麵屋 大志

ジャンル:ラーメン・つけ麺
住所  :山形県東根市中央3丁目7-2
電話番号:0237-43-7760
営業時間:平日11:00~14:00、17:00~20:00、土日祝11:00~14:30、17:00~20:00
定休日 :火曜日
駐車場 :15台程度
HP   :食べログYamagataWay(山形の地域情報誌のHP)

久しぶりに訪れたこちらのお店。
看板

外観
地元の人気店です。

建坪は小さめながら、2階席もあるので30人ぐらいは収容できそうです。
店内
※2階席は入ったことはありません。

さて、メニューですが、潔いです。
メニュー
ラーメン(醤油・味噌)とつけ麺(醤油・味噌)の基本にライス。
あとはトッピングのバリエーションと、トッピングを使った一品料理のみ。

いつもは小盛辛みそラーメンなのですが、辛みそが別皿なのはGoodながら、混ぜるとしょっぱくなりすぎるのが欠点。
ということで、初めて中華(醤油ラーメン)にチャレンジです。
小盛中華チャーシュー+小ライス(上から)

小盛中華チャーシュー+小ライス(横から)
小盛中華チャーシュー(600円)+小ライス(70円)。
小盛といいながら、そんなに小さくない、たぶん0.75人前ぐらいの量。
そこにご飯茶碗一杯分のごはん。
なかなかコストパフォーマンスがいいと思います。

特に、小ライスに端チャーシューがついていたヾ(o´∀`o)ノ
ライスアップ
以前に小ライスを頼んだ時にはついてなかったはずなので、ある時限定のサービスでしょうか?

こちらはラーメンアップ。
中華アップ
やや平打ち気味の太縮れ麺がおいしそう。
スープにはラードが薄めに膜が張っています。

さて、お味ですが・・・
動物系+魚介(たぶん煮干)系が混然一体となったタイプで、動物系が前面に出ています。
味付けはちょうどよく、あっつあつのスープはおいしいです。
麺は茹で加減バッチリで、つるつるもちもち。
チャーシューはややしょっぱめ仕上げですが、スープに浸して温めた後にライスにライドオンにぴったり。
ラーメンの印象を誤解を恐れずに言えば、赤湯龍上海と似た味の組み立てです。

ライスは山形県産米使用でいい炊き上がり。
端チャーシューは普通のチャーシューよりしょっぱめ。
肉肉しい感じで歯ごたえはありますが、繊維に沿ってほどける感じなので食べにくいことはありません。
これを細かくしてチャーハンに入れるとおいしいはずです。

人気店なので、お昼は混み合うことが多いようですのでご注意を。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

龍横健 谷地店

ジャンル:ラーメン
住所  :山形県西村山郡河北町谷地所岡2丁目19-3
電話番号:不明
営業時間:11:00~14:00
定休日 :月曜日
駐車場 :6台同程度?
HP   :食べログ

新庄市にあった龍横健(参考:こちらこちら)が閉店し、河北町にのれん分けのお店ができたのは知っていましたが、なかなかタイミングが合わずに店の前を素通りすること何度か。
先日、なんとかタイミングを合わせられたので行ってきました。
看板

外観
龍横健の味はだいぶ記憶が薄れていますが、のれん分けなのできっとおいしいだろうと期待しての訪問です。

さて、メニューはこれのみ。
メニュー
小さく書かれた「魚100」とは魚粉のこと。

店内はL字型のカウンターのみ。
店内
店内の席数は10前後。

特徴的なのがこの席。
店内
座ると厨房の中が見えなくなり、下の隙間からラーメンが提供されるスタイル。
こういうスタイルって初めてです。

実質メニューはラーメンのみなので、当然出てくるのもラーメン。
ラーメン(上から)

ラーメン(横から)
新庄の龍横健の写真と比較しようと思ったら、ノーマルの写真がないことに気付くwww
でも、だいたいこんな見た目だったと思います。

麺アップ。
ラーメン(アップ)
太縮れ麺は私の好み。

さて、お味ですが・・・
動物系を土台に魚介(煮干系)を利かせたスープ。
表面を覆う脂はラードでしょう。
この手のスープらしく、どっしり利かせた出汁が強く主張します。
そこに合わさる太縮れ麺はごわごわしていて噛むともっちりとおいしいもの。
縮れがスープをがっちりと持ち上げます。
もも肉とバラ肉のチャーシューも肉感を感じさせつつ固くはない仕上がりでおいしい。
そして、新庄のお店からの伝統の穂先メンマ。
頭は柔らか、根元のちょい歯ごたえありでいい箸休め。

新庄のお店の味ははっきりとは思い出せませんが、なんとなくこんな感じだったかな、と思い出させられる一杯です。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

山下食堂

ジャンル:そば・うどん・ラーメン・丼・居酒屋
住所  :山形県東根市温泉町2丁目2-1
電話番号:0237-42-0027
営業時間:11:00~14:30、17:30~23:00
 ※おおよその目安の時間です
定休日 :不定休
駐車場 :20台程度
HP   :食べログYamagataWay(山形の地域情報誌のHP)

山形県は東根市に「東根温泉」という、小規模な温泉街があります。
そこには明治45年創業という百年食堂があると聞き行ってきました。

駐車場は食堂からちょっと離れていますが十分な広さがあります。
目印は片側一車線の道路に面する足湯施設。
その裏手に駐車場があります。

そこからお店を見たところ。
駐車場から見た店舗
離れているとはいえ、お店は目と鼻の先。
外観

さて、お目当ては決まっていますが、メニューは確認しております。
メニュー

メニュー

メニュー
他に種類は多くはないながらおつまみメニューもあります。

お目当てはカツ丼。
どうも評判がいいようですので。
カツ丼(ふたあり、上から)

カツ丼(ふたあり、横から)
ふたが閉まらないカツ丼です。

開けてみますと・・・
カツ丼(ふたなし、上から)
けっこうなボリューム。

カツの厚さチェックw
カツ丼(アップ)
特別厚くも薄くもない印象です。

さて、お味ですが・・・
カツはあまり煮込んでいないのでさっくり感がまだ残っています。
特徴的なポイントが2つ。

1つ目は玉ねぎにあまり火を通していないこと。
甘めの丼たれに玉ねぎに残った辛味がアクセントになります。
これは苦手な人もいるでしょうねぇ。
私は「あり」でした。

2つ目はつゆだく仕様ということ。
作っている最中に厨房にちらりと視線を移したところ、店主さんかな? が丼たれをご飯の上からちっちゃいヒシャクみないなので3~4回ぐらいかけていました。
なので、丼の底はたれでだくだくで甘じょっぱい。
これも苦手な人がいるでしょうねぇ。
私はしょっぱすぎと感じたので「なし」かな。

全体的に言えば、玉ねぎが半生なのが珍しいぐらいで普通においしいカツ丼でした。
次いくときは「たれ少な目」でお願いしてみようかな。

テーマ :
ジャンル : グルメ

高畠Sio-Ya 山喜

ジャンル:ラーメン
住所  :山形県東置賜郡高畠町福沢13-3
電話番号:0238-57-2552
営業時間:9:00~14:00
定休日 :木曜日
駐車場 :7台程度
HP   :食べログYamagataWay(山形の地域情報誌のHP)

朝ラーメンをいただこうと寄ったのがこちら。
看板

入り口

店内はカウンター代わりの大テーブルと座敷席があります。
店内

メニューはこちら。
メニュー

説明+メニュー
以前は会津山塩ラーメンと呼ばれていた「Sioラーメン」と藻塩を使った「日本海藻塩ラーメン」がウリのお店です。
喜多方の名店「喜一」さんで修行をされたということで、米沢ラーメンと赤湯ラーメンというご当地ラーメンに挟まれた高畠町で喜多方系のラーメンを出されています。

実は塩系はどちらも食べたことがありまして、おいしいのはもう実証済み。
では、しょうゆになったら想像どおりにおいしいのか・・・と思って注文したのがこちら。
しょうゆラーメン(上から)

しょうゆラーメン(横から)

しょうゆラーメン(アップ)
まったく、美しいとしか言えないシンプルなフォルムのラーメンです。

さて、お味ですが・・・
予想どおり、素晴らしい出来栄えでした。
スープは動物系が前面に出ていて旨味もしっかり。
あまり多くはないものの、脂(豚かな?)がコクも与えています。
濃厚さではなくすっきりした旨味たっぷりのスープです。

そこに合わせられるのが平打ち中太縮れ麺。
びろびろに縮れた麺がスープをたっぷり持ち上げます。
つるつるとしていてコシもあるおいしい麺です。

チャーシューはバラ肉。
柔らかくゆでられていて、余分な脂は抜けています。
味付けはしょっぱすぎず肉のおいしさを感じられる塩加減。

たいへんレベルの高い一杯だと思います。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

和風れすとらん むら熊

ジャンル:ラーメン・そば・うどん・丼
住所  :山形県東村山郡中山町長崎2994-5
電話番号:023-662-3325
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00
定休日 :火曜日
駐車場 :約18台
HP   :食べログ

なにか昼ご飯を食べようとぶらぶらしていて思い出したのがこちらのお店。
看板

外観
名物は長崎ちゃんぽん(中山町「長崎」にあるお店だからw)とくま丼です。

店内はこんな感じ。
店内
何気に写真奥に写っている「I Love Nakayama」Tシャツが田舎らしさを感じますw

メニューはこちら。
メニュー

メニュー
田舎らしくかなり広範囲にカバーしていますので、大人数で訪れても「食べたいものがない」ということはなかなかないでしょう。

私は初めて食べるミニくま丼(680円)にしました。
ミニくま丼
ミニなのに普通サイズよりも大きい丼。
きっと、ミニじゃない丼と一緒の器でしょう。

開けてみますと・・・
ミニくま丼(上から)
ミニなので控えめの盛り付けなんでしょうが、チェーンの牛丼屋さんのレギュラーサイズぐらいあります。
また、見た目は玉ねぎ多めの牛丼ですが、中にはとんかつが入っています。
ミニくま丼(アップ)
寄りすぎてしまって曇ってしまいました。
カツは煮込まれておらず、衣は牛丼のたれをまとっています。

これに生卵をかけていただきます。
ミニくま丼(生卵をかけたところ)

さて、お味ですが・・・
牛丼はまあ普通の味。
ちょっとしょっぱめかな?
とはいえ汁だくではないし、生卵を入れるのでちょうどよくなります。
とんかつは厚さ、大きさ共に控えめサイズですが、牛丼分を考えると、ご飯とのバランスはとれています。
煮込まれていないので、さっくりした衣が私の好みです。
牛丼のたれが少々衣に染みていて、ここに生卵が合わさると、味的にはまさしく「とろとろ卵のかつ丼」。

なかなか見かけない構成の丼ですが、いけますよ、これ。
次は長崎ちゃんぽんかな。

テーマ :
ジャンル : グルメ

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
65位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ