羽後吹浦館(西楯・東楯)

ジャンル:中世山城
所在地 :山形県飽海郡遊佐町吹浦西楯
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :サンセット十六羅漢の駐車場をお借りできます
登城日 :2017年12月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城時期・築城主とも不明。
分かっていることといえば、吹浦館は3つの楯で構成されていたと言われ、東楯、西楯、フルタテと呼ばれています。
西楯は江戸時代の頃は「宰相殿の館」と呼ばれていたということですから、西楯が主郭なのでしょうか。
また、東楯の麓(麓というほどの高低差ではないのですが)には庄内藩の関所の御番屋があったということです。

【縄張】
破壊のため不明。
遺跡指定範囲が東楯と西楯を含むもののようですが、フルタテがどこをさすのか分かりません。

【写真】
南の港付近から見たところ。
遠景
日本海に突き出た小丘陵を利用した城館であることがよく分かります。

遺跡指定範囲の西端にあるサンセット十六羅漢。
サンセット十六羅漢
ここの駐車場は海岸にある十六羅漢岩のための駐車場でもあるため、サンセット十六羅漢を利用しなくても怒られないはずです(長時間の迷惑駐車を除く)。

サンセット十六羅漢の駐車場から吹浦小学校方面を撮影したもの。
駐車場から小学校方向を撮影
遺跡指定範囲内ですが、特に加工されたようには見えません。

そこから小学校をパスして、遺跡指定範囲の最高所あたり(県道210号線の南側)。
小学校の東にある空き地
左に見える建物は神社(なに神社かは不明)です。

神社を上から見下ろしたところ。
神社
郭跡を利用したものでしょうか?
また、写真右手、神社の境内との境になっている斜面の上が土塁のように見える・・・

西側から撮影したもの。
空き地の一部
立ち入り禁止なので近くまで寄ってみることはできませんでしたが、土塁のように伸びています。
しかし、山形県の公式資料では言及されていないので、土塁ではないのでしょう。

さらに西側を確認しましたが・・・
空き地の一部
藪でさっぱり分かりませんが、遺構があるようには見えません。

道路北側は宅地になっており、近づくのがはばかられる感じです。
道路北側の住宅地

完全に消滅した城館です。
なお、この城館が山形県最北の城館となります(今後新たな城館が発見されなければ)。
スポンサーサイト

羽後大館楯

ジャンル:古代?~中世平城
所在地 :山形県飽海郡遊佐町小原田大楯 ・ 塚 ・ 大槻 などの周囲を含む一帯
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :大楯遺跡(史跡公園)となっている場所に2台程度
登城日 :2017年12月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
説明板

説明板

【縄張】
史跡公園となっている場所以外はすべて破壊されており不明。

【写真】
史跡公園の全景。
全景
微妙な差ですが、北側が一番高く、その次は南側、中央部が一番低くなっています。

南側には特にこれといったものはなく、まずは中央部。
堀跡にも見える場所に祠のようなものがありました。
五輪塔
墓地(聖地)の可能性が指摘されているようですが、墓地はないんじゃないかと。
聖地だとすると氏神を祀った祠という方が自然な気がします。

北側の郭(?)に移りますと、こちらは屋敷地のようです。
北側の郭のほぼ中央にある建物跡。
中央の建物跡
ここにある建物の中で最も立派な作りです。

北側の建物跡。
北の建物跡
小さく作りも簡素なもののようですので、倉庫でしょうか?

西側の建物。
西の建物跡
これも小さい。

このそばには井戸跡があります。
井戸跡

南西の建物跡。
南西の建物跡
広さ的には中央の建物跡について2番目。
ただ、作りは簡素なもののようです。

最後に謎の石積み。
遺跡の北西を何気なく見たら碑のようなものが見えたので近づいてみました。
謎の石積み
碑文があるようでもないですし・・・
とりあえず写真に撮っておきました。

誰の城館か全く不明ながら、遺跡指定範囲を見ると古代(?)から中世初期の辺境の城館としては巨大です。
ただの地頭の屋敷ではなく、なんらかの実力者が楯主ではないかと想像させる城館です。

羽後北目楯(遊佐町)

ジャンル:中世平城
所在地 :山形県飽海郡遊佐町北目楯ノ内
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :遺跡指定範囲内にある公民館の駐車場をお借りするしかありません
登城日 :2017年12月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
余湖さんのHPによれば、「承久2年の鎌倉幕府の下知状に「北目地頭新留守殿」とあるとのことで、当地の地頭であった新留守氏の居館であったと考えられる。」とあります。
新留守氏・・・?

「留守氏」は有名どころでいえば伊達氏に吸収された留守氏がいます。
Wikipediaによれば、「源頼朝の奥州合戦後、陸奥国の留守職を務めた伊沢家景を家祖とし、家景の子・家元以降留守氏を称す。子孫は代々岩切城を拠点に活動した」とあるとおり、職名が苗字に変わっていったものです。

それでは、ということで調べますと、北目楯と同地域にある新田目城は出羽国司の留守職の城と考えれていますので、いずれかの者が土着して留守氏を名乗ったか、源義家に出羽国留守職に任じられたとされる須藤氏が留守氏を名乗ったと思われます。
じゃあ、この新留守氏は?
元々いたはずの留守氏に対抗して、「自分こそが新たな留守職である」という意味でそう名乗ったいずれかの関東武士かもしれません。

と、伝聞情報・推測を書きましたが、結局詳細不明です。

【縄張】
遺構と断言できるものはほぼないため詳細不明。

【写真】
まずはこの神社を目指すことになります。
神社
このすぐ南隣に公民館があり、短時間ならその駐車場に車を駐車できると思います。

この神社の北側を流れる水路。
神社北側にある水路
印象では、かつての堀跡を利用した水路だと思うのですが、根拠はありません。

神社・公民館の南側には微低地となっている農地があります。
堀跡と思われる微低地
これも印象では堀跡っぽいのですが、根拠はありません。

道路沿いに歩いていくと、土塁か櫓台のようなものがあります。
土塁跡のようにも見える地形
実は、この写真の左側で見切れているあたりに、はっきりとした盛土があるのですが、なぜか写真を撮り忘れました。

また歩いていくと、遺跡指定範囲の南端近くに農道がありました。
遺跡指定範囲の南端近く
この写真の左側(南側)も、もう少し遺跡指定範囲のようなのですが、完全に民家敷地なので写真はありません。
しかし、遺構のようなものはちらっと見た限りなさそうでした。

この農道を進むと遺跡指定範囲の西側が見れます。
遺跡指定範囲の西側
左側のハウスのあるあたりはそこそこ低くなっているので、これも堀跡でしょうか?

全体的に、城館跡らしい残滓がちらほらとあるように感じられますが、どこまで遺構を反映したものなのかは不明です。

羽前赤川城

ジャンル:中世平城
所在地 :山形県鶴岡市羽黒町赤川村中 の東半分程度
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年6月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城主、築城時期ともに不明。
武藤氏(大宝寺氏)の本城であった大宝寺城(大梵字城とも。戦国時代に尾浦城に移るまでの本城。近世最上氏領となった後には鶴ヶ岡城と改称)とは、赤川を挟んで約3㎞ほどの距離であることから、東側への侵攻・防備の重要拠点として築城されたのかもしれません。

【縄張】
破壊が進んでいるため不明。

【写真】
遺構は宅地化によって壊滅しています。
かろうじて痕跡らしきものとしては、南側の堀を埋めたと思われる道路。
南堀の跡か

それと東側の堀を埋めたと思われる農地。
東堀の跡か
写真奥に見える右手の道路沿いの立木の手前の道路辺りまでが遺跡指定範囲です。
さらにその手前の細い道路はもしかすると土橋だったのかもしれません。

羽前黒瀬館

ジャンル:中世平城
所在地 :山形県鶴岡市羽黒町黒瀬黒瀬 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年6月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城主・築城時期ともに不明。

【縄張】
宅地開発等により遺構が消滅したため不明。

【写真】
遺跡指定範囲のほぼ中心地に建つ黒瀬神社。
黒瀬神社
神社よりも公民館の方が大きいですけどね。

黒瀬神社の北には農業用水路が流れています。
黒瀬神社前の道路から、北に向いて左手(西)。
黒瀬神社の北を流れる水路
同、右手(東)。
黒瀬神社の北を流れる水路
ぐるっと回って西側から見たところ。
黒瀬神社の西を流れる水路
手前の水路(黒瀬川)に腰郭状のものがありますが、かつてそのように使われたかどうかは不明。

南側から見た全景。
全景
遺跡指定範囲は狭いですが、GoogleMapを見ると、北~東側に遺跡指定範囲の2倍以上の広さの城域を持っていたのではないか、と思われます。

最上氏と上杉氏の庄内領有争いにおける黒瀬川古戦場が西北西側にあります。
十五里ヶ原合戦で敗れた最上氏は黒瀬館を最前線として起死回生を図りますが、黒瀬川の合戦で敗北し、庄内進出の夢はついえました。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
46位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ