羽前大森城

ジャンル:中世山(平山)城
所在地 :山形県東根市東根乙大森山 ・ 大森北 にまたがる一部
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年4月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城時期・築城主ともに不明

【縄張】
主要部は改変が激しく判別できないが、広い平坦な山頂部を活かした、大森山全域を城域とした山城であったと思われます。
大森山の北側斜面には腰郭などが存在している、ということですが、藪が深く、また急な斜面なので確認していません。

【写真】
主郭と思われる山頂までは細いながらも舗装路が続いているので、雪さえなければ車で到達できます(冬季閉鎖のようです)。
山頂まで続く道路

しかし、主郭と思われる最高部の東半分には電波塔が・・・
主郭と思われる最高部

南半分には稲荷神社が祀られています。
主郭と思われる稲荷神社境内
鳥居のあたりにはかろうじて切岸のような形状がありますが、遺構なのかどうかは不明です。

神社から西側はなだらかな地形の二の郭跡ではないか、と思われる展望公園があります。
二の郭跡と思われる展望公園
公園化のために削られたのか、もともとこの程度には平坦だったのかは不明です。

北西側に小さな腰郭状の地形があります。
展望公園の北西に突き出た腰郭状の地形
公園化のために必要な加工とは思えませんので、遺構でいいのではないかと思います。

山頂部にはほかにこれといったものは発見できなかったので下りまして、北側に細長い半島状に突き出た先の諏訪神社に向かいます。
大森山から諏訪神社に向かう道

すぐに諏訪神社に到達です。
平時居館ではないかと思われる場所に建つ諏訪神社

諏訪神社を正面から。
平時居館ではないかと思われる場所に建つ諏訪神社
境内は平時居館があったとしてもおかしくない程度の広さはあります。
ただ、大森城の大きさを考慮すると狭すぎるとも言えます。
おそらく、大森山北麓(現在東根市立体育館などがあるあたり)に家臣屋敷や馬場などがあったのでしょう。

西側にある参道。
諏訪神社参道

途中には、左右(南北)に腰郭状の地形があります。
北側
諏訪神社の参道途中にある腰郭状の地形(北)

南側
諏訪神社の参道途中にある腰郭状の地形(南)


おまけ

大森城の南麓には摩崖仏があります。
大森城南麓にある摩崖仏

摩崖仏の説明板
推定鎌倉時代末期とのことですから、戦乱に散った人たちの供養のために彫ったものでしょうか。
スポンサーサイト

「青森県青森市」横山商店(はるえ食堂)

ジャンル:惣菜
住所  :青森県青森市古川1丁目12-4
営業時間:7:00~12:00ぐらい?
定休日 :日曜日
駐車場 :なし
HP   :食べログ

国道7号線(南側)から青森魚菜センターに向かって露地を進んでいくと、道路に張り出したテントが見えてきます。
遠景(実際は見えていない)
この張り出したテントのお店は2軒あり、その2軒目(北側)がお目当てです。

青森市の素朴なグルメの代表格の一つ、こちらのお店の焼きおにぎりです。
外観兼内観
看板なし、メニュー表記なし、という事前情報命のお店です。

七輪に火が入っていないので、中のおばあちゃんに聞くと、おにぎりは30分ぐらいかかるとのこと。
そのころにまた来ると伝えて、隣の青森魚菜センターを見学。
青森魚菜センター東口

店内
時間は朝10時のちょっと前。
このぐらいの時間は空いているようです。
ちなみに、1時過ぎに通ったときは行列ができていて、店内の移動も大変なぐらいの混み具合でした。

いろいろと用を足して約束の30分経過前にお店に行くと、焼いてました。
メインメニュー
しかも、手前には青森市名物の生姜味噌おでんもある!
あるとは聞いていましたけどねwww

あとは焼き魚がありました。
焼き魚
値段は不明ですwww

焼きおにぎり1個150円、おでん1個100円。
量はいらないので、焼きおにぎり1個+おでん3個で450円お支払い。
食べる場所はないので急ぎ足でホテルに戻っていただきました。

まずは焼きおにぎり。
焼きおにぎり
私の認識では、焼きおにぎりは醤油味か味噌味が定番。
しかし、こちらは「ふんだんな鮭のほぐし身を塩おにぎりに~黒ゴマをまぶして」となります。

中身です。
断面
外はご飯とゴマがカリッと香ばしい。
中身はふわっと。
たくさん混ぜられた鮭のほぐし身がその脂でおにぎりにいい味をまとわせています。

素朴でおいしい。
お持ち帰りで冷めてしまったらお茶漬けにしてもおいしいと思います。

生姜味噌おでん。
生姜味噌おでん
手前は油揚げではなく、青森市独自の大角天(薄く大きいさつま揚げ)です。
おでんの出汁で煮たものに、生姜を利かせた甘めの味噌をかけたもの。
生姜のピリッとしたアクセントに甘じょっぱい味噌の味が、おかずにもおやつにも酒のつまみにもぴったり。

こういう、地味だけどしみじみとおいしい食べ物っていいですよね。

羽前赤川城

ジャンル:中世平城
所在地 :山形県鶴岡市羽黒町赤川村中 の東半分程度
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年6月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
築城主、築城時期ともに不明。
武藤氏(大宝寺氏)の本城であった大宝寺城(大梵字城とも。戦国時代に尾浦城に移るまでの本城。近世最上氏領となった後には鶴ヶ岡城と改称)とは、赤川を挟んで約3㎞ほどの距離であることから、東側への侵攻・防備の重要拠点として築城されたのかもしれません。

【縄張】
破壊が進んでいるため不明。

【写真】
遺構は宅地化によって壊滅しています。
かろうじて痕跡らしきものとしては、南側の堀を埋めたと思われる道路。
南堀の跡か

それと東側の堀を埋めたと思われる農地。
東堀の跡か
写真奥に見える右手の道路沿いの立木の手前の道路辺りまでが遺跡指定範囲です。
さらにその手前の細い道路はもしかすると土橋だったのかもしれません。

「ライズ -ダルライザー THE MOVIE-」観てきました

※公式サイトはこちら

新白信ビル(福島県白河市立石96)で上映中のダルライザーの映画をさきほど観てきました。

駐車場入り口脇には看板が立てられていました。
駐車場入り口の看板

会場はダルライザーの映画をやっているとは思えないほどダルライザー感はありません。
新白信ホール
しかし、建物3階の中央部あたりにポスターが貼られているのが見て取れます。

エントランスに入ると、ポスターがお出迎え。
正面エントランスポスター
会場までは案内の矢印に従っていけば迷うことなく会場に到着できます。

チケットを買い、グッズなどを見ているといろんなものが飾られていましたが、あんまり写真を出すのもどうかと思うので、こちらだけ。
チケット販売所に飾られていたスケッチブック
予告編にもありました、主人公が描いていたダルライザー(初期名称ダルママンw)のイメージスケッチです。

で、映画を観る・・・
内容は秘密ですが、内容がばれない程度の感想を。
まず、基本的に市民手作り映画です。
プロの指導や手助け部分も当然ありますが、キャストは市民ですから、よくここまでクオリティ上げたな、と感心することしきりです。
ストーリーや設定には無理というか、ちょっと・・・と思う部分がありましたが、そこらへんはさまざまな制約などの理由があるのでしょう。
予想外だったのは、上映時間150分という超大作。
飽きるんじゃないか、と心配でしたが、杞憂でした。

また、今後の予定には・・・
スケジュール
映画祭って、どの映画祭なのかなぁ・・・
好評が得られることを祈念します。

さあ、もう明日8月20日がラスト。
白河に行ける人はご覧ください。


P.S.
いつもかは分かりませんが・・・
開場を担当されたスタッフさんは〇〇さんでした。
つい衝動で、無断で写真撮影をしてしまいました。
すいませんm(_ _)m

そんな失礼な代物はアップしませんが、驚きましたwww
さらに、上映終了後には、〇〇さんと2人立ちであいさつされてて、これまたびっくりしましたw

「青森県青森市」ごじゃらし

ジャンル:居酒屋
住所  :青森県青森市古川2丁目11-11
営業時間:17:00~22:30ぐらい?
定休日 :日曜日
駐車場 :なし
HP   :Facebook食べログ

陸奥湾の夏の味覚、ほたて、うにだけじゃないのです。
ということで、こちらにお邪魔しました。
外観

海鮮系居酒屋ということで、地物は(入荷できない事情がある場合はさておき)押さえているようです。
七子八珍

堂々九品隠れ十品
お目当てはこの中の八珍のひとつ、ふじつぼです。

メニューを確認。
メニュー

メニュー

メニュー
おーけぃ、ふじつぼ確認!

お願いしている間、カウンター周りを見てます。
店内カウンター

カウンター上のお面

ねぶた
地元らしい、ねぶた色満載です。

ふじつぼ到着前のお通し。
お通し
枝豆につぶ。
青森には青森毛豆というのがありますが、旬(最盛期は9月ぐらい。訪問はお盆のころ)にはまだ早いようですが・・・
失礼ながら、8月のだだちゃ豆には及ばない枝豆でした。
とはいえ、普通の枝豆ですので、まずいというわけではありません。
つぶはおいしかったです(*≧∪≦)

ケチつけてごめんなさいm(_ _)m

さて、いきなりメインディッシュですが・・・その前に、ふじつぼについてちょっとだけ。
ふじつぼは貝の仲間に見えますが、甲殻類、つまりはカニやエビの仲間です。
甲羅が本体に比べるととにかく厚くて大きい、しかも移動できないカニだと認識するといいと思います。

で、これです。
gojarashi_fujitsubo1.jpg
大きさはだいたいですが、高さは6㎝前後でしょうか。
突き出ている爪、まさにカニ爪のようなものをつまんで引っ張り出します。

ふじつぼの特徴というか、欠点は可食部がとにかく少ない。
gojarashi_fujitsubo2.jpg
今回いただいた中で最大可食部がこれです(写真中央の、濃いめの乳白色のやつ)。
しかし、味はおいしい!
カニの身の濃い感じ、人によってはカニ味噌のよう、と表現する人もいます。
船で仕事する人間からは嫌われるふじつぼですが、こうなると漁師にとっては格好の獲物ですね。

※このふじつぼは、「ミネフジツボ」という大型の種類。小さい種類も食べられると思いますが、ミネフジツボでこのぐらいしか可食部がないので・・・出汁にはいいかも。

これだけじゃ帰れませんので、うにも食べました。
うに
濃厚でおいしかったです。

また、貝みそ焼きも。
貝みそ焼き
使い込んだほたての貝殻です。
やっぱり、こっちの方が風情があっていですね。
しかも、何度も焼け焦げた味噌やほたての出汁などの香りがするのがまたいい。

最後は鶏ぞうすいで〆ました。
雑炊
うん、満足です。

青森市の繁華街からは少々離れていますが、これまたいいお店発見です。
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地のおいしいものも楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなどヌル系ですが、それなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

完全にブログ更新通知と化してしまったTwitterアカウント= https://twitter.com/jcrsrchr

カテゴリ
最新コメント
最新記事
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
QRコード
QR
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
47位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ