「福島県白河市」四季彩キッチン Den

ジャンル:レストラン・喫茶店
住所  :福島県白河市大信増見字北田76番地1(ひじりん館)
電話番号:0248-46-3502
営業時間:11:00~20:00
定休日 :不明(元日のみ?)
駐車場 :北側にある白河市役所大信庁舎のものも含めるとけっこうたくさんあります。
HP   :こちら(ひじりん館HP内)

今回の白河行きの目標の一つに「白河高原清流豚(しらかわせいりゅうとん)を食べよう!」というのがありまして・・・
前回白河に行った時に二ノ丸茶屋で食べた白河だるまバーガーの印象が良かったのです。
・・・お取り寄せでもいいのですが、やっぱり現地で食べてみたいじゃないですかw

ということでピックアップしたのがこちらのお店。
ひじりん館外観

こちらには「白河高原清流豚どんぶり」があるのです。
お店はひじりん館内にあります。
ひじりん館内
※写真左手に見切れていますがw
さすが出来てまだ1年経過していないだけあってきれい。

また、子供を遊ばせるスペースもありますね。
ひじりん館内

店頭メニュー。
ランチメニュー

3月1日から新メニュー告知。
新メニュー告知
なんなんだろうなあ・・・

店内メニュー。
メニュー

メニュー
なお、今の一押しメニューはビーフシチューだそうです。

ですが、迷わず白河清流豚どんぶりを注文。
白河高原清流豚どんぶり
見た目がきれいですね。

お味ですが・・・
上に載っているのが豚バラの生姜焼き。
甘味が強めながら、生姜もよく効いているのでさほどしつこい印象はありません。
個人的にはもうちょっと甘味を抑えてくれた方がうれしいのですが、それは好みの問題。
豚肉そのものはおいしいですね。
脂身のしつこくないところが特にいいです。

私には問題ないですが、量は少ない。
まさしく「女子盛り」サイズ。

量が足りない人は、おすすめメニューらしいビーフシチューも食べればダイジョブ!(高いw)

また、店内も広くて清潔感があっていいですね。
店内
温かくなれば外のテラスもありますし、子供連れにはうれしい座敷席もあるようです。

P.S.
物産館で売っていた舞茸。
ひじりん館で売っていた舞茸
普通のスーパーとかに出回っているものよりも、一枚一枚が小さい。
あ~、四季彩 柔さんの舞茸の天ぷらが小さいな、こんなサイズは珍しいなと思ったのは、きっとこれかこれと似たやつでしょう。
こういう菌種の舞茸なんでしょうね。

※柔さんの舞茸の天ぷらアップ
舞茸

P.S.のP.S.
スープの感想を書き忘れました。
普通のコンソメスープのように感じられますが、たくさん入ったたまねぎ、ニンジンの甘味が出ていておいしいです。
ただ、これも個人の好みの問題ですが、「どんぶり=甘味強め」X「スープ=野菜の甘味強め」なので・・・ホワイトペッパーがほしかったかな。
スポンサーサイト

磐城古館館

ジャンル:中世平城
所在地 :福島県白河市大信町屋古館 の一部
お勧め度:☆☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし
登城日 :2017年2月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
不明。
東に1.5㎞ほど離れたところに新城館があることから、これに対して「古館」の名称が用いられたと考えられます。

【縄張】
不明
遺跡指定範囲された範囲で考えると、南北に細長い、3~5郭程度の構造と思われます。

【写真】
遺構はほぼ壊滅と言っていい状態ですが、一部それらしい地形がありました。

遺跡指定範囲の南側を西側から眺めたもの。
遺跡指定範囲の南半分
写真中央部に写っている民家と神社(高い木のあるところ)で郭が一~二つ、その北東にある山田屋旅館さんのあたりで郭が一つ、その間の水田が堀跡、県道58号線以北で郭一~二つ、と個人的には想像しています。

さて、遺跡指定範囲の最南端がこちらの胡四王神社です。
胡四王神社

神社境内。
胡四王神社境内
北側にある民家との間には段差がありますので、これ単独で郭を構成していたのか、民家の敷地と合わせて、こちらを櫓台のように使ったのかは判断しかねます。

山田屋旅館さんの南にある、土塁のような、切岸のような地形がこちら。
城塁らしきもの

道があまり広くなく、駐車場もないので早々に退散しました。

「福島県白河市」食堂 福港(ふくみなと)

ジャンル:ラーメン・居酒屋
住所  :福島県白河市向新蔵48
電話番号:0248-22-7187
営業時間:11:30~13:30 18:00~24:30(L.O.)
定休日 :日曜日
駐車場 :5台
HP    :白河観光物産協会HP内

廣鮨さんを出た後、ホテルに戻ろうと思いましたが、もうちょっと何か食べたい、と気が変わってこちらへ。
外観

外観もそうですが、店内もすごい昭和な感じ。
落ち着く~(^∇^)ノ

さて、目的はラーメン。
メニュー

メニュー
こちらのお店、麺類はミニサイズが用意されているので、ほんのちょっとだけでいいという人にも、いくつか味を試したいという人にも、ありがたいお店です。

たぶん、間違いなくワンタンのミニ。
ラーメン
ミニだけど具材がしっかりと載ったラーメンになっています。

麺アップ
麺アップ
中細~中太の平打ち縮れ。

ワンタン
ワンタンアップ
山形県の福家そばやさんのような極薄ではなく、普通の薄皮ワンタンです。

お味ですが・・・
スープは醬油がきりっと立った、動物系スープ。
麺はコシがあり、ちょっと固めの茹で上げ。
チャーシューはももで、歯ごたえがあるタイプ。
ラーメンはまさしく「白河ラーメン」のイメージそのもの、スタンダードな印象です。

ワンタンはつるっとした感じで麺との対比があっていいですね。

酔っ払っていたので、ちょっと記憶があやふやですが、飲んだ後の〆ラーメンとしては完璧。
シラフでもおいしくいただけそうでした。

磐城関川館

ジャンル:中世平城
所在地 :福島県白河市愛宕町 および 同・八幡小路 にまたがる一部
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度 :☆☆☆☆☆
駐車場 :なし(白河市役所の駐車場をお借りするのがいいでしょう)
登城日 :2017年2月
城館位置:GoogleMap

【来歴】
説明板
白河市関川窪。寺小路集会所というのがあるので、地形から想像すると、県営住宅があるあたりがもともとの関川寺の所在地と思われます。

【縄張】
詳細不明。
上記の現地の説明板や福島県の遺跡指定範囲を見る限り、単郭ではなく、2~3郭ぐらいの城館と思われます。

【写真】
遺構として確認できるのは、現地説明板のとおり、西側のみです。
空堀の南側あたり。
空堀
通路になっているあたりが空堀と思われます。
土塁を突き崩して埋めた可能性があります。

そして、こちらがある程度明確に分かる、南西端の空堀。
空堀

このすぐ脇(写真の右手の先)には後の改変と思われる、関川寺(かんせんじ)墓地への階段があります。
後世に造られたと思われる階段

空堀は北側に行けば行くほど遺構があいまいになっていきます。
空堀

この空堀のすぐ北側には後の改変によると思われる、関川寺の墓地の入り口が切られています。
土塁を後世に切り開いたと思われる墓地の入り口

この墓地入り口の北には、かつての堀跡が通路となっています。
土塁
※通路側には個人所有のものがありましたので、抑え気味に撮影しています。

さて、墓地に入ると土塁跡が圧巻です。
土塁

土塁

土塁
・・・まあ墓地なので、お墓ばっかりの写真にしかなりませんが、よく遺っていると思います。

こちらが結城宗広公のお墓だそうです。
結城宗広公墓

結城宗広公の説明板

中世末~近世初期で廃城となり、このあたり一帯が白河藩城下町の中心部の一部であったことを考えると、よく遺構が遺った城館と思います。

「福島県白河市」廣鮨(2回目)

※1回目はこちら

ジャンル:鮨
住所  :福島県白河市向新蔵59-12
電話番号:0248-27-2531
営業時間:17:00~不明
定休日 :月曜日
駐車場 :お店の前に3台くらい

白河に行ったら、こちらのお店は外せないと向かいました。
まず、私が普段は近づかないであろうメニューのないお寿司屋さんw
大将はお忙しそうでしたが、料理を出すのにちょっと時間がかかっていいなら、ということでしたのでお邪魔しました。
暖簾
・・・で、実は記事を書いているときに気付いたのですが、暖簾が逆にかけられている・・・
これって、予約客以外お断りの印だったのでしょうか?
だとしたら、大将、すいませんm(_ _)m

さて、気を取り直して・・・
お店に入ってお任せでお酒をお願いし、まずはお通し。
お通し
ヤリイカ(たぶん)の酢味噌和え。
酢がちょっと強めの印象。
柔さんとは方向性が違う味付けですが、こっちはこっちでおいしい。

お造りをお願いすると、まずはお皿。
お皿
で、あっという間に華が咲きます。
お造り
相変わらずセンスがいい盛り付け。
また、前回は気づきませんでしたが、右下の方に写っているワサビ、注文のたびに大将がすりおろしたものです。
丁寧な仕事ですね。

また、前回と同じなのはしめさばのみ。
しかし、このしめさばの〆具合がちょうどよく、本当に軽く〆ています。
脂ののりもよかったから、金華さばだったのかな~?

あん肝もいただきました。
あん肝
とろっとして柔らかい、おいしいあん肝。
なお、自分の分は写真を撮る前に食べてしまいw、あるお方の分のもので写真を撮らせていただきました。

そのお方から一杯いただいたのがこちら。
磯自慢
久しぶりの磯自慢。
しかも、これまでは磯自慢を飲ませてくれる先輩が吟醸派(その人曰く、「一番その蔵の味が分かるのは純米吟醸。大吟醸はうますぎる」ということなのでw)ということで、初大吟醸となりました。
とってもおいしかったです。
ごちそうさまでした!m(_ _)m

そして、絶対食べたかったのがこちら。
ウニの握り
ウニの握り。
軍艦じゃありません!m9(゜д゜)っ
海苔があってもおいしいのですが、海苔の風味がウニの風味を邪魔するのは事実。
いいウニだからこそできる握りです。
だから醤油もいらない。
塩だけです。
・・・・・・・おいしい、この一言だけです。

いやあ、赤っ恥かきすぎた今回の訪問でしたが(/∀\*)、本当にいいお店ですね。

P.S.
唯一残念だったのが、メヒカリがなかったこと。
小さいのしか揚がっていないということらしいので、しょうがないんですけどね・・・
訪問された方々
プロフィール

しろめぐらー

Author:しろめぐらー
山形を拠点に、日本のお城めぐりを趣味としています。
あわせて、各地の食べ物、お酒も楽しみにしています。

藪、へび、昆虫が嫌いなこと、運動不足でバランス感覚にかけていることなど、さまざまな理由によって険しいお城を避けたり、がんばっても途中撤退するなど、ヌル系ですがそれなりに巡ってます。

一応、現場主義ですが、間違ってたらコメントなどでご指摘ください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
355位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
52位
アクセスランキングを見る>>