つるよしそば

ジャンル:そば・うどん・ラーメン・餅
住所  :山形県東根市大字蟹沢2201-3
電話番号:0237-43-4668
営業時間:11:00~20:00(夏季)・11:00~18:30(冬季)
定休日 :第1・第3月曜日
駐車場 :30台
HP   :公式食べログ

何気にお昼ちょっと前に国道13号線を移動中、こちらのお店でお昼にしました。
看板

外観
私が通るときはいつも混んでいるのですが、お昼前だったせいかガラガラでした。

新そばまつりのお得メニューが店頭に掲示されていました。
まつりメニュー

全メニューはこちら。
メニュー

メニュー

なんといっても、新そばということなので、そばを楽しめるメニューのこちらにしました。
合い盛りそば
合盛りげそ天板そばです。
げそ天といいながら、かぼちゃと大葉の天ぷらがついてくるのはうれしい。

そばアップ。
アップ
右が太打ち、左が細打ちなのですが・・・
細打ちというより乱切りそばですねw

さて、お味ですが・・・
まずは細打ちの方。
つるつるっとすすれてのど越しがよい、万人向けタイプですね。
二八なので、さすがにそばの風味は弱め。

太打ちは、短めのもの。
一回すすればすべて口の中。
こちらも二八なのですが、コシが強く、細打ちよりもそばの風味が強めに感じられます。
噛まないと飲み込めないせいもあるかも。

つゆは甘すぎず、辛すぎず。
出汁はしっかりしているけれども、控えめなので、そばを引き立たせるよう一歩引いたように感じられます。

天ぷらの揚げ具合もいいですね。
サクッと揚がっていてあっさりした板そばのいいアクセントです。
・・・個人的には、げそ天だけは固めの揚げあがりの方が好きですけど。

この辺りは良質な地下水に恵まれているので、その水の良さも味に出ているのかもしれません。
スポンサーサイト

南原そば会館

ジャンル:そば
住所  :山形県米沢市芳泉町18402
電話番号:0238-38-5212
営業時間:11:30~15:00
定休日 :火曜日
駐車場 :店舗脇と向かいに2か所、おおよそ7台
HP   :食べログ

まだ秋そばには早い時期ながら、ふと思い立って行ってきました。
外観
米沢市の中でそば栽培が盛んな南原地域のそば屋さんです。

店内に入ると、縦長の採光用の窓があり、おしゃれっぽく見えますが・・・
店内
厨房はこうw
厨房
お店は店主さんが息子で、配膳がお母さんかな? 2人で切り盛りしているようです。

メニューはシンプル。
メニュー

量は食べられないので一番シンプルと思われるざるそばにしたのですが・・・
お膳
左上からなすの煮びたし(でいいのかな?)、なんだかわからなかった煮もの。
右上からは温泉卵に漬物。
おかずが多いwww
あと、写真を撮り損ねたのですが、ピリ辛のそばみそもついてきました。

そしておそば到着。
そば
う~ん、これで800円はお得!

さて、お味ですが・・・
コシはあるけれども固いわけではない、多くの人に受け入れられやすいタイプの麺。
そばは十割かな?
でも、まだ新そばではないからちょっと風味が弱いかなぁ?
そばつゆはごくごくスタンダードなカツオ出汁。
全体としての味は、夏のそばとしては十分でしょう。

なすの煮びたし(?)は柔らかく煮込まれていて、ちょっとだけピリッとした辛さを感じるおいしいもの。
皮も薄くて食べやすい。
なんかの煮ものは特に感想なし。
普通においしいです。

そして・・・
温泉卵
なぜかついてくる温泉卵。

全国的にはどうか分かりませんが、山形ではごくごく少数ですが、卵をつけ汁に入れるお店があるのです。
たぶん、そういう食べ方をするためについているのだと思うので、ドボン。
卵にそばを入れたところ
ちょっと見た目が悪いのはご勘弁を。
こうするとそばの風味は卵に消されてしまいますが、あっさりしたそばに飽きたら濃厚にして、という趣旨ならオッケーじゃないでしょうか。

今度は秋の新そばシーズンに行ければいいなぁ・・・

鮨割烹 こい勢

ジャンル:鮨
住所  :山形県酒田市相生町1-3-25
電話番号:0234-24-1741
営業時間:11:00〜14:00(LO13:30) 、16:00〜22:00(LO21:30)
定休日 :月曜日
駐車場 :20台
HP   :酒田さんぽ(酒田観光物産協会公式HP)、食べログ

酒田駅と、酒田市の繁華街の中心部の中町の中間、少々駅寄りに立地するこちらのお店。
外観
港町酒田でも指折りの寿司店だそう。
そして、港町らしく地魚がいただけるお店です。

店内のカウンター席の背後。
店内
浅草で修行されたようです。

メニューはこちら。
メニュー

メニュー
カウンター式のお店にしてはリーズナブル。

まずはお通しはイカの塩辛。
お通し
臭みのない濃厚なワタとコリっとした身がおいしい一品。
酒の肴にはぴったりです。

次は適当に刺身を切ってもらいました。
刺身
・・・ちょっとマグロが変色してる? 一見だからなめられた?
と思ってしまいましたが、生臭いとかは一切なし。

どういうことだろう? マグロも熟成させるもの?
と思って調べたら、熟成させるとうまみが増すらしい。
疑ってすいませんでした!m(_ _)m


どんどん混んでくるし、まだ行きたい店もあるので、握りを2貫もらって出ることに。
私「しめ鯖と太刀魚」
(たぶん)大将「すいませんねぇ。さっき太刀魚終わりました」
ずずうぅぅぅん・・・
気を取り直して、しめ鯖とのどぐろにしました。

こちらがしめ鯖。
握り
しめ具合はあっさり。
夏のサバだからか、さっぱりのネタでした。

こちらがのどぐろ。
握り
こちらは塩が振ってありました。
これまたうまいのですが、のどぐろは値段が高いのが難点w

この値段でこれだけの味ですか。
港町という強みがあるにしても、すごいなぁ。

とん七 鶴岡こぴあ店

ジャンル :とんかつ主体の定食
住所  :山形県鶴岡市余慶町1-6
電話番 :0235‐29‐5525
営業時 :11:00〜15:00(L.O 14:30)、17:00〜21:00(L.O 20:30)
定休日 :不定休
駐車場 :たくさん
HP   :公式食べログ

9/4のランチで行ってきました、こちらのとん七。
外観
平牧三元豚、平牧金華豚の生産販売元の平田牧場直営のレストランです。

たまたまですが、フェアをやっていたので、これに決めました。
フェアのポスター

とはいえ、メニューを確認。
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー
ふむふむ、豚あわび揚げですか・・・

以前、東根市のからあげ専門店である「まるちょう」をご紹介したときに、『最初、「まるちょうのからあげがおいしいよ」と言われたときは、「丸腸の唐揚げが?」と思ってしまいましたが』と書きましたが、部位は違えどまさか本当にほるもんのから揚げがあろうとは思いもしませんでした。
ということで、これも注文決定。

とんかつを待つ間、ゴマをすります。
すり鉢でゴマをする
こちらのゴマはよく炒ってあって、する前からゴマの香ばしい香りが漂います。

で、先に来たのがあわび揚げ。
あわび揚げ
塩味がついているので、レモン果汁をかけていただきます。

食感は・・・あわび? とも違いますけど、コリコリしていて噛み切りにくい。
じっくりと噛んで味わいを楽しむ料理ですね。
脂っぽいんじゃないかと心配しましたが、脂は丁寧に取り除いてあるようで、そんなに脂っぽくありません。
・・・こりゃ、完全にビールのあてだわwww
まあ、想像してましたけどね。

とやっているうちに、平田牧場謹製、金華豚ヒレかつ膳が到着。
金華豚ヒレカツ
あわび揚げを注文したので、かつは2枚のにしました。

かつのアップ。
金華豚ヒレカツアップ
わずかにピンク色が残る、ジューシーな揚げあがり。

いやあ、これはもう、夢中で食べるしかありません。
ソースは2種類。
ソース
まずはオリジナルのとんかつソースから。
うんうん、おいしいソースです。
スタンダードな味わい。

辛みそガーリックはといいますと・・・
辛みそ、とは言っていますが、そんなに辛くはありません。
一般的なウスターソースよりも辛くない。
みそはいろいろ混ぜているんでしょうね、甘みと深みを感じる味です。
そして、最後に来るガーリックの刺激がさらに食欲を誘います。
このソースほしいな・・・
たぶん、野菜スティックに合うと思います。

※注:食後に人と合う予定の人は辛みそガーリックは危険です。

ご飯もおいしいし、赤だしの味噌汁もいい。
キャベツだってシャキシャキとしていて、甘さもある。
トータルバランスが高い食事となりました。

なお、ご飯、キャベツのおかわりは自由です。

産直あぐり(2回目)

※1回目の紹介はこちら

ジャンル :産直・アイスクリーム・パン・定食・麺類
住所  :山形県鶴岡市西荒屋字杉下106-3
電話番 :0235-57-3300
営業時 :9:00~18:00(冬期間17:00)
定休日 :基本的に年始のみ
駐車場 :たくさん
HP   :公式

夏から秋にかけてのフルーツといえば桃。
その桃が終わらないうちから、秋フルーツが出回ってきました。
まずはぶどう、和なし、洋なし、りんごあたりですね。
これから季節が進むにつれて、これらの品種も多く出回るようになり、柿も加わります。

山形県庄内地方の代表的フルーツ産地のひとつ、櫛引エリア(旧町名。住所としてはもうない)にある産直あぐりにまた行ってきました。
土曜日(9/2)は特に盛況でしたね。
和なしの大試食販売をやってまして、10人ぐらいの農家さんの和なしの試食が大量にありました。
売っていた和なしは幸水、新水。
数は少ないながら、桃、ぶどう、洋なし、りんごもありました。

まあ、和なしは買ったのですが、その場でもう一つ。
生和なしジュース
和なしの生ジュースです。

見てください、この生ジュース独特の濁り感!
和なしジュースアップ
和なしはほとんど酸味がないフルーツなので、生食が一番おいしいんですが、これはこれでおいしいのです。
果汁100%のしぼりたてで、パルプがたっぷり。
パルプのおかげで牛乳が隠し味に少量入っているんじゃないか、と一瞬勘違いするようなマイルド感。

ちなみに、このジュースは産直店舗の外にあるプレハブのお店。
今回は買いませんでしたが、ここの米粉パンもいけます。
メニュー

店舗

詳しくは忘れましたが、2017年9月23日か24日(?)には、ぶどうの大試食販売があるようです(正確な日時はお店に電話で聞いていください)。
ほんとうにお得に試食ができると思います。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
64位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ