FC2ブログ

諸事情により・・・

約1か月のご無沙汰になります。

まさかこんなに長引くとは思いませんでしたが、自宅に戻ることもほぼままならず、出先ではゆっくりとブログのアップもできない状態が続いています。
久しぶりに自宅に戻りこの記事を書いていますが、またすぐに出先に戻らなければなりません。

今年の春の訪城シーズンも逃してしまい、くやしいところですが仕方がありません。
落ち着き次第、続きをアップしたいと思います。

遺構もないような城館跡の紹介ばかりのブログですが、更新についてはもうしばらくお待ちください。
スポンサーサイト



「秋田県にかほ市」にかほ市観光拠点センター にかほっと(の中のダイニング ぶなの森)

ジャンル:レストラン・軽食・地産品
住所  :秋田県にかほ市象潟町大塩越36−1
営業時間:9:00~21:00(店舗ごとの営業時間あり)
定休日 :第3水曜(7、8月は無休)
駐車場 :たくさん
HP   :こちら(にかほ市公式)、食べログ(ぶなの森

もうすでに何回立ち寄ったのかも分からない「にかほっと」。
しかし、空腹時に訪れたかというとほとんどなく、隣の道の駅でお土産を買うだけの方が多かったのが事実です。
でも、前回訪問時に見かけた幟を見て、ぜひ昼ご飯を食べようと時間を合わせて行ってきました。
外観
写真中央やや左手のオレンジ色のやつの中央2列。
由利牛丼に八幡平ポークカレー。
由利牛も八幡平ポークも秋田県のブランド肉の一つです。

メニューはこちら。
メニュー
こちらのお店の人気メニューは、メニュー下段の左から2番目、春菊のかき揚げなんですが、今回の狙いのメニューには合わないのでこちらはまたのチャンスに回すとして・・・

まずは地元秋田由利牛の牛丼でしょう!
牛丼(ふたを取る前)

牛丼(上から)

牛丼(横から)
牛丼としてのボリュームはまあ普通でしょう。

アップ。
牛丼(アップ)
ブランド牛の牛丼で920円なんで、スネとか筋かなー、なんて思っていましたがさにあらず。
切り落とし肉を使ってコストを下げているとは思いますが、ロース系、バラ系でした。

さて、お味ですが・・・
丼たれはあっさりしたもので、おそらくはそば・うどんと同じものでしょう。
丼たれで玉ねぎを煮込み、くたっとなったところにお肉投入。
赤い部分がなくなったら完成、という感じでしょうか。

アップ写真のとおり脂身はあるのですが、あまりしつこくありません。
和牛脂の旨味、甘みを感じさせつつ意外やさっぱりの牛丼(※和牛にしては、です)。
お肉はやや固めですが、噛み切れないわけではありません。
つゆだくでないのも私の好みです。

値段的には「すごいお得!」とはいえませんが、ブランド牛であることを考えると割安感はあります。

で、違う日にまた再訪問。
今度は八幡平ポークカレーです。
カレー(上から)

カレー(横から)
こちらもボリューム的には普通でしょうか。

アップ。
カレー(アップ)
食堂的というか、家庭的な見た目。

さて、お味ですが・・・
辛味がほとんどない、だれでも食べられそうなカレー。
辛味がどうの、スパイスの組み合わせがどうの、などという話をするようなものではなく、まさしく食堂や家庭のように「ああ、今日も満腹!」みたいなカレー。
最近、こういうカレーを探して回っていたので、私は満足でした。

次は本郷そばに春菊のかき揚げかな!

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

2019年5月1日からの新元号「令和」(あくまで予定)

昨日4月1日に予定通り発表され、日本国内は平成と同じようなお祭り騒ぎが見られました。

「令和」に似た企業名の株がなぜかご祝儀相場で上がってみたり、
「令和」というお名前の方が注目を集めたり、
「令和」とプリントされたTシャツが「号外発売」されたりと、日本人はこういうお祭り騒ぎが好きなのだな、と再確認した次第ですw

・・・で、なんでお前らが反応するの?
というのがありまして・・・
報道から拾ったものは以下のとおり(ただし、すべてネット民発)。

中国人曰く:「令和」の令は「零(=0)」と同じ音。中国なら使わない。日本人は感じが分かっていない。
・・・漢字文化圏というのは同じでも、中国と日本ではかなり発想が違うのでねぇ・・・
そもそも、拾った万葉集の一節の「令月」の令だし。

台湾人曰く:「令和」の中国語の発音が「零核」に似ていることから、「原発(核)ゼロを意味する」
・・・関係ないです。特定の政治的な強い意味は元号にはありませんし。

韓国人曰く:「これを機に日王は謝罪しに来い」※日本を下位の国と位置付ける韓国はほぼ間違いなく「天皇」呼称を用いません
・・・なぜそうなる? 絶対にありえない。

日本の元号は世界的に特殊な制度ですから、ほかにもいろいろな反応があるようです。
興味のある方はググってみてください。

陸奥大釈迦館

ジャンル:中世平城
所在地 :青森県青森市浪岡大釈迦前田 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2018年9月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城時期・築城主とも不明。

浪岡城主北畠氏家臣 奥井万助の居城と伝わるそうです。

【縄張】
農地化され詳細不明。

【写真】
遺跡指定範囲北側を走る国道104号線から見たところ。
北側から見たところ
写真左手から中央部方向に延びる細い農地はかつての土塁跡か何かでしょうか?
また、写真中央やや右手にある小さな木立があるあたり、あのあたりも遺跡指定範囲の内部なはずで、そこに見えている農道も、その木立のあたりで低くなっていることから、あのあたりは堀跡でしょうか。

大栄小学校の南側を回り込む形の農道から、遺跡指定範囲の南端あたりをみたところ。
南側(大栄小学校西側)を見たところ
このあたりは城館跡を感じさせるものはありません。

そのまままっすぐ農道の突き当りから遺跡指定範囲の南側中央部を見たところ。
遺跡指定範囲の南側中央部
写真中央奥の果樹園らしきところ、右手の畑らしきところが一段高くなっています。
写真中央あたりの水田は、一段低い郭だったか、往時は湿地帯で全体が堀代わりとなっていたのか・・・不明です。

テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

「秋田県にかほ市」羽州浜街道 にかほ陣屋

ジャンル:産直・土産・スイーツ・カラオケ・そば・定食・焼肉
住所  :秋田県にかほ市金浦下谷地50−2
電話番号:0184-38-3390
営業時間:店舗、シーズンにより変動があるので公式HPを参照ください
定休日 :1/1、1/2・第2第4火曜日(1月~3月)
駐車場 :たくさん
HP   :公式

学校の栖(冷鉱泉)に素泊まり宿泊した場合、夜ご飯はロビーで売っているカップラーメンしか食べるものがありません(菓子類はありますが)。
それではわびしいので、と買いに行ったのがこちら。
外観
ここなら何かあるだろうとにらんでました。

左の赤い屋根はスイーツなどのお店(カラオケ宴会場あり)。
スイーツ&カラオケ
持ち帰りで夜ご飯になりそうなものはなし。

奥にあるのがお土産売り場と産直。
お土産売り場

産直施設
自宅に持ち帰るならともかく、ちょっとね・・・

そば屋も定食屋もあるけど、持ち帰りではないし・・・
そば屋

定食屋

で、目を付けたのがこちら。
鮮魚系売り場
北前船という、鮮魚系のお店です。

ご飯ものはなかったのですが、酒の肴にはこれでいいだろう、と選んだのが2点。
まずは銀鮭のカルパッチョ。
カルパッチョ(オープン前)
残念ながら、銀鮭はチリ産。

しかしながら、味付けは酸味控えめ、塩分ちょうど、柔らかくておいしいものでした。
カルパッチョ(オープン後)

あとは地元産イクラ。
いくら(オープン前)

こちらは皮の弾力が強めで、遡上した後のものでしょう。
いくら(オープン後)
もっと柔らかいのが好きかな。

この日は鮮魚系が少なかったのでこうなりましたが、鮮魚系がある時だと、地元の海産物の刺身とか多そうです。

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント=https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
81位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ