真メニュー

券売機。
券売機
前回と変わったことといえば、「二代目中華そば」が三代目に進化していること、煮干しラーメンがラインナップされたこと。

ちなみに、1月の限定麺は酒粕味噌ラーメン。
・・・相当惹かれるものがあります。

しかし、初志貫徹。
山ラーメンハーフ味噌です。
山味噌ハーフ(上から)

山味噌ハーフ(横から)
ハーフとはいえ、麺量200g、もやし等200gですから、標準的なラーメンよりも多い。

麺は相変わらず中太~太ストレート麺。
アップ

さて、お味ですが・・・
スープを一口すすると、「やっぱり! これ好みの味だ!!」と感じました。
優しい出汁に味噌とニンニクのパンチがドカン! ときます。
そこに背脂の甘味が加わっていい感じ。
・・・ただ、かなりしょっぱい。
おそらく、ノーマルの山ラーメン(麺量300g、もやし等400g)に合わせた味付けではないでしょうか。
たまたまミスったのか、それとも本来の塩分濃度なのかは不明です。

麺は相変わらずのコシ・弾力で、パンチが利いた味噌スープにばっちり合います。
この麺とスープの組み合わせは、誤解を恐れずに言えば、ひと昔、いやふた昔前の札幌ラーメン的な印象。
最近はどさん娘チェーンとかくるまやチェーンをあまり見かけなくなったので、懐かしい感じがあります。

チャーシューは相変わらずで、スープの中に浸しておくとすぐにホロホロっと崩れてしまう柔らかさ。
ちょっとしょっぱめの味付けも変わりません。

こうなると、塩が気になってきました。
次はいつ行けるかな~?

道の駅 鳥海「ふらっと」(2回目)

※1回目はこちら

ジャンル:道の駅
住所  :山形県飽海郡遊佐町菅里字菅野308-1
営業時間:
 食堂「ふらっと」=9:00〜18:00(冬期間は17:00まで)
 ファストフードコーナー=8:30〜18:00(冬期間は17:00まで)
 ラーメン「味の駅」(別棟)=9:00〜18:00(冬期間は17:00まで)
 ベーカリー工房「ほっほ」(ラーメン屋と同じ建物)=8:30〜18:00(冬期間は17:00まで)
定休日 :基本無休
駐車場 :道の駅なので、いっぱいです(けど、観光シーズンの土日は混み合います)
HP   :http://www.chokai-flat.com/" target="_blank" title="こちら">こちら

食堂「ふらっと」に期間限定メニューがあるということでいってきました。
食堂のメニューはこちら。
グランドメニュー

このグランドメニューの中で、2018年1月のお勧めになっているのがこちら。
おすすめメニュー

おすすめメニュー
この秋~冬は鮭が不漁だったので、この時期定番のイクラ丼のようなものはお休みのようです。

さて、こちらが限定メニュー。
限定メニュー
冬の日本海といえば脂ののった真鱈。
山形では寒ダラとよばれて人気の魚です。
期間限定、土・日・祝日限定、1日5食限定と、これでもかと盛りだくさんの限定づくし(あまりうれしくないw)。

ほぼ朝一だったので余裕で注文できました。
タラフライ定食

さっそくフライを割ってみると・・・
タラフライのアップ
分かりにくいのですが、中からタラの脂が流れ出てきました。
食べてみると・・・うん、うまい。
衣がガリガリ系ですが、私は気にならないですね。

で、ふとドレッシングは・・・と探してみると、おや?
ドレッシング
のり? のりドレッシング???

試しにかけてみたところ。
海苔ドレッシングをかけたサラダ
想像通りの見た目、色合いです。

お味は、桃〇の「ご〇んですよ」に似た風味。
のりなんだから当たり前ですけど。
酸味はほとんど感じられませんでしたが、「ごは〇ですよ」にオリーブオイルと酢をうまい具合に混ぜ込むと似た味になりそう。
ごはんのおかずになるドレッシングですね。
とんかつ定食についてくるキャベツの千切りにソースをかけてご飯のおかずにしている人には重宝されるかも。

朝食を熱々のフライで済ませた後に、ふらふらとファストフードコーナーを偵察。
ファストフードコーナー
ここの道の駅は休日は混み合いますので、臨戦態勢がすでに整っています。

ここにも土・日・祝日限定のお弁当がありました。
ファストフードコーナー
こちらもおいしそうなのはいいんですが・・・2個しかない?
厨房から持ってくる気配も感じられませんが・・・もう売り切れ間近???

お弁当は次回に、ということで道の駅を後にしました。

中華そば 七郎

ジャンル:ラーメン
住所  :山形県飽海郡遊佐町北目蟻塚80
電話番号:0234-77-2247
営業時間:平日、土:11:00~14:00、17:00~19:00・日祝日11:00~15:00
定休日 :水曜日、第3木曜日
駐車場 :なし? 店舗前に数台の駐車は可能
HP   :公式食べログ

日本各地に銘水の里がありますが、鳥海山麓もその一つ。
鳥海山に降り積もった大量の雪が湧き出てきます。
しかも、海中にもその湧水口があることから水温が低く、そのおかげで調査会さん沿岸の夏の名物、おおぶりな岩ガキなんかが有名です。
また、湧水量の多さと味の良さから、今でも地域で湧水を使っている場所もあります。

人里に湧く湧水としてはこちらが有名。
神泉(かみこ)の水
神泉(かみこ)の水です。
住所:山形県飽海郡遊佐町吹浦女鹿64の近く(南側)
冬に飲んだのでちょっとぬるめに感じましたが、それは外気温のせいでしょう。
水温は5℃よりは高いけれども10℃には絶対届かない程度と思われます。
柔らかくおいしい水です。
※注:国道7号線からの曲がり口は分かりにくく、道は細く、駐車場もありません。近所の方や他の車に迷惑をかけないよう注意が必要です。

さて、おいしい水をいただいて、おいしいラーメンを食べに行ったのがこちら(前置き長くなりました)。
外観
ただの路側帯としか思えない場所が駐車場代わりになっているようです。

メニューはこちら。
メニュー
しょうゆ、塩、味噌の基本パターンにトッピングの違いがあるだけのシンプルメニュー。
麺の太さを選べるのはうれしい。

一番人気はしお中華らしいのですが、あえてワンタン麺にしました。
ワンタン麺(上から)

ワンタン麺(横から)

こちらはアップ写真。
アップ
麺は太麺をチョイス。
ふわふわとスープに浮かぶワンタンの薄さが見てとれます。

お味ですが・・・
まずはスープ。
脂浮きの少ない、あっさりとした中華そばのスープです。
動物系は鶏がメインでしょうか?
あとは煮干か焼き干しあたりの魚介出汁が感じられます。
どちらかが突出するような感じではなく、混然一体とした感じ。
毎日食べられそうな味です。
・・・この味の秘訣の一つが鳥海山麓のおいしい水によるものかもしれません(神泉の水の伏線終了w)。

麺は太麺をチョイスしましたが、どちらかといえば中太?
縮れた麺をしゃっきりと茹で上げていて好みです。

ワンタンは「つるっ、とろっ」という感じでスルスルっとのどの奥に吸い込まれていく感じ。
やはりワンタンは皮が薄いのが好みです。

チャーシューはまあ普通かな。
薄くスライスされたバラ肉ですが、2枚あるのでボリューム的にも普通でしょう。

そして、このお店ではデザートが無料でついてくるのです!
デザート
ミルク感がしっかりとしたアイスクリーム。
いいですね~~~

麺もボリュームがありますし、国道などの幹線道路からは離れていますが、あっさりラーメン好きな人ならお近くに来たらぜひ、とお勧めできるお店です。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
46位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ